2009-10 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2009-10-25 (日)

Emacs23 から行番号を表示できるようになっていた [Emacs]

今まで外部パッケージを入れないと、Emacs は行番号を表示できませんで
したが、Emacs23 では最初から行番号表示できるようになっていました。

M-x linum-mode すると、カレントバッファで行番号が表示されます。
M-x global-linum-mode すると、全てのバッファで行番号が表示されます。

常に行番号を表示させたい方は ~/.emacs に以下を書いておくとよいでしょう。

(global-linum-mode t)


2009-10-18 (日)

Debian squeeze でスクロールするとカクカクするようになった [Debian]

最近、testing(=squeeze) の不具合調査が多いなあ。^^;

xserver 関連のアップデートをしてから、Iceweasel(=Firefox) や
Emacs のスクロールがやけにカクカクするようになりました。

以前 [2008-08-24-1] で似たような現象が起きた時は、理由が分からない
まま解決できたため、この現象に気づいたときは正直げんなりしました。
(この時予想したソフトレンダリングは、勘違いということが今回判明。)

今回は過程を重視したいため、結論は後に書きます。

まず、X の VIDEO まわりの設定を調べました。私の PC の VIDEO カード
は ATI の Radeon HD 2400 PRO です。ただ、/etc/X11/xorg.conf には以
下のような情報しか書かれていませんでした。

Section "Device"
	Identifier	"Configured Video Device"
EndSection



気を取り直して、ググってみたところ debian-users:51900 が引っかかっ
たので、

# dpkg-reconfigure -plow xserver-xorg

等やってみたが変わらず。/etc/X11/xorg.conf は touch された形跡さえ
ありませんでした。

どうやら最近の X は /etc/X11/xorg.conf ではなく、hal で設定されてい
るようです。lshal コマンドで設定内容を確認できるようです。

% lshal


lshal の出力にはめぼしいものはありませんでしたが、このスレッドの以
下のコマンドに解決のヒントが隠されていました。

% grep EE /var/log/Xorg.0.log
% grep WW /var/log/Xorg.0.log


実行しました。

% grep EE /var/log/Xorg.0.log
       (WW) warning, (EE) error, (NI) not implemented, (??) unknown.
(II) Loading extension MIT-SCREEN-SAVER
(EE) RADEON(0): Acceleration initialization failed
% grep WW /var/log/Xorg.0.log
       (WW) warning, (EE) error, (NI) not implemented, (??) unknown.
(WW) The directory "/usr/share/fonts/X11/cyrillic" does not exist.
(WW) RADEON(0): Direct rendering disabled


Direct rendering disabled などという、描画が遅くなりそうなキーワー
ドを発見しました!!

Direct rendering は DRI(Direct Rendering Infrastructure) という略
称があるらしく、xdriinfo コマンドで状態を確認できるようです。案の定、
有効になっていませんでした。

% xdriinfo
Screen 0: not direct rendering capable.


ここで、公式のバグ報告を探してみました。
Debian のバグ報告は Google グループから参照できるようです。

Bug#544938 が私の現象と良く似ています。

Bug#544938: linux: direct rendering does not work with radeon driver on kernel 2.6.30-1-i686


私の /var/log/kern.log にも Bug#544938 と同じエラーログがありました!!

Oct 19 00:16:52 vergil kernel: [ 34.336437] platform r600_cp.0: firmware: requesting radeon/RV610_cp.bin
Oct 19 00:16:53 vergil kernel: [ 34.435915] r600_cp: Failed to load firmware "radeon/RV610_cp.bin"
Oct 19 00:16:53 vergil kernel: [ 34.435918] [drm:r600_do_init_cp] *ERROR* Failed to load firmware!


Moritz Muehlenhoff さん曰く、firmware-linux パッケージをインストー
ルすべきとのこと。

インストールしました!再起動しました!解決できました!!

- スクロール時のカクカクが直りました。
- /var/log/kern.log のエラーログがなくなりました。
- /var/log/Xorg.0.log のログが変わりました。

(WW) RADEON(0): Direct rendering disabled

(II) RADEON(0): Direct rendering enabled

- xdriinfo の結果も変わりました。

Screen 0: not direct rendering capable.

Screen 0: r600


testing で問題が起きたときは、公式のバグ報告を確認するのが良さそうです。
バグ報告の詳細は Debian バグ追跡システムをどうぞ。

追記(2009-10-19):
とは言え、testing はトラブルが多いなあ。testing は unstable で問題
のなかったパッケージを機械的に集めているだけなので、安定度で言えば
イマイチらしい。unstable に移行しちゃおうかなあ?
- Debian sid(不安定版)を常用する - Hatena::Diary::Ubuntu

2009-10-11 (日)

VAIO W を買って、1ヶ月が過ぎた

[2009-09-06-1] のその後です。

1ヶ月使いましたが、それほど不満はないです。むしろ Let's Note W2
CF-W2AW1AXR と違和感がなさ過ぎて、置き換えたことを時々忘れるくらいです。

私のようにメインマシンが Linux で、サブマシンに Windows を探してい
るという人には良い選択肢だと思います。5 万で買えますし。(Let's
Note は 20 万したなあ。。。)

Let's NOTE と比べて、良くなったと感じる点です。
- 若干パフォーマンスが上がりました。
- Bluetooth が使えるようになりました。時々 [2009-08-29-1] のワイヤ
  レスヘッドホンで遊んでいます。

Let's NOTE と比べて、悪くなったと感じる点です。
- ファンの音が多少気になります。
- 解像度は高くなりましたが、画面は小さい(10.1 型ワイド)ので、目が疲
  れそうです(※1)。
- キーボードが小さいので、打ち辛そうです(※2)。
- 足元に置いているのでそれほどでもありませんが、外付けマルチドライ
  ブが少し邪魔です。

※1 いつも外部モニタに出力させているので、画面になにか表示させるこ
    とはほとんどありません。
※2 synergy を使っているので、キーボードに触ることはほとんどありま
    せん。[2009-07-20-3]

Emacs23 から初期化時間や動作時間を確認できるようになった [Emacs]

;; Emacs 起動時の初期化時間を返す。
(emacs-init-time)
=> "26.6 seconds"

;; Emacs の動作時間を返す。
(emacs-uptime)
=> "1 day, 15 hours, 2 minutes, 17 seconds"



参考にした Web サイト:
Emacs23における変更点(一部) - とりあえず暇だったし何となく始めたブログ

2009-10-10 (土)

MySQL の主要なコマンド [Linux][OSX]

# 接続("mysql>" プロンプトに移行する。)
% mysql -u root -p

# データベースの一覧
mysql> show databases;

# 文字コードの確認
mysql> show create database データベース名;

# データベースの作成
mysql> create database データベース名;

# 文字コードに utf-8 を指定したデータベースの作成
mysql> create database データベース名 character set utf8;

# ユーザの追加
mysql> grant all privileges on データベース名.* to ユーザ名@localhost identified by 'パスワード';

# データベースの削除
mysql> drop database データベース名;

# サーバのステータス情報確認。"mysqladmin -u root -p status" はこれの簡易版。
mysql> status;

# サーバの詳細なステータス情報確認。"mysqladmin -u root -p extended-status" と同様。
mysql> show status;

# 終了
mysql> exit;

# 変数の確認
% mysqladmin -u root -p variable

# 存在するデータを全てバックアップ
% mysqldump -u root -p -x --all-databases > alldump.sql

# 全てのデータベースのバックアップを復元
% mysql -u root -p < alldump.sql

# 特定のデータベースのバックアップ
% mysqldump -u root -p データベース名 > dump.sql

# 特定データベースのみの復元(データベースを作成してから下記コマンドを実行)
% mysql -u root -p データベース名 < dump.sql


参考にした Web サイト:
mysql - Linuxで自宅サーバ構築・管理: KSKNET
mysqldumpでバックアップ&復元 - phpspot

追記(2011-07-27):
Mac 用 DMG をインストールした場合、以下のコマンドで mysqld を
start/stop 出来る。

# /usr/local/mysql/support-files/mysql.server start
# /usr/local/mysql/support-files/mysql.server stop

この記事に言及しているこのブログ内の記事

Debian squeeze で Redmine を構築してみた (MySQL 版) [Redmine]

[2009-10-08-1] はデータベースに sqlite3 を使用する方法ですが、書き
込みが行われている時はデータベース全体がロックされるなどパフォーマ
ンスに問題があるそうです。そこで、MySQL を使う方法も試してみました。

前回に補足する形で説明していきます。

基本的な構築手順



1. に加え、mysql-server もインストールしてください。


さらに、MySQL のデータベースも作成します。

% mysql -u root -p
# 文字コードに utf8 を指定したデータベース redmine を作成
mysql> create database redmine character set utf8;
# データベース redmine のユーザ redmine を作成し、パスワードに XXXXXXXX を設定。
mysql> grant all privileges on redmine.* to redmine@localhost identified by 'XXXXXXXX';
mysql> exit;


3-1. の database.yml は以下の修正に置き換えます。


--- config/database.yml.example	2009-09-13 21:10:16.000000000 +0900
+++ config/database.yml	2009-10-10 23:14:31.000000000 +0900
@@ -10,9 +10,10 @@
   adapter: mysql
   database: redmine
   host: localhost
-  username: root
-  password:
+  username: redmine
+  password: XXXXXXXX
   encoding: utf8
+  socket: /var/run/mysqld/mysqld.sock

 development:
   adapter: mysql


socket の場所は以下のコマンドで調べられます。

% mysqladmin -u root -p variable | grep socket


設定の差分はこんなところです。

注意点として sqlite3 の時はデータベースが redmine-0.8.5/db に作られ
ましたが、MySQL の時は /var/lib/mysql 等に作られます。バックアップ
を取り忘れないようにしてください。

データベースのディレクトリは以下のコマンドで調べられます。

% mysqladmin -u root -p variable | grep datadir


MySQL の主要なコマンドや、バックアップの取り方は [2009-10-10-2]
まとめました。

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2009-10-08 (木)

Debian squeeze で Redmine を構築してみた [Redmine]

Redmine とは、プロジェクト管理ツールです。
仕事で必要になったので、手始めに自宅で構築してみました。

lenny から Ruby on Rails がパッケージに含まれるようになったそうで、
比較的簡単に構築することが出来ました。

基本的な構築手順


1. Synaptic パッケージマネージャから rails をインストールします。



構築したマシンに既に apache2 や libsqlite3-ruby1.8 をインストールし
ていたので、今回は rails のみのインストールで済みました。

2. Redmine の公式サイトから、redmine-0.8.5.tar.gz をダウンロードし、~/public_html に展開します。


% cd ~/public_html
% tar xzf redmine-0.8.5.tar.gz


3. 公式サイトの手順を参考にして、Redmine の設定をします。



展開したディレクトリに移動します。

% cd redmine-0.8.5


3-1. database.yml の設定



サンプルを元に設定を開始します。

% cp config/database.yml.example config/database.yml


修正内容は以下のとおり、公式と同じにします。

--- config/database.yml.example	2009-09-13 21:10:16.000000000 +0900
+++ config/database.yml	2009-10-08 21:27:03.000000000 +0900
@@ -7,12 +7,9 @@
 #   http://dev.mysql.com/doc/refman/5.0/en/old-client.html

 production:
-  adapter: mysql
-  database: redmine
-  host: localhost
-  username: root
-  password:
-  encoding: utf8
+  adapter: sqlite3
+  dbfile: db/redmine.db
+  timeout: 5000

 development:
   adapter: mysql



3-2. email.yml の設定



サンプルを元に設定を開始します。

% cp config/email.yml.example config/email.yml


修正内容は以下のとおり、公式と同じにします。

--- config/email.yml.example	2009-09-13 21:10:16.000000000 +0900
+++ config/email.yml	2009-10-08 21:27:32.000000000 +0900
@@ -3,12 +3,9 @@
 production:
   delivery_method: :smtp
   smtp_settings:
-    address: smtp.example.net
+    address: localhost
     port: 25
-    domain: example.net
-    authentication: :login
-    user_name: redmine@example.net
-    password: redmine
+    domain: localhost

 development:
   delivery_method: :smtp



3-3. データベースを初期化します。


% rake db:migrate RAILS_ENV=production
% rake load_default_data RAILS_ENV=production

ja を選択。

3-4. Apache が書き込めるように、other に write 権限をつけます。


% chmod -R o+w .


4. Redmine を起動します。http://localhost:3000/ でアクセスできたら成功です。


% ./script/server -e production


自動起動と URL の設定手順



Redmine を毎回手動で起動するのはかっこ悪いので、自動起動するように
設定を行います。

さらに、http://localhost:3000/ ではなく、http://localhost/redmine/
でアクセス出来るようにします。

1. Synaptic パッケージマネージャから libapache2-mod-passenger をインストールします。



2. root になって、以下のシンボリックリンクを貼ります。


# ln -s ~masutaka/public_html/redmine-0.8.5/public /var/www/redmine


3. mod-passenger の設定ファイルを以下のように修正します。


--- /etc/apache2/mods-available/passenger.conf.default  2009-08-20 05:33:57.000000000 +0900
+++ /etc/apache2/mods-available/passenger.conf  2009-10-08 23:27:10.000000000 +0900
@@ -1,4 +1,5 @@
 <IfModule mod_passenger.c>
   PassengerRoot /usr
   PassengerRuby /usr/bin/ruby
+  RailsBaseURI /redmine
 </IfModule>



4. Apache を再起動します。http://localhost/redmine/ でアクセスできたら成功です。


# /etc/init.d/apache2 restart


2,3,4 は http://tech.lampetty.net/tech/index.php/archives/276
参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

追記(2009-10-10):
データベースに MySQL を使用する方法も検討しました。[2009-10-10-1]

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2009-10-04 (日)

Web ブラウザに表示されている画面を直接編集する方法 [Firefox]

これはすごい。Web ブラウザのアドレスバーに以下を入力し Enter すると、
今表示されている内容を直接編集できる。Firefox 3.0.14 と IE8 で出来
ることを確認した。

javascript:document.body.contentEditable='true'; document.designMode='on'; void 0



WEBブラウザーに表示されている画面を直接編集する方法 - sanonosa システム管理コラム集

追記(2009-10-04):
戻す方法はないものかなあ。'false' と 'off' では出来なかった。

追記(2009-10-17):
「戻す方法」というのは、「編集モードから閲覧モードに戻す方法」のこ
とです。端折った書き方ですみませんでした。もう少し楽な方法が見つかっ
たので、以下に追記します。

IE では、以下を入力し Enter すると編集状態を保ったまま閲覧モードに
戻せますが、Firefox ではそれができません。

javascript:document.body.contentEditable='false'; document.designMode='off'; void 0



はてなブックマークからの情報によると、Firefox の Page Hacker アドオ
を使えば閲覧モードに戻せることが分かりました。編集モードへの移行
もこのアドオンで出来ます。

2009-10 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

最終更新時間: 2017-03-24 14:34

検索
最近の話題
- 2017-03-21
  ローカル環境を出来るだけ Dockerize した
- 2017-03-12
  JAWS UG 2017 に行ってきた #jawsdays
- 2017-03-02
  DynamoDB で TTL が実装されたので、Rails4 から使ってみた
- 2017-02-26
  git-hyper-blame のセットアップ方法と使い方
- 2017-02-25
  18 年 4 カ月使った au を解約して IIJmio に乗り換えた
- 2017-02-21
  第18回Elasticsearch勉強会に参加してきた #elasticsearchjp
- 2017-01-27
  同じ Ajax 処理を Vue.js と jQuery で書いてみた
最近追記された記事
- 2017-03-02-1 (21日前)
- 2017-02-25-1 (26日前)
- 2017-02-21-1 (30日前)
- 2015-06-07-1 (36日前)
- 2016-10-19-1 (45日前)
- 2016-01-01-1 (57日前)
- 2015-01-04-1 (66日前)
- 2015-06-07-1 (86日前)
- 2016-12-10-1 (104日前)
- 2016-11-05-1 (112日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (17)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (3)
- Book (85)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- C (26)
- capistrano (3)
- chalow (56)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (7)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (2)
- E-mail (8)
- elasticsearch (4)
- Emacs (219)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (1)
- Game (19)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (15)
- Go (5)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (2)
- Heroku (9)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPhone (15)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (18)
- Linux (5)
- Mackerel (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (1)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (11)
- Rake (2)
- RaspberryPi (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- Rspec (1)
- Ruby (48)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Twitter (14)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (25)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (14)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
Google+