2002-05 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2002-05-29 (水)

`-m' オプション [cvs]

わざわざエディタを開くのが嫌ならば、 `-m' オプションで次のように指定できます:
% cvs commit -m "Added an optimization pass" backend.c

ディスクとデバイス名 [Solaris9]

Solarisには、/dev, /devices といったデバイスに関するディレクトリーが用意されています。
/dev は今までの UNIX と同じような型式でデバイスファイルが存在します。
/devices はバスの情報や場所、接続されているデバイス、デバイスのID などが、
パスやファイルの名前で理解できるようになっています(そのお蔭で非常に長い)。
ブロックデバイス /dev/dsk/c0t3d0s0
キャラクターデバイス /dev/rdsk/c0t3d0s0
c0 コントローラターゲット。コントローラが増えると c1, c2 と増える。
t3 ターゲットで SCSI-ID と対応。 IDE(ATA) ディスクの場合、無し。
d0 RAID ディスク等で使用する.....
s0 スライス。パーティションと呼ばれていたもので a-h が 0-8 に対応。
昔のなごりなのかデフォルトで s2(c) はディスク全体として使用されている。
/dev は以前の UNIX との互換のためのリンクで存在している。実体は、以下の様に /devices に存在する。
/devices/iommu@f,e0000000/sbus@f,e0001000/espdma@f,400000/esp@f,800000/sd@3,0:a

(URL: http://home7.highway.ne.jp/dayan/tips/unix/solaris.html)

2002-05-28 (火)

起動時に読み込まれるファイル [Solaris9]

起動時に読み込まれるファイルは、$HOME/.dtprofile

2002-05-27 (月)

file1 から file2 を作るパッチが生成される。 [UNIX]

% /usr/gnu/bin/diff -urN file1 file2

2002-05-26 (日)

query-replace-regexp-eval [Emacs]

正規表現を shell で実行させるらしい。

2002-05-24 (金)

tramp の書式 [Emacs]

/[masuda@129.144.3.25]

2002-05-23 (木)

カレントディレクトリ以下のすべての実行ファイルを削除 [zsh]

zsh $ rm **/*(x.)

窓使いの憂鬱で 1 行スクロールアップ/スクロールダウン?

key C-Colon = &MouseWheel(-120) # C-;
key C-Semicolon = &MouseWheel(120) # C-:

2002-05-22 (水)

Emacs が自動検出したフォントの名前を知る方法 [Emacs]

M-x describe-fontset => default-fontset

$HISTFILEの日付を分かりやすくする。 [zsh]

以下を適当なファイル(例えば histdate.awk)に保存します。
#--- begin ---
BEGIN {
   FS=":"
}
{
   stime = strftime("%B %d %H:%M:%S %Y", $2);
   print stime " -- " $3
}
#--- end ---
あとはプロンプトで
% awk -f histdate.awk $HISTFILE

2002-05-21 (火)

feh が susie に似ているらしい [RedHat]

追記(2002-06-28):
ゼンゼン似ていなかった。。。使えないので削除。

2002-05-20 (月)

grep-changelog への不満 [UNIX]

--text=(文字列1|文字列2):とかで検索させると、同じ日付が2つできたりする...。

背景と文字の色を反転させる [Emacs]

% emacs -rv

2002-05-19 (日)

正規表現を使った grep-changelog [UNIX]

% grep-changelog --text='(shell|emacs):' diary.txt

X が使えない原因 by 2ch [RedHat]

Xが使えない原因の99.9%は/etc/X11/XF86Config-4の不備。

defadvice の使い方 [Emacs]

kill-lineすると、this-commandに シンボル kill-regionが代入される。
その状態で kill-regionすると、killした文字列をyank時に連結してしまうため、
kill-lineが終わった後、this-commandに適当な値を入れる方法。

(defadvice kill-line (after my-ad activate)
  (setq this-command 'this-is-*not*-kill-region!!))


2002-05-18 (土)

mozillaの bookmarks.htmlの場所を変える。(by 2ch) [Mozilla]

user.jsに
user_pref("browser.bookmarks.file", "c:\\usr\\.mozilla-bookmark.html");

一応取っておくURL

○GNUの誕生
<http://www.sipeb.aoyama.ac.jp/~ida/books/>
○MOPA Assertion TAGタグたぐ〜
<http://village.infoweb.ne.jp/~mopa/html_tag.htm>
○Mozilla customization - Ancient library
<http://www.alib.jp/mozilla/>
○Windows2000.FAQ
<http://homepage2.nifty.com/winfaq/w2k/>
○Windows Scripting Host Laboratory
<http://www.roy.hi-ho.ne.jp/mutaguchi/wsh/>

masayuki からの xmodmap についてのアドバイス (/etc/X11/xdm/Xsession) [UNIX]

$HOME/.xinitrcに以下を書いてもダメ?
実行権も付けなくちゃいけないかもしれない。

usermodmap=$HOME/.Xmodmap
if [ -f "$usermodmap" ]; then
   xmodmap "$usermodmap"
fi

2002-05-17 (金)

ADSL

Asymmetric Digital Subscriber Line

mozilla-psm-1.0rc2-0.i386.rpm [Mozilla][RedHat]

パーソナルセキュリティマネージャだったのね。(SSL)

umaskの使い方 [UNIX]

#umask 0 → 0(000) XOR 6(110) = 6(110) = rw-
#umask 1 → 1(001) XOR 6(110) = 7(111) = rwx
#umask 2 → 2(010) XOR 6(110) = 4(100) = r--
#umask 3 → 3(011) XOR 6(110) = 5(101) = r-x
#umask 4 → 4(100) XOR 6(110) = 2(010) = -w-
#umask 5 → 5(101) XOR 6(110) = 3(011) = -wx
#umask 6 → 6(110) XOR 6(110) = 0(000) = ---
#umask 7 → 7(111) XOR 6(110) = 1(001) = --x

grep-changelog [UNIX]

以下のオプション指定で、2002年5月の "文字列" が含まれる項目を昇順に取ってくることができる。
% grep-changelog --from-date=2002-05-01 --to-date=2002-05-31 --reverse --text="文字列" ~/clmemo.txt

2002-05-16 (木)

java フォント設定ファイル

/usr/java/jdk1.3.1_02/jre/lib/font.properties.ja

2002-05-15 (水)

stdout と stderror まとめ [UNIX]

1. 結果をファイルに記録する
  sh, bash など
      % program > file.log
  csh, tcsh など
      % program > file.log
2. 標準エラー出力も記録する
  sh, bash など
      % program > file.log 2>&1
  csh, tcsh など
      % program >& file.log
3. 標準出力と標準エラー出力を別のファイルにリダイレクト
  sh, bash など
      % program > file.log 2> errors.log
  csh, tcsh など
      % (program > file.log) >& errors.log
4. コマンドの結果を別のコマンドに渡したい
  sh, bash など
      % program | other_program
  csh, tcsh など
      % program | other_program
5. エラー出力も渡したい
  sh, bash など
      % program 2>&1 | other_program
  csh, tcsh など
      % program |& other_program
6. 画面を見ながらその結果を片っ端から記録したい
  sh, bash など
      % program 2>&1 | tee file.log
  csh, tcsh など
      % program |& tee file.log
  注) tee とは 標準入力からデータを読み込み、その内容を指定された
      ファイルと 標準出力に出力するコマンドです。
7. 画面を見ながらその結果を標準出力と標準エラー出力を分けて記録したい。
  (shではできない。zshで出来ることを確認。)
  % make > LOG.stdout 2> LOG.stderr >& /dev/tty
  こっちは LOG.stdoutに両方書き込まれる。
  % make > LOG.stdout 2> LOG.stderr |& tee
8. 画面を操作しながらその結果を片っ端から記録したい
  script(1)コマンドは、シェルによらず動作出来るので、とても有用です。
      % script file.log
  これで画面への入力及び出力の全てを file.log に記録する事が出来ます。
  ただし、Enter/C-p/C-nなどのシェルに対するキー入力も、コントロール
  コードとして そのまま記録されてしまいます。
  file.logへの記録を終えたいときは exitしてください。
9. screen を使ってログを残す方法
  "$PREFIX_KEY H"でログ取り開始。
   ~/screenlog.0が作られる。
  "$PREFIX_KEY H"でログ取り終了。

(URL: http://www.jp.freebsd.org/QandA/HTML/609.html)

フリーズしたら [RedHat]

/var/log/boot.log
/var/log/messages
を調べれば、なんかしらの情報は得られると思います。
設定しているのは、/etc/syslog.confです。

2002-05-14 (火)

ファイルが実行されるタイミング [zsh]

$ZDOTDIR/.zshenv -f 以外全ての環境で使用される。
$ZDOTDIR/.zshrc interactive shell で使用。
alias, function, option, keybind... を入れる。
$ZDOTDIR/.zlogin login shell のみ使用。.zshrc の後。
$ZDOTDIR/.zprofile .zlogin と同様、但し .zshrc の前。
$ZDOTDIR/.zlogout logout 時に実行。

2002-05-11 (土)

Dired で今日変更したファイルを色づけ [Emacs]

なかなか(・∀・)イイYO!!
(URL: http://homepage1.nifty.com/blankspace/emacs/dired.html)

exitの罠 [zsh]

GNOMEのツールバーから Emacsを起動すると環境変数が効かなかったので、
~/.zshenvに 'source ~/.zshrc'と書いておいたが、
rcp&rsh対策用に $TERMがNULLだったらexitする設定が
ログインする時に効いてしまいログインできなくなる罠にはまってしまった。

2002-05-09 (木)

現在のホストのアーキテクチャ名を出力 [UNIX]

% arch

2002-05-07 (火)

ソースのインデントを整形するツール [UNIX]

<http://www.matsusaka-u.ac.jp/~okumura/c/style.html>
% indent -kr -ts255 *.c

連番号出力 [UNIX]

% seq 1 3
1
2
3

ファイルのサイズを獲得 [UNIX]

% wc -c [file] | awk '{print $1}'
or
% du -sk file

2002-05-02 (木)

kinput2 が落ちたら [RedHat]

% kinput2 -wnnenvrc /etc/FreeWnn/ja/wnnenvrc &

2002-05-01 (水)

GNUPG の基本 [gpg]

[インストール&鍵の作成方法]
<http://ykondou.dyndns.org:8080/columns/gpg.shtml>
<http://linux.nikkeibp.co.jp/column/inflection/4/2.org.html>
<http://www1.plala.or.jp/fukafuka/trouble/email.html>
<http://tty0.exblog.jp/646860>
[PGP 公開鍵サーバー]
<http://pgp.nic.ad.jp/jindex.html>
["やばいメモリーを使用しています!"と言われてしまう]
# ls -al `which gpg`
-rwxr-xr-x 1 root root 560252 Aug 10 2001 /usr/bin/gpg*
# chmod 4755 `which gpg` # (4755 or u+s)
# ls -al `which gpg`
-rwsr-xr-x 1 root root 560252 Aug 10 2001 /usr/bin/gpg*
[uid を削除する]
% gpg --edit-key masutaka.net@gmail.com
(snip)
(1). Takashi Masuda <masutaka.net@gmail.com>
(2) Takashi Masuda <masutaka@example.com>
コマンド> uid 2
(1). Takashi Masuda <masutaka.net@gmail.com>
(2)* Takashi Masuda <masutaka@example.com>
コマンド> deluid
(1). Takashi Masuda <masutaka.net@gmail.com>
コマンド> save
[メインのメールアドレスを変更する]
% gpg --edit-key masutaka.net@gmail.com
(snip)
(1). Takashi Masuda <masutaka.net@gmail.com>
(2) Takashi Masuda <masutaka@example.com>
コマンド> uid 2
(1) Takashi Masuda <masutaka.net@gmail.com>
(2)* Takashi Masuda <masutaka@example.com>
コマンド> primary
(1) Takashi Masuda <masutaka.net@gmail.com>
(2)* Takashi Masuda <masutaka@example.com>
コマンド> save
[暗号化]
% gpg -r"Full Name" -e "File Name"
[復号化]
% gpg -d "File Name" > "Output File Name"
[指定したファイルに署名する]
% gpg --detach-sign --armor "File Name"

(URL: http://www.gnupg.org/)

CVSROOT の優先度 [cvs]

'cvs -d CVSROOT' > './CVS/Root' > '$CVSROOT'

パネル(タスクバー)の起動方法 [RedHat]

% panel

2002-05 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

最終更新時間: 2017-10-23 00:08

検索


最近の話題
- 2017-10-22
  github-nippou を golang で書き換えて v4.0.1 リリースしてました
- 2017-10-21
  async.el 使ったら helm-github-stars.el を変更せずに非同期化できた
- 2017-10-15
  golang の並列処理を Ruby と比較しながら学ぶ
- 2017-09-24
  『応仁の乱』を読んだ
- 2017-08-31
  ZenHub と GitHub の Issue/PR URL をトグルするブックマークレットを作った
- 2017-08-07
  github-nippou v3.0.0 released
- 2017-08-02
  『サーバーレスシングルページアプリケーション』を読んだ
最近追記された記事
- 2017-06-02-1 (114日前)
- 2017-04-29-1 (176日前)
- 2017-04-13-1 (190日前)
- 2017-04-13-1 (192日前)
- 2017-03-02-1 (234日前)
- 2017-02-25-1 (239日前)
- 2017-02-21-1 (243日前)
- 2015-06-07-1 (249日前)
- 2016-10-19-1 (258日前)
- 2016-01-01-1 (270日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (19)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (3)
- Book (88)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- capistrano (4)
- chalow (56)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (10)
- clang (26)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (3)
- E-mail (8)
- elasticsearch (4)
- Emacs (221)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (1)
- Game (20)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (19)
- golang (7)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (3)
- Heroku (9)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPhone (15)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (19)
- Linux (6)
- Mackerel (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (1)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (12)
- Rake (2)
- RaspberryPi (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- Rspec (1)
- Ruby (50)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Twitter (14)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (25)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (15)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
Google+