2007-12 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2007-12-24 (月)

オイルサーディンの調理例 [Cooking]

オイルサーディンでよく作るのは、
缶開けてオイルを捨てて、レモン汁(市販の瓶入りで OK) を
たっぷり注ぎ込み、粗挽き黒こしょうもたっぷり振り、
その上をサーディンの隙間を埋めるようにマヨネーズを
塗り込んで、缶ごとガスコンロの魚焼きグリルで、
マヨに軽く焦げ目が付くまで焼く。
その後、粉チーズをたっぷり乗せてから、再度加熱。
缶ごと皿に移して、酒と一緒に。

粉チーズに、刻みパセリとパン粉とオリーブオイルを
混ぜておくと、さらにウマー

(URL: http://food8.2ch.net/test/read.cgi/sake/1190305928/294)

2007-12-20 (木)

TeraTerm で ssh や cygwin を動かす [Windows][cygwin][ssh]

最新の 4.56 が出ていたので、インストールしてみた。ssh が使えるようになっ
ていたのは知っていたけど、cygwin の端末としても使えるようになっていたのね。スゲー。
デフォルトの MS 明朝だと、表示がよく崩れるので、Terminal に変えた方が良いかも。

マクロを使った ssh の自動ログインの方法はまだよく分からなかったので、
とりあえず telnet で我慢することにした。(今まで使っていた telnet の自動
ログインマクロ、login.ttl はそのまま使うことができた。)

1. 以下のような Windows のショートカットを作った。

リンク先: "C:\Program Files\teraterm\ttermpro.exe" /F=%HOME%\.teraterm\teraterm2.ini /M=%HOME%\.teraterm\login.ttl
作業フォルダ: %HOME%


cygwin のほうもなかなか良さそう。rxvt は日本語が表示できなかったので、大きな前進かも。

1. c:\Program Files\teraterm\cygterm.cfg を以下の通りに変更。

TERM = ttermpro.exe %s %d /E /KR=SJIS /KT=SJIS /nossh

TERM = ttermpro.exe %s %d /E /KR=SJIS /KT=SJIS /nossh /F=c:\home\masutaka\.teraterm\cygterm.ini


2. 以下のような Windows のショートカットを作った。

リンク先: "C:\Program Files\teraterm\cygterm.exe"
作業フォルダ: %HOME%


(URL: http://ttssh2.sourceforge.jp/)

似たようなもので PuTTY(ぱてぃ) というものもあるらしい。こっちは日本語は
崩れないみたい。気が向いたら試してみるか。

(URL: http://www.sodan.ecc.u-tokyo.ac.jp/2002/article/tips/ssh/putty.shtml)

この記事に言及しているこのブログ内の記事

emacsclient で Emacs を遠隔操作 [Emacs]

Debian で既に navi2ch on Emacs を起動していた場合、Windows からログイン
してもう一つ Emacs を立ち上げると、navi2ch が起動できないので、
emacsclient を使って Emacs を遠隔操作することにした。

1. Debian で起動している Emacs であらかじめ M-x server-start しておく。

2. TeraTerm で以下を実行する。Emacs のフレームが Windows 側にポコッと出現する。
   最後の ~(チルダ) はダミー。引数を指定しないといけないみたい。

% emacsclient --display=pana-b:0.0 -n ~


[2002-12-12-2] でも似たようなことをやっていたんだけど、だいぶ洗練されてきた。

2007-12-18 (火)

Xming の導入 [Windows][Debian]

1. 以下を実行して、インストールした。SSH は無効にした。
Xming-6-9-0-31-setup.exe
Xming-fonts-7-3-0-22-setup.exe

2. *.pcf.Z フォントを Solaris9 から持ってきて、以下のように配置した。
   ipamona だけは Debian から持ってきた。

C:\usr\local\share\fonts\X11\intlfonts
C:\usr\local\share\fonts\X11\ipamona
C:\usr\local\share\fonts\X11\jisx0213
C:\usr\local\share\fonts\X11\marumoji
C:\usr\local\share\fonts\X11\monafont
C:\usr\local\share\fonts\X11\shinonome


3. 各ディレクトリにある *.pcf.Z を Debian の uncompress で解凍し、
   各ディレクトリで mkfontdir した。

4. C:\Program Files\Xming\font-dirs に以下を記載した。

C:\usr\local\share\fonts\X11\intlfonts
C:\usr\local\share\fonts\X11\ipamona
C:\usr\local\share\fonts\X11\jisx0213
C:\usr\local\share\fonts\X11\marumoji
C:\usr\local\share\fonts\X11\monafont
C:\usr\local\share\fonts\X11\shinonome


5. C:\Program Files\Xming\X0.hosts に以下を記載した。
   vergil は Linux マシン名。

localhost
vergil


6. Xming を実行した。

7. TeraTerm で Debian にログインし、以下を実行した。
   nero-b は Windows マシン名。

% DISPLAY=nero-b:0.0
% xrdb ~/.Xresources #<= こうしないとなぜか ~/.Xresources が読み込まれなかった。

2007-12-17 (月)

画像が縮小表示される [Firefox]

FireFox 2.0.11 で、画像が常に画面サイズに縮小されるようになってしまった。
FireFox 1.0.4 では、メニューから変更できたんだけど、about:config でしか
変更できなくなったみたい。

ロケーションバーに about:config と入力し、
browser.enable_automatic_image_resizing を true から false に変更。

2007-12 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

最終更新時間: 2017-12-06 23:28

検索


最近の話題
- 2017-11-28
  『Real World HTTP』を読んだ
- 2017-11-18
  iPhone X 64GB SIM フリー版を買って一週間経った
- 2017-11-16
  golang.tokyo #10 x WomenWhoGoTokyo に行ってきた #golangtokyo
- 2017-11-12
  『PromiseとAsync-Awaitまとめ(Emacsで)』という LT をした
- 2017-11-10
  RSpec 3.5 から shared_context の使い方が少し変わっていた
  S3 の public バケットで特定パス以下を IP アドレス制限する
- 2017-11-01
  『オブジェクト指向設計実践ガイド』読書会での感想メモ
- 2017-10-30
  『スターティングGo言語』を読んだ
最近追記された記事
- 2017-01-10-1 (4日前)
- 2017-04-08-1 (24日前)
- 2017-06-02-1 (158日前)
- 2017-04-29-1 (220日前)
- 2017-04-13-1 (234日前)
- 2017-04-13-1 (236日前)
- 2017-03-02-1 (278日前)
- 2017-02-25-1 (283日前)
- 2017-02-21-1 (287日前)
- 2015-06-07-1 (293日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (20)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (3)
- Book (91)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- capistrano (4)
- chalow (56)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (10)
- clang (26)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (3)
- E-mail (8)
- elasticsearch (4)
- Emacs (222)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (1)
- Game (20)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (19)
- golang (9)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (3)
- Heroku (9)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPhone (16)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (19)
- Linux (6)
- Mackerel (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (2)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (12)
- Rake (2)
- RaspberryPi (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- RSpec (2)
- Ruby (50)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Twitter (14)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (25)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (16)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
Google+