2011-09 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2011-09-30 (金)

『あしたのジョー』を観た [Video]



原作は見たことないんだけど、香川さんの段平を見たくて観た。
時系列がかなり崩されていた気がするけど、どうなんだろう?

伊勢谷さんの軽量シーンはぜったい CG だろと思ったらガチだった。すげ〜
山下君の体の作り込みもハンパないっす。

でも一番の見せ場は段平がサンドバック叩くシーンで決まり(笑)。堂に入っ
ています。

Redmine-1.2.1 にインストールしたプラグインやテーマ達 [Redmine]

自分用のメモです。ruby-enterprise-1.8.7-2011.03 をインストールした
CentOS-5.6 上で Redmine-1.2.1 を動かしてます。
Redmine 1.2をCentOS5.6にインストールする手順 | Redmine.JP Blog

インストールしたプラグイン



action_mailer_optional_tls


Ruby-1.8 では TLS を使ったメール送信をサポートされていないので、
Gmail から SMTP 送信したい場合は必須。インストールして動作確認まで
したが、今は使ってない。

ics export


Google カレンダーに Redmine のチケットを表示できるプラグイン。イン
ストールすると、チケット、ガントチャート、カレンダーに iCalendar の
URL が表示される。便利。

iCalendar のフォーマットは管理→プラグインから変更できる。
私は Issue rendering as を full time event にした。

例によって Google カレンダーは fetch が遅いので、可能ならカレンダー
アプリに直接 iCalendar の URL を登録した方がよい。iPhone にはなぜか
登録できなかった。なぜだ!?

Code Review


push された commit に対して、コードレビューできるプラグイン。

# (cd vendor/plugins && unzip redmine_code_review-0.4.3.zip)
# chown -R apache:apache vendor/plugins/redmine_code_review
# /usr/local/ruby-enterprise/bin/rake db:migrate_plugins RAILS_ENV=production
# /etc/init.d/httpd graceful


Gompertan


メニューバーの「チケット推移」から、ゴンペルツ曲線を確認できる。

# (cd vendor/plugins && unzip gompertan_plugin-foxtrot-100914.zip)
# chown -R apache:apache vendor/plugins/gompertan_plugin
# /usr/local/ruby-enterprise/bin/rake db:migrate_plugins RAILS_ENV=production
# /etc/init.d/httpd graceful


ニコニコカレンダー


メニューバーの「ニコカレ」から、メンバーのその日の気分や体調を
確認&記録できるプラグイン。日本語でコメントすると文字化けする。。

# /usr/local/ruby-enterprise/bin/ruby script/plugin install git://github.com/YukiKita/redmine_niko_cale.git
# chown -R apache:apache vendor/plugins/redmine_niko_cale
# /usr/local/ruby-enterprise/bin/rake db:migrate_plugins RAILS_ENV=production
# /etc/init.d/httpd graceful


Good Job


完了したチケットに、"Good Job!" の Water Mark を付けるだけのプラグ
イン。チームの士気向上に役に立つ?

# mkdir vendor/plugins/redmine_good_job
# cd vendor/plugins/redmine_good_job
# unzip redmine_good_job-0.0.1.1.zip
# chown -R apache:apache .
# cd ../../..
# /usr/local/ruby-enterprise/bin/rake db:migrate_plugins RAILS_ENV=production
# /etc/init.d/httpd graceful


Hudson


Jenkins(旧名 Hadson) と連携するプラグイン。

# /usr/local/ruby-enterprise/bin/ruby script/plugin install http://r-labs.googlecode.com/svn/trunk/plugins/redmine_hudson/
# chown -R apache:apache vendor/plugins/redmine_hudson
# /usr/local/ruby-enterprise/bin/rake db:migrate_plugins RAILS_ENV=production
# /etc/init.d/httpd graceful

ジョブの詳細表示の日本語が全て ??? になります。
Jenkins 側に問題があるようですが、未だ直らないようです。

Task Board


選択したバージョンのチケットを「かんばん」っぽく表示してくれるプラ
グイン。ロードマップを使っていれば、インストールするのがオススメ。

# /usr/local/ruby-enterprise/bin/ruby script/plugin install git://github.com/daipresents/redmine_task_board.git
# chown -R apache:apache vendor/plugins/redmine_task_board
# /etc/init.d/httpd graceful


Wiki Extensions


Redmine の Wiki を使うなら、これは絶対入れた方がよい。チケットや
Wiki の自動プレビュー機能もある。コメントを書き込むと文字化けるのは残念。

# (cd vendor/plugins && unzip redmine_wiki_extensions-0.3.8.zip)
# chown -R apache:apache vendor/plugins/redmine_wiki_extensions
# /usr/local/ruby-enterprise/bin/rake db:migrate_plugins RAILS_ENV=production
# /etc/init.d/httpd graceful


Drafts


書きかけのチケット(新規作成or更新)を自動保存してくれます。うっかり
ページ移動してしまったり、ブラウザがクラッシュしたりして、ドラフト
がパーになった経験のある人はインストールした方がよいでしょう。イン
ストールするだけで使えます。設定不要です。

# /usr/local/ruby-enterprise/bin/ruby script/plugin install git://github.com/jbbarth/redmine_drafts.git
# chown -R apache:apache vendor/plugins/redmine_drafts
# /usr/local/ruby-enterprise/bin/rake db:migrate_plugins RAILS_ENV=production
# /etc/init.d/httpd graceful


その他


redmine_workflow_viz もインストールしたかったけど、

# /usr/local/ruby-enterprise/bin/gem install rmagick

したら Magick-config を要求されたので

# yum install ImageMagick-devel.i386

したら ImageMagick 6.4.9 以上を要求されたので、面倒になり終了。

インストールしたテーマ



日本語環境で読みやすい Redmine 用テーマ「farend basic」


そのまんま。チケット表示一覧を色分けして表示してくれたりもする。

# cd public/themes
# tar xzf redmine_theme_farend_basic_20110523.tgz
# chown -R apache:apache farend_basic


今後やりたいこと


- チケットにタグを付けられるようにする。
- 担当でないチケットの更新を禁止する。

参考 URL


Redmineに入れたプラグイン一覧part3: プログラマの思索
Redmineに入れたプラグイン一覧part2: プログラマの思索
Redmineに入れたプラグイン一覧: プログラマの思索
r-labs - 概要 - Redmine

追記(2012-01-08):
Hudson Plugin を追加しました。

追記(2012-02-20):
Wiki Extensions Plugin を追加しました。

2011-09-28 (水)

ターミナルの zsh と Emacs を風のように駆け抜ける! [Emacs][zsh][勉強会]

福岡Emacs 行ってきました!

Mew 関係者がお二人(@nom4476 @moepanda)もいらっしゃったり、Vim 使い
が 1/3 くらい占めていて案外新鮮だったり、ワールドカフェという対話手
法に感心したり(残念ながら時間切れで途中で退席しましたが)で、とって
も楽しかったです!

嬉しかったことは @moepanda さんにお会いできたことと、@nom4476 さん
が「このブログ読んでますよ」と仰ってくれたこと。うれしはずかし...(*^^*)

私も「Langrich社でのEmacs活用、langrich.el」というお題でデビューを
飾ることが出来ました。8888

それぞれの発表も面白かったのですが、一番気になったのが発表の中でど
なたかが、ターミナルの現在のディレクトリを dired で開いたり、Emacs
の現在のバッファに対応するディレクトリをターミナルで開いたりしてい
たことでした。

どなたか忘れてしまったのですが、試しにツイートしてみたら @nom4476
さんが gist に置いてくださいました。



Gist のコードはこちら。



かる〜く解説。

- dired()
ターミナル上の zsh で dired とタイプすると、現在のディレクトリを
dired で開いてくれます。

- cde()
同じく cde とタイプすると、Emacs の現在のバッファに対応するディレク
トリをターミナル上の zsh で開いてくれます。

※ emacsclient 使っているので、~/.emacs とかに (server-start) を書
いておく必要があります。

でも elscreen 使っていると、cde() が動きません。elscreen が frame
情報を書き換えているためのようです。なんとしてでも動かしたかったの
で、風邪をおして(笑)頑張ってハックしました。

ついでに @Dubhead さんの修正も dired() に含めました。("dired .." と
か "dired usr/local" とか出来るようになります。)



合わせて Quicksilver の Triggers を使えば、dired() や cde() した後
に簡単にフォーカスを切り替えられます。

関連 URL (?) :
風になりたい奴だけが Emacs を使えばいい。 - 日々、とんは語る。

追記(2011-10-10):
kiwanami さんのブログが更新されたので、追記します。
fukuoka-emacs 0x03 やりました - 技術日記@kiwanami

追記(2011-10-11):
私を含めた全員分のポジションペーパーは google docs にあります。

追記(2011-10-27):
@syohex さんがもう少し厳密に取り出すように改良してくれました。
cdeを改良 - Life is very short

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2011-09-14 (水)

『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』を読んだ [Book]



こんな本が出てたとは。。。

荒木先生が影響を受けた約 100 本のホラー映画を、先生御自ら解説してい
る。荒木飛呂彦ファンまたはホラー映画ファンなら読むべし。

私はホラー映画ファンではないけれども、ジョジョのあのシーンはこの映
画を参考にしたのかな?などと想像しながら読めたので楽しかった。バオー
来訪者の話もちょろっと出てたよ。

そして最後の締めがまた素晴らしかった。ブラボー! おお…ブラボー!!

2011-09-06 (火)

Twitter で公式 RT の数が 100 を超えたツイートの、ユーザ一覧を取得する方法 [Twitter]



公式 RT の数が 100 を超えると、http://twitter.com/ ではユーザ一覧は
おろか、数も分からなくなります。

http://favstar.fm/ では一見取得できていそうですが、漏れがあることが
ありますし、テキストのユーザ一覧を取得するのは面倒そうです。

いろいろ調べた結果、以下の方法が良さそうです。(もっと良い方法があれ
ば教えて下さい。)

1. TweetID を確認



http://twitter.com/curiousir/status/105930346717126656


この場合は 105930346717126656 です。

2. ユーザ一覧を取得



Twitter でログインした状態で、以下の URL にアクセスすると
公式 RT した、100 名までのアカウント情報を取得できます。
http://api.twitter.com/1/statuses/105930346717126656/retweeted_by.xml?count=100&page=1

page を増やしていけば、101 名以上も取得できます。
http://api.twitter.com/1/statuses/105930346717126656/retweeted_by.xml?count=100&page=2

上の例では公式 RT の数が 175 なので、page=3 はありません。
また、count の Max 値は 100 です。それ以上は指定できません。

3. screen_name の抽出



あとは適当に screen_name を抽出して下さい。
<screen_name>
masutaka
</screen_name>

参考 URL:
GET statuses/:id/retweeted_by | Twitter Developers
http://watcher.moe-nifty.com/memo/docs/twitterAPI.txt

2011-09-04 (日)

Emacs For Mac OS X に ElScreen と APEL をインストールする方法 [Emacs][OSX]

インターン生に無理矢理が Emacs を使い始めました。

タブ機能を使いたいとのことだったので、ElScreen をインストールしても
らおうとしたら、APEL が必要でした。インストール方法を一言で説明する
のは難しいので、彼向けのブログ記事を書くことにしました。

Emacs は GNU Emacs For Mac OS X からダウンロードしたものを使ってい
ます。

1. APEL のダウンロード



http://kanji.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~tomo/elisp/APEL/ から APEL-10.8
をダウンロードします。

2. APEL の展開とインストール



以下のとおりにコマンドを打てば、インストール出来ると思います。

% tar xvzf apel-10.8.tar.gz
% cd apel-10.8
% make PREFIX=$HOME/.emacs.d EMACS=/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs LISPDIR=$HOME/.emacs.d/elisp VERSION_SPECIFIC_LISPDIR=$HOME/.emacs.d/elisp23
% make PREFIX=$HOME/.emacs.d EMACS=/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs LISPDIR=$HOME/.emacs.d/elisp VERSION_SPECIFIC_LISPDIR=$HOME/.emacs.d/elisp23 install
% (cd $HOME/.emacs.d/elisp && mv apel .apel-10.8 && ln -s .apel-10.8 apel)
% (cd $HOME/.emacs.d/elisp23 && mv emu .apel-10.8 && ln -s .apel-10.8 emu)


3. ElScreen のダウンロード



http://www.morishima.net/~naoto/elscreen-ja/ から elscreen-1.4.6 を
ダウンロードします。

4. ElScreen の展開とインストール



ElScreen のインストールは簡単です。

% cd $HOME/.emacs.d/elisp
% tar xvzf elscreen-1.4.6.tar.gz
% mv elscreen-1.4.6 .elscreen-1.4.6
% ln -s .elscreen-1.4.6 elscreen


5. ~/.emacs の設定



~/.emacs に以下を追記します。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;; Path
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

(defconst my-elisp-directory "~/.emacs.d/elisp" "The directory for my elisp file.")

;; 指定したディレクトリリスト以下を load-path に追加。
(dolist (dir (let ((dir (expand-file-name my-elisp-directory)))
	       (list dir (format "%s%d" dir emacs-major-version))))
  (when (and (stringp dir) (file-directory-p dir))
    (let ((default-directory dir))
      (add-to-list 'load-path default-directory)
      ;; カレントディレクトリ以下全て load-path に追加する。
      ;; パスを通したくないディレクトリには、.nosearch という
      ;; ファイルを置く。ディレクトリ RCS と CVS は追加しない。
      (normal-top-level-add-subdirs-to-load-path))))

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;; ElScreen
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

(require 'elscreen)


『もののけ姫』と『塔の上のラプンツェル』を観た [Video]


ちょっと前に観たので、感想を忘れてしまった。。。
みんな頑丈だなあという印象が残ったくらい。。。



むかーし、グリム童話か何かで読んだことがあり、懐かしさのあまり観る
ことにした。話題にもなってたしね。で、感想。

- 髪の毛活躍しすぎ。
- CG リアリティありすぎ。

ミュージカル要素も入っているから、日本語化大変だったんだろうな。

ラプンツェルの声はしょこたんがやってた。なるほど〜
自然で悪くなかった。

原作はもっとグロいストーリーだったよなあと調べてみたら、案の定そう
だった。結構キツイ。

ラプンツェル - wikipedia

2011-09-01 (木)

ワインメモ「シャトー・レ・モーラン」 [Wine]

画像
シャトー・レ・モーラン
原産国: フランス

フィリピンに持って行って、@maru_yohei とおいしく飲んだ。
今回は辛口。このくらい辛いのも好き。安い割においしかった。

てか、牛タンを丸ごと買って、@maru_yohei が捌いてくれたことの方が
強烈に印象に残っているw

2011-09 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

最終更新時間: 2017-06-24 11:36

検索
最近の話題
- 2017-06-02
  AWS Summit Tokyo 2017 に行ってきた #AWSSummit
- 2017-05-28
  GitHub Organization をメンテナンスするスクリプトを作った
- 2017-04-29
  Docker ではないコンテナ systemd-nspawn を使ってみた
- 2017-04-16
  CircleCI 2.0 で capistrano デプロイしてみた
- 2017-04-15
  CircleCI 2.0 をローカルで実行できる circleci コマンドとは何者か
- 2017-04-13
  Rails リポジトリに CircleCI 2.0 を導入した
- 2017-04-08
  PS4 Pro と LG の 4K テレビ 43UH6500 で nasne は使えるのか?
最近追記された記事
- 2017-04-29-1 (55日前)
- 2017-04-13-1 (69日前)
- 2017-04-13-1 (71日前)
- 2017-03-02-1 (113日前)
- 2017-02-25-1 (118日前)
- 2017-02-21-1 (122日前)
- 2015-06-07-1 (128日前)
- 2016-10-19-1 (137日前)
- 2016-01-01-1 (149日前)
- 2015-01-04-1 (158日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (18)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (3)
- Book (85)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- C (26)
- capistrano (4)
- chalow (56)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (10)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (3)
- E-mail (8)
- elasticsearch (4)
- Emacs (219)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (1)
- Game (20)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (16)
- Go (5)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (3)
- Heroku (9)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPhone (15)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (19)
- Linux (6)
- Mackerel (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (1)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (12)
- Rake (2)
- RaspberryPi (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- Rspec (1)
- Ruby (49)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Twitter (14)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (25)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (14)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
Google+