2002-06 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2002-06-30 (日)

背景が暗いかどうかを調べる [Emacs]

背景が暗いかどうかを見たいだけなら
(eq 'dark (cdr (assq 'background-mode (frame-parameters))))
でいけると思われ。
 t になったからといって -rv で起動したとは限らないが。

2002-06-29 (土)

インストールされるファイルの場所を確認 [インストールメモ]

まず make install の前に make -n install して確認。
インストールされるファイルの一覧を得るには。
% touch timestamp
% make install
% find /etc /usr /var -cnewer timestamp | less

2002-06-24 (月)

FIFAって何の略?

FIFA Is the Football Association. GNU is Not Unix.と同じ。

追記(2015-07-01):
ガセだった。フランス語で Fédération Internationale de Football
Association とのこと。参考: Wikipedia - 国際サッカー連盟

スティッキービットフラグ [UNIX]

スティッキービットフラグをディレクトリに立てると、
すべてのユーザに書き込みを許すが、所有者以外は削除不可に
することができます。/tmp などに設定されています。
パーミッション設定の頭に1を付けるか、+tを付けます。

% chmod 1777 /tmp/hoge
% chmod a+rwxt /tmp/hoge


$HOME/bin/Emacs [sh]

2行に分けて書くと、XMODIFIERS=@im=noneが効かなくなる。
1行が長くなる場合は、'\'を使う。

PPM/PGM/PBM形式の画像について

自作のプログラムから簡単に画像ファイルを出力したいときは、
PPM(またはPGM/PBM)形式で出力するととても簡単です.

[PPM形式とは?]

PPM形式(Portable PixMap file format) はRGBカラー画像を扱うためのフォーマットで,
「へッダ+画像データの羅列」で表現できます.へッダはテキスト形式,
画像データはテキスト/バイナリを選択でき,非常に簡単です.
もちろんデータ圧縮などはありません.

PGM形式(Portable GrayMap file format) は
同様にグレイスケールの画像を扱うためのフォーマットです.

PBM形式(Portable BitMap file format) も
同様に白黒画像(ビットマップ)を扱うためのフォーマットです.

[フォーマットの解説]

PPM形式は以下の順にデータを並べるだけです.
 1. 文字列"P3".PPM形式を表すための「マジックナンバー」です.
 2. 区切り文字.スペースまたはタブまたは改行です.
 3. 画像の幅.10進数のテキストで出力します.
 4. 区切り文字
 5. 画像の高さ.10進数のテキスト.
 6. 区切り文字
 7. R,G,B値の最大値.10進数のテキスト.
 8. 区切り文字
 9. 画像データ.R,G,Bの順に10進数のテキストで並べます.
    もちろん値と値の間には区切り文字が必要.また,1行が70文字を越えてはいけません.
    なお,"#"で始まる行はコメントとして扱われます.

PPMにはバイナリ形式もあります.
 □ マジックナンバーを"P3"の代わりに"P6"にします.
 □ 画像データは10進数のテキストの代わりにバイナリデータ(8bit)を並べます.
    もちろん区切り文字は必要ありません.
 □ バイナリデータは8bitなので,R,G,Bの値の最大値は255までしかとれません
    (テキスト形式だとこの制約はありません).
    たとえばテキストPPM形式だと以下のような感じです('man ppm'より抜粋).

┌────────────────────────┐
│P3                                        │
│# feep.ppm                                │
│4 4                                       │
│15                                        │
│ 0  0  0    0  0  0    0  0  0   15  0 15 │
│ 0  0  0    0 15  7    0  0  0    0  0  0 │
│ 0  0  0    0  0  0    0 15  7    0  0  0 │
│15  0 15    0  0  0    0  0  0    0  0  0 │
└────────────────────────┘



PGM形式はPPMのモノクロ版といっていいでしょう.以下に違いを示します.
 □ マジックナンバーは"P2".バイナリ形式の場合は"P5"にします.
 □ 画像データは輝度値を順に並べます.

また,PBM形式はビットマップ(白黒)画像用です.
 □ マジックナンバーは"P1".バイナリ形式の場合は"P4"にします.
 □ 画像データは'0'または'1'を順に並べます.バイナリの場合は8bitで MSBが先になります.

パッケージのインストール [Solaris9]

ネットワーク先のディレクトリにはインストールできなかったため、
tinkに rootでログインしてインストールした。

# pkgadd -d. [解凍したパッケージディレクトリ名]

2002-06-23 (日)

root に送られてくるメール [RedHat]

/etc/log.d/logwatch.confを編集して、masutakaに送るようにした。

ログインの時に読み込まれるファイル [RedHat]

ログインの時に読み込まれるファイルは、
/etc/X11/xdm/Xsessionなので、$HOME/.xsessionを読み込むように修正した。
さらに/etc/X11/xdm/Xsessionは、
/etc/X11/gdm/Sessions/Gnomeから呼ばれているっぽい。

キーの入れ換えと fetchmail [RedHat]

<http://libra.higashi.hit-u.ac.jp/manual/manual.html>
自宅でも fetchmailでメールを取り込むようにしてみた。
キーの入れ換え方法も書いてあってなかなか良いが、
Xmodmapを使わないでキーの入れ替えをする方法が良くわからない。

2002-06-22 (土)

環境変数 LANG [RedHat]

/usr/lib/locale/ 直下にあるディレクトリ名が LANG に入れるべき値。

2002-06-20 (木)

ファイルのステータスを見る [cvs]

% cvs st [ファイル名]

fvwm をコンパイルしたら、ちゃんと書く [インストールメモ]

基本的には/usr/X11R6以下にインストールするのれす。
ただ細かいところはconfigureで指定なのれす。
--prefix=/usr/X11R6
--libexecdir=/usr/X11R6/lib/X11
--sysconfdir=/usr/X11R6/lib/X11/fvwm
--datadir=/usr/X11R6/lib/X11
--enable-multibyte
--with-xpm-library=/usr/X11R6/lib
--with-xpm-includes=/usr/X11R6/include/X11
--with-imagepath=/usr/X11R6/lib/X11/icons
設定のサンプルファイルが展開したdirectoryにsample.fvwmrc以下
としてあるので、これを$HOME/.fvwm2rcとして使用するのれす。
/etc/X11/xinit/xinitrcを$HOME/.xinitrcにコピーして、
最後のtwmをfvwm2に換えてstartxなのれす。
細かい設定は日本語環境が整ってからなのれす。
fvwm
<http://www.fvwm.org/>
オフィシャルなiconを入れてみるのれす。
さっき指定したimagepathに展開すればOKなのれす。
これならウインドウを最小化した時にicon化してくれるのれす。
# tar xzf fvwm_icons.tgz -C /usr/X11R6/lib/X11/
fvwm icon
<http://www.fvwm.org/icons.html>
fvwm2で何かを起動したときにフォーカスが当たるようにするのれす。
またフォーカスが1秒以上当たったら最前面になるようにするのれす。
以下のように~/.fvwm2rcに書くのれす。
Style * GrabFocus
AddToFunc InitFunction
+ I Module FvwmAuto 1000

elispをバッチ処理させる [Emacs]

% emcws-20.7 -batch -q --no-site-file -l xxx.el

2002-06-17 (月)

XEmacs-21.9 のインストール [インストールメモ]

% ./configure --with-mule --with-wnn --with-xfs --with-site-lisp --without-canna --without-wnn6 --without-xim
or
% ./configure --with-mule --with-wnn --with-xfs --with-pop --with-site-lisp --without-xim
% make
# touch timestamp
# make install
# find /etc /usr /var -cnewer timestamp > /usr/local/var/install-log/xemacs-21.9.log
# cd /usr/local/lib/xemacs
# mv xemacs-packages .xemacs-packages
# mv mule-packages .mule-packages
# tar xvjf xemacs-sumo.tar.bz2
# tar xvjf xemacs-mule-sumo.tar.bz2
# cd /usr/local/lib/xemacs/xemacs-packages/lisp
# mv apel .apel
# cd /usr/local/lib/xemacs/.mule-packages/etc
# cp -r -p wl /usr/local/lib/xemacs/mule-packages/etc
# cd /usr/local/lib/xemacs/.mule-packages/lisp
# cp -r -p apel flim semi wl /usr/local/lib/xemacs/mule-packages/lisp
# cd /usr/local/lib/xemacs/mule-packages/etc/app-defaults
# ln -s ja ja_JP.eucJP

XEmacs への不満

リージョンの扱いがおかしい。(move-to-window-line 0)して、M-wができない。 -> (setq zmacs-regions nil)
日本語変換のコードをhookに引っかける方法が分からない。
(font-lock-add-keywords)の代わりになるものは?

2002-06-16 (日)

XEmacs-21.4 でメニュバーを日本語で表示する。

% cd /usr/local/lib/xemacs/mule-packages/etc/app-defaults
% ln -s ja ja_JP.eucJP

2002-06-15 (土)

Mozilla ショートカット [Mozilla]

C-l すると、URL を入力するところにフォーカスを移す。

起動時のスプラッシュの指定方法 [Mozilla]

mozilla.bmpという名前で、Mozillaと同じディレクトリに入れる。
<http://hand_on.tripod.co.jp/>
<http://lotekk.net/index.php?page=moz&sub=splash>

コード変換をしないで、ファイルを開く [Emacs]

M-x find-file-literally

2002-06-13 (木)

HIST_IGNORE_ALL_DUPS -> 同じコマンドの history は履歴に入れない。 [zsh]

'setopt histignorealldups'して、'history'すると同じ履歴は消えているけど、
$HISTFILEの中身は消えてない。これは、デフォルトでは $HISTFILEの同期は
zsh プロセスが exit したときだから。INC_APPEND_HISTORY や SHARE_HISTORY を
有効にしていると、このタイミングが変わる。
SHARE_HISTORYは、直前の履歴を使い回すことが多い時は却って不便かもしれない。
マニュアルにあるように、適当なタイミングで 'fc -RI'する方が使い易いかも。

2002-06-10 (月)

半角カナとは JISX0201 のこと

kterm のインストール [インストールメモ]

% xmkmf -a
% make
Makefileの 'VARDIR = /var/X11' -> 'VARDIR = /usr/local/var/X11'
% make install
% nkf -e kterm.jman > /usr/X11R6/man/man1/kterm.1
% chmod 444 /usr/X11R6/man/man1/kterm.1
% chmod 755 /usr/X11R6/bin/kterm
<http://www.anna.iwate-pu.ac.jp/~kojima/Solaris2.6/sol26-x.html>

2002-06-09 (日)

モードラインの EEEの意味 by Meadow ML [Emacs]

最初の E が terminal input、 次が terminal output、最後が buffer 内の
ファイル保存用で、 E というのは euc-japan のことだと思います。

2002-06-03 (月)

起動ディスクの作り方 [RedHat]

最後の'2.4.9-31'は、/boot/vmlinuz-2.4.9-31と同じにする。
マウントは解除しておく。 ~~~~~~~~
# mkbootdisk --device /dev/fd0 2.4.9-31

2002-06 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

最終更新時間: 2017-12-06 23:28

検索


最近の話題
- 2017-11-28
  『Real World HTTP』を読んだ
- 2017-11-18
  iPhone X 64GB SIM フリー版を買って一週間経った
- 2017-11-16
  golang.tokyo #10 x WomenWhoGoTokyo に行ってきた #golangtokyo
- 2017-11-12
  『PromiseとAsync-Awaitまとめ(Emacsで)』という LT をした
- 2017-11-10
  RSpec 3.5 から shared_context の使い方が少し変わっていた
  S3 の public バケットで特定パス以下を IP アドレス制限する
- 2017-11-01
  『オブジェクト指向設計実践ガイド』読書会での感想メモ
- 2017-10-30
  『スターティングGo言語』を読んだ
最近追記された記事
- 2017-01-10-1 (4日前)
- 2017-04-08-1 (24日前)
- 2017-06-02-1 (158日前)
- 2017-04-29-1 (220日前)
- 2017-04-13-1 (234日前)
- 2017-04-13-1 (236日前)
- 2017-03-02-1 (278日前)
- 2017-02-25-1 (283日前)
- 2017-02-21-1 (287日前)
- 2015-06-07-1 (293日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (20)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (3)
- Book (91)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- capistrano (4)
- chalow (56)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (10)
- clang (26)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (3)
- E-mail (8)
- elasticsearch (4)
- Emacs (222)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (1)
- Game (20)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (19)
- golang (9)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (3)
- Heroku (9)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPhone (16)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (19)
- Linux (6)
- Mackerel (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (2)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (12)
- Rake (2)
- RaspberryPi (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- RSpec (2)
- Ruby (50)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Twitter (14)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (25)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (16)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
Google+