2009-03 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2009-03-20 (金)

printf() のような関数を自作した。 [clang]

せっかくの休みなのでw、printf() のような関数を自作してみた。

static char my_buffer[1024 * 1024];

extern void my_printf(const char *fmt,...);


訳あって、書き出し先は my_buffer という外部変数。
va_list も訳あって使えないので、可変長引数は自前で読み込む。

可変長引数はどう読み込めば良いか? C 言語の場合、内部変数はスタック
に積まれるため、後に宣言したものの方が若いアドレスになる。でも、引
数の場合は違っていて、「引数1」の次のアドレスに「引数2」が存在する
ことが保証されているらしい。
(URL: http://networkprogramming.blog18.fc2.com/blog-entry-7.html)

これを利用すれば、可変長引数を自前で読み込むのは簡単。
fmt の中に %d や %x が見つかるたびに param32p を読み進めていけば良い。

void
my_printf(const char *fmt,...)
{
    unsigned long int *param32p = (unsigned long int *)&fmt + 1;



ところが!!試しに最適化レベルを 3 にしたら、「引数1」の *前の* ア
ドレスに「引数2」が存在していた。ガセだったか...。以下のページにも
可変長引数を扱う時は stdarg.h 使えと書いてあった。va_list が使えな
いというのは勘違いな気がしてきたので、後で確認してみよう。
(URL: http://docs.hp.com/ja/B2355-90858/stdarg.5.html)

itoa() も使えないため自作した。「符号あり/なし 10 進数」と「符号な
し 16 進数」をサポートしたが、意外に大変だった。一番時間かかったかも。

やっと printf() モドキが完成!!
と言いたいところだけど、"%d" の数と可変長引数の数が合ってなくても
warning にならないのね。ちょっとヤダなあ...。

調べてみたら、gcc 系の場合以下のように宣言すれば良いことが分かった。

extern void my_printf(const char *fmt,...)
#ifdef __GNUC__
    __attribute__ ((format (printf, 1, 2)))
#endif  /* __GNUC__ */
    ;



__attribute__ については、以下にある程度まとまっていた。
いろいろあるなあ。。。
(URL: http://sugarpot.sakura.ne.jp/yuno/?gcc%2Fattribute)

追記(2009-03-21):
コメントにもありますが、最適化レベル 3 で動作が変わったのはインライ
ン展開されていたためでした。インライン化できないような単純でない関
数にしたり、__attribute__((noinline)) を付けたりすれば大丈夫そうで
すが、移植性が落ちるのでやはり避けた方が良いと思います。

2009-03 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

最終更新時間: 2018-12-14 18:34

検索


最近の話題
- 2018-12-13
  BitBar の Heroku plugin はいいぞ
- 2018-12-07
  ジム通いと食生活改善を5ヶ月続けたので中間報告をする
- 2018-11-28
  Heroku Meetup #23 "Heroku Dynamite!!" で話してきた #herokujp
- 2018-11-21
  先週 GA になった、heroku.yml を使った Docker Deploy を試した
- 2018-10-28
  Heroku CLI 用の zsh 設定は不要だった件
- 2018-10-17
  launchd を使って毎日深夜にだけ Time Machine を実行させる
- 2018-10-15
  Bash v3 以下でも set -u 時に変数が定義されてるか確認する方法
最近追記された記事
- 2016-10-26-1 (6日前)
- 2018-10-15-1 (53日前)
- 2018-04-30-1 (81日前)
- 2017-10-21-1 (349日前)
- 2017-01-10-1 (377日前)
- 2017-04-08-1 (397日前)
- 2017-06-02-1 (531日前)
- 2017-04-29-1 (593日前)
- 2017-04-13-1 (607日前)
- 2017-04-13-1 (609日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (21)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (4)
- Book (93)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- capistrano (4)
- chalow (56)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (10)
- clang (26)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (4)
- E-mail (8)
- elasticsearch (4)
- Emacs (222)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (2)
- Game (21)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (20)
- golang (10)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (5)
- Heroku (13)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPhone (17)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (22)
- Linux (7)
- Mackerel (1)
- macOS (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (2)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (13)
- Rake (2)
- RaspberryPi (2)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- RSpec (2)
- Ruby (52)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Twitter (15)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (26)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (17)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
Google+