2010-06 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2010-06-24 (木)

『メールの超プロが教えるGmail仕事術』を読んだ [Book]



どちらかというと Gmail 初心者向けの本。大量のメールの仕分け方や、ス
パム対策などがサラリと書いてあって読みやすい。個人的にはスパムフィ
ルターオフの方法が参考になった。

2010-06-20 (日)

今週の買い物

ウェーブチェア 5G




PC のモニターをテレビにしたら [2010-05-30-1] 腰が痛くなってきたので、
座椅子を買いました。ソファーを買うまでもないけど、普通の座椅子は安っ
ぽくて嫌、という方にお勧めです。

作りがしっかりしていますし、頭、腰、脚部がそれぞれ、5,14,14 段階リ
クライニングするので、一番楽な姿勢になれます。ただ、腰の部分に隙間
ができるので、クッション等あてないと疲れるかもしれません。

似た商品のウェーブチェア FG は、「床面がフローリングや畳で使用する
場合、ジュータンやカーペット等の敷物をしいてください。」とのことな
ので、注意した方が良いです。ウェーブチェア 5G は「床へのキズ防止も
バッチリ!」なので、問題ありません。


ウエーブチェア座椅子用カバー(ベージュ)




「ウェーブチェア 5G」の表面の生地は取り外しができないので、汚れ対策
のためカバーも購入しました。麻っぽい質感で肌触りがよいです。

問題は、付けるとダサくなることでしょうか...。元の座椅子はそこそこお
しゃれなデザインなので、少し残念です。


SanDisk 2GB microSD カード SD アダプタ付 バルク品



W51CA 用に買いました。メーカー保証のないバルク品ですが、大した用途
には使わないので安さ重視にしました。SD アダプタ付きで ¥600 は安い!


ロジクール ワイヤレスマウス M505 ライトシルバー M505LS



[2010-05-30-1] のマウスが使いやすいので、会社用にもう一台買いました。
色まで同じです。ヨドバシより Amazon の方が ¥1,000 くらい安かったです。

「Anthy の変換精度を上げる方法」を試した [Anthy]

適当に… » Blog Archive » Anthyの変換精度を上げる方法

Anthy がバカユニークな変換をするのは、物忘れをしやすいからみたいで
す。早速設定しました。しばらく様子を見ることにします。

# su -
# chattr +a ~masutaka/.anthy/last-record2_default.utf8



"man chattr" によると、chattr は「Linux 第 2 拡張ファイルシステム
(ext2fs) 上にある ファイルの属性 (attribute) を変更する」コマンドだ
そうです。ファイルに圧縮属性を付けたり、root でも消せないファイルを
作れたり、面白そうなコマンドです。

属性の確認は lsattr で行います。ユーザ権限でも実行できます。

% lsattr
-----a------------- ./last-record2_default.utf8
------------------- ./lock-file_default
------------------- ./private_words_default
------------------- ./last-record1_default.utf8



~/.anthy 以下のファイルの説明は Anthy wiki - FAQ にあります。

元になったツイートです。ありがとうございます。


Debian squeeze で Windows キーを GNOME メインメニュー表示に割り当てる [Debian]

$HOME を掃除したら、Windows キーを「GNOME メインメニュー」の表示に
割り当てられなくなりました。どうやら squeeze から変更されたようです。
たまたま某サイトで方法が分かったので、メモします。

1. 「GNOME メインメニュー」→「システムツール」→
   「設定エディタ(gconf-editor)」を起動する。

2. /apps/metacity/global_keybindings/panel_main_menu を右クリックし
   て「キーの編集」を選び「値」欄に Super_L と入力する。

設定エディタは Windows のレジストリエディタと似たようなものだそうで
す。そのため、できるだけ GNOME アプリケーションが用意する設定インター
フェースを使用すべきです。

今回の場合だと GNOME が用意する設定インターフェースは「GNOME メイン
メニュー」→「システム」→「設定」→「キーボード・ショートカット」
になります。

過去の記事を検索したら [2005-11-07-1][2007-03-11-3] を見つけま
した。「Windows キー」→「C-p」でメニューを辿れるのは良いですね。
早速設定しました。

2010-06-19 (土)

「Emacs23.2が更に1ビット稼いだ秘密」の自分用メモ [Emacs]

Emacs23.2が更に1ビット稼いだ秘密 — ありえるえりあ」の理解に時間
がかかったので、自分用にメモしておく。

Emacs23.1 の enum Lisp_Type は以下のように定義されていた。

000Lisp_Int
001空き
010Lisp_Symbol
011Lisp_Misc
100Lisp_String
101Lisp_Vectorlike
110Lisp_Cons
111Lisp_Float
enum Lisp_Type は オブジェクト変数(でいいのかな?) 32bit のうち、
下位 3bit に対応する。

Lisp_Int(= 下位 3bit 全てがゼロ)の時は、整数オブジェクトと判断する。
この場合、残り 29bit を符号と整数長として使える。

printf("Emacs23.1(%0.0fMB)\n", ((double)(0xffffffff >> (3 + 1)) / 1024 / 1024));
=> Emacs23.1(256MB)


整数長を計算すると 256MB になる。これが Emacs23.1 での最大バッファ
サイズ。

Emacs23.2 から enum Lisp_Type はこのように変更された。

000Lisp_Int0★変更
001Lisp_String★変更
010Lisp_Symbol
011Lisp_Misc
100Lisp_Int1★変更
101Lisp_Vectorlike
110Lisp_Cons
111Lisp_Float
整数オブジェクトを 2 つ (Lisp_Int0 と Lisp_Int1。両者は同じ意味) に
増やし、メンバーの並びを変えた。

これにより、下位 2bit がゼロかどうかで、整数オブジェクトと判断でき
るようになった。残り 30bit を符号と整数長として使える。

printf("Emacs23.2(%0.0fMB)\n", ((double)(0xffffffff >> (2 + 1)) / 1024 / 1024));
=> Emacs23.2(512MB)


同じように整数長を計算すると 512MB になる。これが Emacs23.2 での最
大バッファサイズ。

StatusNet API のパスを Twitter と同じにする方法 [StatusNet][Apache]

[2010-05-16-1] の補完です。

今回の記事は元々、twittering-mode で StatusNet を使うために書きまし
た。しかし、twittering-mode 側の修正で対応することにしたので、私は
今現在設定していません。ニッチな層向けに残しておくことにします。

Identifox, twittering-mode, TweetDeck 以外に使えるクライアントがあ
れば、教えて下さい!

さて、説明に入ります。

statusnet は http://example.com/statusnet/ に構築し、
[2010-04-18-3] の Fancy URLs の設定を行ったものとします。

StatusNet の API は Twitter-compatible です。
ただし、[2010-05-16-1] で書きましたが、API の URL は少し異なります。

何らかの事情で Twitter クライアントを修正できない場合でも、Twitter
とパスを同じにすれば使えるかもしれません。Apache の mod_rewriteで置
換してみましょう。

※ /var/www は Debian における、Apache の DocumentRoot です。

/var/www/.htaccess


以下を設定します。

<IfModule mod_rewrite.c>
  RewriteEngine On
  RewriteBase /
  RewriteRule ^1/(.*)$ statusnet/api/$1
  RewriteRule ^search(.*)$ statusnet/api/search$1
</IfModule>


1 つ目の RewriteRule で http://example.com/1/* へのアクセスを、
http://example.com/statusnet/api/* に切り替えています。
この設定は必須です。

2 つ目の RewriteRule では検索時にアクセスする
http://example.com/search*
http://example.com/statusnet/api/search* に切り替えています。

/var/www/statusnet/.htaccess


[2010-04-18-3] の設定も込みのパッチを貼り付けておきます。

--- /var/www/statusnet/htaccess.sample	2010-05-04 04:27:44.000000000 +0900
+++ /var/www/statusnet/.htaccess	2010-05-08 22:03:29.000000000 +0900
@@ -7,7 +7,7 @@
   #   http://example.com/        => /
   #   http://example.com/mublog/ => /mublog/
   #
-  RewriteBase /mublog/
+  RewriteBase /statusnet/

   ## Uncomment these if having trouble with API authentication
   ## when PHP is running in CGI or FastCGI mode.
@@ -15,6 +15,9 @@
   #RewriteCond %{HTTP:Authorization} ^(.*)
   #RewriteRule ^(.*) - [E=HTTP_AUTHORIZATION:%1]

+  # for twitter client
+  RewriteRule (.*)/status/(.*)$ notice/$2 [R=301,L]
+
   RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
   RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
   RewriteRule (.*) index.php?p=$1 [L,QSA]


各ツイートへの URL を変更する設定です。
http://example.com/statusnet/<アカウント>/status/<ツイート番号> へ
のアクセスを、http://example.com/statusnet/notice/<ツイート番号> に
リダイレクトする設定です。

本当は /var/www/.htaccess に書きたかったのですが、うまくいきません
でした。

2010-06-11 (金)

『武士道』を読んだ [Book]



2010.4.17 購入。武士道が大衆にも広まった経緯のあたりは興味深かった。
明治の本だけど外国人向けに書かれた本なので、それほど読みづらくない。
訳も良いのかな。

2010-06-06 (日)

『ちょいデキ!』を読んだ [Book]



http://chalow.net/2009-05-17-3.html で知って、2010.4.17 に購入した。
これも読みやすかった。二日で読めた。凡人のためのちょっとした仕事術
が Q&A 形式でまとまっている。

2010-06-03 (木)

『はじめての課長の教科書』を読んだ [Book]



http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50995105.html で知って、
2010.4.17 に購入した。読みやすかった。中間管理職向けの本って他にな
いと思う。

2010-06 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

最終更新時間: 2017-10-16 09:15

検索


最近の話題
- 2017-10-15
  golang の並列処理を Ruby と比較しながら学ぶ
- 2017-09-24
  『応仁の乱』を読んだ
- 2017-08-31
  ZenHub と GitHub の Issue/PR URL をトグルするブックマークレットを作った
- 2017-08-07
  github-nippou v3.0.0 released
- 2017-08-02
  『サーバーレスシングルページアプリケーション』を読んだ
- 2017-07-10
  emacs-helm の標準添付から外された helm-elscreen を Melpa に追加した
- 2017-07-05
  WEB+DB PRESS Vol.99の「実践Kubernetes」の第4章でつまづいたメモ #wdpress
最近追記された記事
- 2017-06-02-1 (107日前)
- 2017-04-29-1 (169日前)
- 2017-04-13-1 (183日前)
- 2017-04-13-1 (185日前)
- 2017-03-02-1 (227日前)
- 2017-02-25-1 (232日前)
- 2017-02-21-1 (236日前)
- 2015-06-07-1 (242日前)
- 2016-10-19-1 (251日前)
- 2016-01-01-1 (263日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (19)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (3)
- Book (88)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- capistrano (4)
- chalow (56)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (10)
- clang (26)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (3)
- E-mail (8)
- elasticsearch (4)
- Emacs (220)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (1)
- Game (20)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (17)
- golang (6)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (3)
- Heroku (9)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPhone (15)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (19)
- Linux (6)
- Mackerel (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (1)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (12)
- Rake (2)
- RaspberryPi (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- Rspec (1)
- Ruby (50)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Twitter (14)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (25)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (15)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
Google+