2008-01 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2008-01-30 (水)

The Kitchen Salvatore Cuomo

六本木ヒルズにある、サルバトーレという人がやっているイタリア料理屋
テレビでやっていて気になったのでメモメモ。

http://www.ystable.co.jp/restaurant/thekitchen/roppongi.html

2008-01-29 (火)

man の -w オプション [Debian]

最初にヒットした man ファイルを表示してくれる。(debian-users:50110)

% man -w ls
/usr/share/man/ja/man1/ls.1.gz

2008-01-26 (土)

スクリプト処理 [Emacs]

#!/usr/local/bin/emacs --script
(message "Hello, world.")

2008-01-23 (水)

svnserve を止めて、http 経由でアクセスする [svn]

[2008-01-12-1] の改良版。
http 経由でのアクセスのほうがカッコいい気がしたので、設定してみた。

1. mod_dav_svn をインストールした。

# apt-get install libapache2-svn


2. /etc/apache2/mods-available/dav_svn.conf に以下のみを記載した。

<Location /svn>
  DAV svn
  SVNPath /usr/local/SVNROOT
  AuthType Basic
  AuthName "Subversion Repository"
  AuthUserFile /usr/local/SVNROOT/conf/dav_svn.passwd
  <LimitExcept GET PROPFIND OPTIONS REPORT>
    Require valid-user
  </LimitExcept>
</Location>



3. ユーザ認証ファイルを作成した。

# htpasswd2 -c /usr/local/SVNROOT/conf/dav_svn.passwd masutaka


4. SVNROOT のオーナーとグループを、Apache を動かしている www-data さんにした。

# chown -R www-data:www-data /usr/local/SVNROOT


5. Apache を再起動した。

# /etc/init.d/apache2 restart


6. 後始末

6-1. /etc/inetd.conf から、以下の行を削除した。(長いので折り返しています)

svn stream tcp nowait masutaka /usr/sbin/tcpd
    /usr/bin/svnserve -i -r /usr/local/SVNROOT



6-2. inetd を再起動した。

# /etc/init.d/inetd restart


6-3. /usr/local/SVNROOT/conf/svnserve.conf の中身をすべてコメントアウトした。

6-4. /usr/local/SVNROOT/conf/passwd を削除した。

7. http://dyna.example.com/svn/ にアクセス出来ることを確認した。
   "svn co http://dyna.example.com/svn/trunk ." が出来ることを確認した。

Web ブラウザでの表示は結構寂しい..。subversion-tools も入れるように
書いてあるところが多かったが、効能が分からなかったのでインストールしなかった。

(参考情報: http://qref.sourceforge.net/Debian/reference/ch-vcs.ja.html#s-svn)

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2008-01-22 (火)

電源 OFF 時の Suica [携帯]

[2008-01-21-1] の続き。
Suica は電源が入っていなくても使うことができた。ってことは、遠隔オート
ロックで電源を切る前に、手動で電源を切られてしまったら、Suica の不正使
用を止めることはできないのね..。

・遠隔オートロックで電源 OFF した状態で、Suica は使えるのか?
・電池を抜いた状態で、Suica は使えるのか?
を検証予定。

2008-01-21 (月)

遠隔オートロック成功 [携帯]

[2008-01-19-2] の続き。
「1 分間の着信を 3 回する」のではなくて、「1 分以内に着信を 3 回する」
でした...。au ショップのお姉さんも、オレと同じ勘違いをしてた。w

成功すると携帯の電源が切れ、次回電源を入れた時にパスワードを入力しない
と、何も出来ない状態にしてくれる。Felica ロックもしてくれる。これは、パ
スワードを入力しないと Felica(オサイフケータイのことね) が使用出来ない
というもの。これでセキュリティはそこそこ大丈夫なのかな。

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2008-01-20 (日)

TeraTerm での ssh の自動ログイン [Windows][cygwin][ssh]

[2007-12-20-2] の続き。
マクロではなく、TeraTerm Menu から設定したらすんなりできてしまった。
ついでに cygterm も TeraTerm Menu に設定。タスクバーのクイック起動もすっ
きりしたし、Debian の telnetd もアンインストールできたので、とても良い
感じ。

(参考情報: teraterm(ssh2対応) + 公開鍵認証)

2008-01-19 (土)

遠隔オートロック [携帯]

モバイル Suica を使うことにしたので、携帯のセキュリティも気をつけなくちゃ
ということで、W51CA で遠隔オートロックを設定した。でも、できねえ〜。(涙)
もちろん、発信者着信番号通知もやってる。なぜ?

電源 OFF したら、次回 ON したときにパスワードが必要な設定をしているから、
まあいいか。。。Suica だから最大 10,000 円の被害で済むし...。

この記事に言及しているこのブログ内の記事

モバイル Suica [携帯]

電子マネーというものをやってみたくて、W51CA で「モバイル Suica」を始め
てみた。クレジットカードを登録することで、携帯から Suica のチャージと利
用ができるサービス。定期券も使えるみたい。

「EASY モバイル Suica」というものもあり、クレジットカード不要(よって
チャージが面倒)、定期が購入できないなどの違いがある。ただし、あとからク
レジットカード情報を登録すると、アップグレード可能。

(URL: W51CA)
(URL: JR東日本:モバイルSuica)
(URL: Wikipedia - モバイルSuica)

カードタイプの Suica の払い戻しは、JR 東日本のみどりの窓口などで行える。
残額が 210 円以下の場合は、手数料を取られないとのこと。

(URL: JR東日本:Suica 払い戻し)

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2008-01-12 (土)

svnserve 経由でのアクセスに認証を付ける [svn]

[2005-11-07-2] の改良版。
svnserve 経由でアクセスすると、ユーザ名が残らなくて気持ち悪いので
簡易認証をすることにした。

/home/masutaka/SVNROOT/conf/svnserve.conf に以下を記載。

[general]
anon-access = none
auth-access = write
password-db = passwd


/home/masutaka/SVNROOT/conf/passwd にユーザ名とパスワードを記載。

[users]
masutaka = XXXXXXXX

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2008-01 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

最終更新時間: 2017-04-29 14:50

検索
最近の話題
- 2017-04-29
  Docker ではないコンテナ systemd-nspawn を使ってみた
- 2017-04-16
  CircleCI 2.0 で capistrano デプロイしてみた
- 2017-04-15
  CircleCI 2.0 をローカルで実行できる circleci コマンドとは何者か
- 2017-04-13
  Rails リポジトリに CircleCI 2.0 を導入した
- 2017-04-08
  PS4 Pro と LG の 4K テレビ 43UH6500 で nasne は使えるのか?
- 2017-04-02
  オムロンの低周波治療器が肩こりにだいぶ効く
- 2017-03-21
  ローカル環境を出来るだけ Dockerize した
最近追記された記事
- 2017-04-13-1 (13日前)
- 2017-04-13-1 (15日前)
- 2017-03-02-1 (57日前)
- 2017-02-25-1 (62日前)
- 2017-02-21-1 (66日前)
- 2015-06-07-1 (72日前)
- 2016-10-19-1 (81日前)
- 2016-01-01-1 (93日前)
- 2015-01-04-1 (102日前)
- 2015-06-07-1 (122日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (17)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (3)
- Book (85)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- C (26)
- capistrano (4)
- chalow (56)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (10)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (3)
- E-mail (8)
- elasticsearch (4)
- Emacs (219)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (1)
- Game (20)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (15)
- Go (5)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (3)
- Heroku (9)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPhone (15)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (19)
- Linux (6)
- Mackerel (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (1)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (12)
- Rake (2)
- RaspberryPi (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- Rspec (1)
- Ruby (48)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Twitter (14)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (25)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (14)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
Google+