2010-06-19 (土)

StatusNet API のパスを Twitter と同じにする方法 [StatusNet][Apache]

[2010-05-16-1] の補完です。

今回の記事は元々、twittering-mode で StatusNet を使うために書きまし
た。しかし、twittering-mode 側の修正で対応することにしたので、私は
今現在設定していません。ニッチな層向けに残しておくことにします。

Identifox, twittering-mode, TweetDeck 以外に使えるクライアントがあ
れば、教えて下さい!

さて、説明に入ります。

statusnet は http://example.com/statusnet/ に構築し、
[2010-04-18-3] の Fancy URLs の設定を行ったものとします。

StatusNet の API は Twitter-compatible です。
ただし、[2010-05-16-1] で書きましたが、API の URL は少し異なります。

何らかの事情で Twitter クライアントを修正できない場合でも、Twitter
とパスを同じにすれば使えるかもしれません。Apache の mod_rewriteで置
換してみましょう。

※ /var/www は Debian における、Apache の DocumentRoot です。

/var/www/.htaccess


以下を設定します。

<IfModule mod_rewrite.c>
  RewriteEngine On
  RewriteBase /
  RewriteRule ^1/(.*)$ statusnet/api/$1
  RewriteRule ^search(.*)$ statusnet/api/search$1
</IfModule>


1 つ目の RewriteRule で http://example.com/1/* へのアクセスを、
http://example.com/statusnet/api/* に切り替えています。
この設定は必須です。

2 つ目の RewriteRule では検索時にアクセスする
http://example.com/search*
http://example.com/statusnet/api/search* に切り替えています。

/var/www/statusnet/.htaccess


[2010-04-18-3] の設定も込みのパッチを貼り付けておきます。

--- /var/www/statusnet/htaccess.sample	2010-05-04 04:27:44.000000000 +0900
+++ /var/www/statusnet/.htaccess	2010-05-08 22:03:29.000000000 +0900
@@ -7,7 +7,7 @@
   #   http://example.com/        => /
   #   http://example.com/mublog/ => /mublog/
   #
-  RewriteBase /mublog/
+  RewriteBase /statusnet/

   ## Uncomment these if having trouble with API authentication
   ## when PHP is running in CGI or FastCGI mode.
@@ -15,6 +15,9 @@
   #RewriteCond %{HTTP:Authorization} ^(.*)
   #RewriteRule ^(.*) - [E=HTTP_AUTHORIZATION:%1]

+  # for twitter client
+  RewriteRule (.*)/status/(.*)$ notice/$2 [R=301,L]
+
   RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
   RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
   RewriteRule (.*) index.php?p=$1 [L,QSA]


各ツイートへの URL を変更する設定です。
http://example.com/statusnet/<アカウント>/status/<ツイート番号> へ
のアクセスを、http://example.com/statusnet/notice/<ツイート番号> に
リダイレクトする設定です。

本当は /var/www/.htaccess に書きたかったのですが、うまくいきません
でした。

2010-04-13 (火)

Debian squeeze での mod_rewrite 有効方法 [Apache][Debian]

http://localhost/hoge/ で .htaccess から mod_rewrite を使う方法。

root になって a2enmod で有効にする。

# a2enmod rewrite


これだけで使えない場合は、.htaccess の読み込みが許可されていない場
合が多い。というか私がそうだった。

/etc/apache2/sites-available/default を以下のように修正。

修正前

<Directory /var/www/>
	Options Indexes FollowSymLinks MultiViews
	AllowOverride None
	Order allow,deny
	allow from all
</Directory>


修正後

<Directory /var/www/>
	Options Indexes FollowSymLinks MultiViews
	AllowOverride FileInfo Options
	Order allow,deny
	allow from all
</Directory>



.htaccess が読み込まれているか否かは、必ずエラーが発生する内容にし
て試せば良いと思う。

mod_rewrite とは関係なくなってしまうが、.htaccess の以下のような
Order を許可するには AllowOverride の行に Limit を続けて書けば良い。

<FilesMatch "\.(ini)">
  Order allow,deny
</FilesMatch>



参考情報: AllowOverride ディレクティブ - Apache コア機能

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2009-05-18 (月)

リンク切れチェック [Apache][Firefox][Windows]

Website Explorer


Windows アプリ。masutaka.net のリンク切れチェックに使った。サイト全
体のリンク切れをチェックできたり、階層構造やファイル構成、画像一覧
などを一望できたりする。"301: Moved Permanently([2009-05-17-1])" の
時は、転送先も表示してくれる。なかなか使いやすいよ。

Bookmarks Link Checker Minus


FireFox のアドオン。ブックマークのリンク切れチェックに使える。
シンプルでよろし。

2009-05-17 (日)

301 や 302 リダイレクトを返したときの検索エンジンの挙動 [Apache]

Google



種類説明
301リダイレクト永久的なリダイレクト
302リダイレクト記載なし
303リダイレクト記載なし
307リダイレクト記載なし
メタリフレッシュ詳細不明。Google では 301 リダイレクトをお勧めしている。
サイトの移転 - ウェブマスター/サイト所有者 ヘルプ
メタ タグ - ウェブマスター/サイト所有者 ヘルプ」より

Yahoo! JAPAN



種類説明
301リダイレクト永久的なリダイレクト
302リダイレクト一時的なリダイレクト
303リダイレクト記載なし
307リダイレクト記載なし
メタリフレッシュ<meta http-equiv="refresh" content=...> を使ったリダイレクトでは、即時にリダイレクトするように設定している場合は 301、リダイレクト開始まで一定の時間を設定している場合は 302 として扱われます。
リダイレクトの設定とインデックスに登録されるURL - インフォセンター - Yahoo!検索」より

とりあえず 301 を返しておけば、検索エンジンは適切に処理してくれるよ
うです。旧 URL の PageRank や検索順位もそのまま引き継いでくれるので
しょう。(うちのページは訪問者が少ないので関係ありません。涙)

ただ、これまでの話は別ドメインへの移転に限った話です。同一ドメイン
内での移動は微妙に異なるようです。

参考情報: 移転したことを検索エンジンに伝えるには

検索エンジン以外の話



RSS リーダー


どんな挙動をするのかは分かりませんでした。後日確認します。

読者のブックマーク


サイトで通知すれば、手動で更新してもらえるでしょう。:-)

どこかのサイトに書き込まれた URL


自分のページをググってみれば、どれだけ書かれているのか分かります。
あんまり多いようだと元サイトの .htaccess は消さない方が良いかも知れ
ません。

追記(2009-06-01):
さすがに RSS リーダーに登録されている URL は、書き換えてくれないよ
うですね。(Google リーダーで確認しました。)

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2009-05-17 (日)

Web サイトを移転するときの便利なテクニック [Apache]

[2009-05-16-3] は、今回の布石でした。決して、Web サーバと直接お話し
したいわけではありません。w

移転を読者にお知らせする、一番簡単な方法が [2006-05-28-1] にも書い
たメタリフレッシュです。ただ、全ての *.html や CGI に仕込む必要があ
りますし、検索エンジンに伝わるかどうかは検索エンジンの実装に依存し
てしまいます(※[2009-05-17-2])。以降で述べる .htaccess の使用が許可
されていない時を除き、使うべきではないでしょう。

実は、HTTP ステータスコードには移転関係のコードもあります。

301: Moved Permanently
302: Found
303: See Other
307: Temporary Redirect


説明は「Wikipedia - HTTPステータスコード」に譲りますが、Web サー
バが 301 を返すようにすると、検索エンジンが適切に処理してくれます。

では、どうすれば Web サーバが 301 を返すようになるのでしょう?

例えば、http://src.example.jp/~masutaka/ から
http://dst.example.com/~masutaka/ に構成を変えずにそのまま移転した
い場合は、.htaccess に以下のように記載します。.htaccess は、
http://src.example.jp/~masutaka/.htaccess に相当する場所に置きます。

<IfModule mod_rewrite.c>
	RewriteEngine On
	RewriteBase /
	RewriteRule (.*) http://dst.example.com/~masutaka/$1 [R=301,L]
</IfModule>



今回は試しに http://www8.atpages.jp/hotsuma/test.html
http://homepage2.nifty.com/chronicle/test.html に飛ばす設定を仕込ん
でみました。

<IfModule mod_rewrite.c>
	RewriteEngine On
	RewriteBase /
	RewriteRule ^(test\.html)$ http://homepage2.nifty.com/chronicle/$1 [R=301,L]
</IfModule>



では [2009-05-16-3] の方法で、Web サーバが 301 を返しているのかを確
認してみましょう。

% telnet www8.atpages.jp 80
Trying 203.152.213.231...
Connected to www8.atpages.jp.
Escape character is '^]'.
GET /hotsuma/test.html HTTP/1.0         #<= 入力後、Enter×2回

HTTP/1.1 301 Moved Permanently          #<= やった!!
(途中省略)
<H1>Moved Permanently</H1>              #<= もちろん転送先も通知されます。
The document has moved <A HREF="http://homepage2.nifty.com/chronicle/test.html">here</A>.<P>
(以下省略)



Web サーバが、HTTP ステータスコード 301 を出力していることを確認出
来ました!!

参考情報: apache rewrite設定 - Webページ引越ししました - ふっくんのブログっぽいサイト
参考情報: mod_rewrite
参考情報: Apache : mod_rewriteリファレンス - dawgsdk.org

www8.atpages.jp 向け情報:
今回は説明しませんでしたが、本来は Redirect でも同じ設定が出来るよ
うです。でも、このサーバでは使えませんでした。Redirect は OFF になっ
ているようです。@pages のヘルプにはどこにも書いていませんでした...。
ちなみに Apache の機能としてみると、Redirect はデフォルト、Rewrite
は configure 時にオプションを指定すると使える機能です。

2009-05-16 (土)

telnet で直接 web サーバとお話しする。 [Apache][E-mail]

[2004-02-09-1] の HTTP 版です。

Web ブラウザは HTTP リクエストを送信し、返ってきたステータスコード
や、生の HTML 等を解析するのが仕事です。

HTTP リクエストは簡単なので、人間が telnet で接続しサーバとお話しす
ることもできます。

存在するページを指定すると、200 ステータスコードとともに、生の HTML コードが出力されます。


% telnet www.example.com 80
Trying 208.77.188.166...
Connected to example.com.
Escape character is '^]'.
GET /index.html HTTP/1.0       #<= 入力後、Enter×2回

HTTP/1.1 200 OK                #<= ステータスコード 200 が返ってきた。
(以下省略)



存在しないページを指定すると、404 ステータスコードが出力されます。


% telnet www.example.com 80
Trying 208.77.188.166...
Connected to www.example.com.
Escape character is '^]'.
GET /hoge.html HTTP/1.0        #<= 存在しないページを入力後、Enter×2回

HTTP/1.1 404 Not Found         #<= ステータスコード 404 が返ってきた。
(以下省略)



オプション(HTTP ヘッダ)を指定すると、環境変数として CGI に渡ります。


この例だと分かりませんが、簡単な CGI のプログラムで確認出来ます。

% telnet www.example.com 80
Trying 208.77.188.166...
Connected to example.com.
Escape character is '^]'.
GET /index.html HTTP/1.0         #<= 入力後、Enter×1回
User-Agent: Telnet [ja] (Linux)  #<= 適当な User-Agent を入力後、Enter×2回

HTTP/1.1 200 OK                  #<= ステータスコード 200 が返ってきた。
(以下省略)



まとめ


200: OK -> 正常にアクセスできた。
404: Not Found -> ページが見つからなかった。


参考情報: Wikipedia - Http
参考情報: Wikipedia - HTTPステータスコード
参考情報: telnetでブラウズ(HTTP)

こうして確認してみると、HTTP のデータ構造は電子メール(RFC2822)とそっ
くりだということが分かります。両方ともヘッダは複数の

フィールド名: 内容

で構成され、最後は空行で終わります。

あと、[2003-06-08-1] にも書きましたが、例で使っている example.com
は、予約ドメインとして RFC2606 に定義されています。実際にアクセスす
ることも出来ます。

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2009-02-22 (日)

favicon on Apache2 [Apache][Firefox]

非公開の web server をローカルに立てて、保存した html は
http://localhost/~masutaka/.. にアクセスすれば表示できるようにして
いる。でも、favicon の指定がうまくできない。
もちろん [2007-01-19-1] の方法を使えば出来るけど、全ての html に指
定するのは面倒くさいよね。

** 試したこと その1 **
~masutaka/public_html に favicon.ico を置いた。
~masutaka/public_html/.htaccess に以下を記載。

AddType image/x-icon .ico
<Files favicon.ico>
  ErrorDocument 404 favicon.icoへのフルパス
</Files>


→ダメ。読み込まれなかった。

~/public_html/.htaccess に hogehoge と書いたら、Apache のエラーログ
が表示されていたので、.htaccess は読み込めているようだ。

ちなみに設定ファイルは以下のように読み込まれていた。mime.types には
"image/x-icon ico" と書いてあるので、前述の設定は必要ないのかも。

/etc/apache2/apache2.conf
→ /etc/apache2/mods-enabled/mime.conf
  → /etc/mime.types


** 試したこと その2 **
時々、Apache のエラーログに

File does not exist: /var/www/favicon.ico

と出ているので /var/www に置いてみた。
→ブックマークに favicon が反映された。うまくいかない場合は、ブラウ
ザを再起動すれば良いかも。

** 試したこと その3 **
そうこうしているうちに Favicon Picker 3 というものを見つけた。各ブッ
クマークのプロパティから
- Browse (ローカルにある任意の Favicon の指定)
- Reset (Favicon の再読み込み)
- Blank (Favicon のクリア)
を行える。こういうのはデフォルトで欲しいなあと思う、今日このごろ。

イマイチだけど、結局こうした。/var/www はバックアップを取っていない
ので、実体を置きたくないというのがその理由。

# ln -s ~masutaka/public_html/favicon.ico /var/www

2008-08-27 (水)

Apache2 on lenny [Debian][Apache]

[2006-07-22-1][2008-01-23-1] を参考に設定した。lenny のデフォル
トでは ~masutaka/index.html 等へのアクセスは許可されなくなったよう
なので、a2enmod コマンドで userdir を入力した。こうすることで
/etc/apache2/mods-enabled/userdir.(conf|load) のリンクが作られる。

2007-10-01 (月)

似たようなことが書かれているサイト [chalow][Apache][UNIX]

うちと同じように chalow を使っていて、内容も被っているサイトを発見した。
(URL: http://sonic64.com/)
[2007-10-01-1] の ntp についても書いてあるし、Apache や unix などアレゲな話題が多くあった。

2007-09-26 (水)

Apacheの環境変数 [Apache]

Apache には printenv という cgi スクリプトが同封されている。
これを Web 経由で実行することにより、cgi から参照できる環境変数が分かる。
例えば、HTTP_USER_AGENT を参照すると、現在どんな Web ブラウザでアクセス
されているのかが分かるというわけ。
(URL: http://hpcgi2.nifty.com/chronicle/printenv)

RIP スケジュールで、REMOTE_HOST を参照している箇所があるが、
REMOTE_ADDR に変更した。負荷を避けるため HostnameLookups を ON にしていないが、
これにより常に REMOTE_HOST が空っぽなため。細かいヤツだなあ。>オレ

2006-04-19 (水)

Apache あれこれ [Apache]

再起動には「restart」と「graceful」の2種類があります。いずれも基本的に
プロセスの停止・再開を行います。主にhttpd.conf の設定を変更したいときに
用います。

% /usr/local/apache2/bin/apachectl configtest
と打てば、httpd.conf にミスがないかチェックしてくれる。

最終更新時間: 2017-08-11 21:21

検索
最近の話題
- 2017-08-07
  github-nippou v3.0.0 released
- 2017-08-02
  『サーバーレスシングルページアプリケーション』を読んだ
- 2017-07-10
  emacs-helm の標準添付から外された helm-elscreen を Melpa に追加した
- 2017-07-05
  WEB+DB PRESS Vol.99の「実践Kubernetes」の第4章でつまづいたメモ #wdpress
- 2017-06-29
  Kubernetes Meetup Tokyo #5 に行ってきた #k8sjp
- 2017-06-26
  『プログラマのためのGoogle Cloud Platform入門』を読んだ
- 2017-06-02
  AWS Summit Tokyo 2017 に行ってきた #AWSSummit
最近追記された記事
- 2017-06-02-1 (41日前)
- 2017-04-29-1 (103日前)
- 2017-04-13-1 (117日前)
- 2017-04-13-1 (119日前)
- 2017-03-02-1 (161日前)
- 2017-02-25-1 (166日前)
- 2017-02-21-1 (170日前)
- 2015-06-07-1 (176日前)
- 2016-10-19-1 (185日前)
- 2016-01-01-1 (197日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (19)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (3)
- Book (87)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- C (26)
- capistrano (4)
- chalow (56)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (10)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (3)
- E-mail (8)
- elasticsearch (4)
- Emacs (220)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (1)
- Game (20)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (17)
- Go (5)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (3)
- Heroku (9)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPhone (15)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (19)
- Linux (6)
- Mackerel (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (1)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (12)
- Rake (2)
- RaspberryPi (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- Rspec (1)
- Ruby (50)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Twitter (14)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (25)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (15)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
Google+