2014-06 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2014-06-08 (日)

アジャイル開発を経験して『アジャイルサムライ』を再読した [Book]



[2013-01-10-1]から約1年半。アジャイル開発をそこそこ経験したので、再
読しました。

気になったところをざっと引用。


P70
弟子: もしも、そうした方々にインセプションデッキを作るための時間を
割いてもらえないとか、質問にも答えられないほど忙しい場合、私はどう
すべきでしょうか?

センセイ: まずはそのことを喜ぶがよい。なぜならお前はプロジェクトの
最初の重大なリスクを発見したのだから。

難しい問題だよね。

P94
プロジェクトの今の段階で、誰が決断を下すのかということを確認してお
けば、後で起きることになるであろうさまざまな混乱を防ぐことが出来る。

重要。

P131
「相対サイズで見積もる」というシンプルな原則がアジャイルな見積りと
計画づくりの真髄だ。

無意識にやってて忘れてたけど、改めて認識。

P161
個人の生産性を測るのは、プロジェクトマネジメントのダークサイドへの
道だ。
個人の生産性を測ると、バグと手戻りと思い違いが増える。一方、強調し
ようとかスキルを伸ばそうとか知見を共有しようとかいった態度は薄れて
いく。各人がなんとしてでも自分自身の生産性を確保しようと躍起になる
からだ。

ケースバイケースだけど、そういう傾向にはなりやすくなると思う。

P170
プロジェクトが既に始まっているのなら、インセプションデッキのすべて
の課題をこなす必要はないかもしれないが、少なくとも次の5つの質問に
はチーム全員が答えられなきゃまずい。

・このプロジェクトにいるのはなぜ?
・成し遂げようとしていることは何?
・顧客は誰?
・解決すべき主要な課題は何?
・最終決断を下すのは誰?

このへんは使えそう

P214
つまり私からのアドバイスはこうだ。毎日、チームのみんなに「今日、私
はこれをやります」とコミットメントを表明するんだ。これを続けていけ
ば、自分でもびっくりするぐらい実際に仕事をやり遂げられるようになっ
ていくはずだ。

これは明日からやる。

P216
アジャイルサムライには、ストーリーが半分終わったとか、4分の3終わ
らせたとか、8割完了したなどいったことは無いのだ。ストーリーは完了
したか、していないか。そのどちらかだ。

そうね。

P291
アジャイルソフトウェア開発宣言

プロセスやツールよりも個人と対話を、
包括的なドキュメントよりも動くソフトウェアを、
契約交渉よりも顧客との協調を、
計画に従うことよりも変化への対応を、

改めて。

2014-06 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

最終更新時間: 2020-10-25 16:12 JST

検索


最近の話題
- 2020-09-03
  Looker User Meetup in Tokyo #4(BEACON Japan 前夜祭)に参加した #lookermeetup
- 2020-09-02
  CircleCI の orb を fork して PR を送る前の動作確認方法
- 2020-08-21
  テレビ用に HDMI 切替器を買った
- 2020-08-16
  Emacs-27.1 がリリースされたので elscreen.el を tab-bar.el に移行した
- 2020-08-14
  Chromecast を第1世代から第3世代に買い替えた
- 2020-07-24
  何年も続いている私の Emacs パッケージ管理方法
- 2020-07-17
  Android の HTTP Shortcuts アプリで Slack Status 変更と勤怠打刻をいい感じにする
最近追記された記事
- 2014-11-02-2 (218日前)
- 2020-01-22-1 (224日前)
- 2019-02-11-1 (398日前)
- 2019-02-03-1 (398日前)
- 2019-01-28-1 (398日前)
- 2019-02-03-1 (440日前)
- 2018-11-28-1 (454日前)
- 2019-05-07-1 (534日前)
- 2018-04-30-1 (549日前)
- 2018-01-28-1 (561日前)
カテゴリ
- Android (2)
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (24)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (4)
- Book (109)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- capistrano (4)
- chalow (57)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (12)
- clang (26)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (5)
- E-mail (9)
- elasticsearch (4)
- Emacs (225)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (2)
- Game (21)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (23)
- golang (11)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (7)
- Heroku (21)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iOS (1)
- iPad (1)
- iPhone (17)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (24)
- Linux (7)
- Mackerel (1)
- macOS (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (2)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (13)
- Rake (2)
- RaspberryPi (2)
- Redash (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- RSpec (2)
- Ruby (54)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (4)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Terraform (3)
- Twitter (15)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (26)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (19)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2020 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12