2010-06-20 (日)

Debian squeeze で Windows キーを GNOME メインメニュー表示に割り当てる [Debian]

$HOME を掃除したら、Windows キーを「GNOME メインメニュー」の表示に
割り当てられなくなりました。どうやら squeeze から変更されたようです。
たまたま某サイトで方法が分かったので、メモします。

1. 「GNOME メインメニュー」→「システムツール」→
   「設定エディタ(gconf-editor)」を起動する。

2. /apps/metacity/global_keybindings/panel_main_menu を右クリックし
   て「キーの編集」を選び「値」欄に Super_L と入力する。

設定エディタは Windows のレジストリエディタと似たようなものだそうで
す。そのため、できるだけ GNOME アプリケーションが用意する設定インター
フェースを使用すべきです。

今回の場合だと GNOME が用意する設定インターフェースは「GNOME メイン
メニュー」→「システム」→「設定」→「キーボード・ショートカット」
になります。

過去の記事を検索したら [2005-11-07-1][2007-03-11-3] を見つけま
した。「Windows キー」→「C-p」でメニューを辿れるのは良いですね。
早速設定しました。

2010-04-13 (火)

Debian squeeze での mod_rewrite 有効方法 [Apache][Debian]

http://localhost/hoge/ で .htaccess から mod_rewrite を使う方法。

root になって a2enmod で有効にする。

# a2enmod rewrite


これだけで使えない場合は、.htaccess の読み込みが許可されていない場
合が多い。というか私がそうだった。

/etc/apache2/sites-available/default を以下のように修正。

修正前

<Directory /var/www/>
	Options Indexes FollowSymLinks MultiViews
	AllowOverride None
	Order allow,deny
	allow from all
</Directory>


修正後

<Directory /var/www/>
	Options Indexes FollowSymLinks MultiViews
	AllowOverride FileInfo Options
	Order allow,deny
	allow from all
</Directory>



.htaccess が読み込まれているか否かは、必ずエラーが発生する内容にし
て試せば良いと思う。

mod_rewrite とは関係なくなってしまうが、.htaccess の以下のような
Order を許可するには AllowOverride の行に Limit を続けて書けば良い。

<FilesMatch "\.(ini)">
  Order allow,deny
</FilesMatch>



参考情報: AllowOverride ディレクティブ - Apache コア機能

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2010-01-17 (日)

Emacs のソースコードを Bazaar から取得してみた [Emacs][Bazaar][Debian]

[2009-09-27-1] の補完。

Emacs リポジトリが Git に移行したと思っていましたが、Git *でも* 取
得できるようになっていただけなのですね。年末に CVS から Bazaar に移
行したらしい
ので、手元のリポジトリも移行しました。Bazaar は Git と
同じ分散型バージョン管理システムだそうです。

Debian では bzr をインストールすると、Bazaar が使えるようになります。

1. 最初にユーザ登録する必要があるそうです。

% bzr whoami "Takashi Masuda <masutaka.net@gmail.com>"


2. Bazaar チェックアウト用のディレクトリ emacs を作成します。

% bzr init-repo --2a emacs


3. チェックアウトします。私の環境では 30 分くらいかかりました。

% cd emacs
% bzr checkout http://bzr.savannah.gnu.org/r/emacs/trunk trunk


Bazaar については全然調べていないのでアレですが、とりあえず
"bzr update" すればリポジトリ先端のソースを取得できるようです。

参考 URL
Emacs のリポジトリが Bazaar に移行したので Bazaar をインストールする。 - 日々、とんは語る。
EmacsWiki: Bzr For Emacs Devs

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2009-12-20 (日)

flv から音声を抜き出す方法 [Debian]

Flash Video から音声を抽出して、mp3 にする方法です。

ffmpeg がインストールされていなかったら、Synaptic パッケージマネー
ジャや、aptitude でインストールします。

あとは以下のコマンドを実行するだけです。hoge.flv の音声が hoge.mp3
として抽出されます。

% ffmpeg -i hoge.flv -acodec copy hoge.mp3



↓これを抽出したかったんです。(^^)

※ ニコニコのアカウントを持っていない方はこちらで視聴出来ます。

参考 URL: Linuxでflvからmp3へ変換する方法 - よしみ視点
関連記事: swf から音声を抜き出す方法 [2009-07-10-2]

2009-10-18 (日)

Debian squeeze でスクロールするとカクカクするようになった [Debian]

最近、testing(=squeeze) の不具合調査が多いなあ。^^;

xserver 関連のアップデートをしてから、Iceweasel(=Firefox) や
Emacs のスクロールがやけにカクカクするようになりました。

以前 [2008-08-24-1] で似たような現象が起きた時は、理由が分からない
まま解決できたため、この現象に気づいたときは正直げんなりしました。
(この時予想したソフトレンダリングは、勘違いということが今回判明。)

今回は過程を重視したいため、結論は後に書きます。

まず、X の VIDEO まわりの設定を調べました。私の PC の VIDEO カード
は ATI の Radeon HD 2400 PRO です。ただ、/etc/X11/xorg.conf には以
下のような情報しか書かれていませんでした。

Section "Device"
	Identifier	"Configured Video Device"
EndSection



気を取り直して、ググってみたところ debian-users:51900 が引っかかっ
たので、

# dpkg-reconfigure -plow xserver-xorg

等やってみたが変わらず。/etc/X11/xorg.conf は touch された形跡さえ
ありませんでした。

どうやら最近の X は /etc/X11/xorg.conf ではなく、hal で設定されてい
るようです。lshal コマンドで設定内容を確認できるようです。

% lshal


lshal の出力にはめぼしいものはありませんでしたが、このスレッドの以
下のコマンドに解決のヒントが隠されていました。

% grep EE /var/log/Xorg.0.log
% grep WW /var/log/Xorg.0.log


実行しました。

% grep EE /var/log/Xorg.0.log
       (WW) warning, (EE) error, (NI) not implemented, (??) unknown.
(II) Loading extension MIT-SCREEN-SAVER
(EE) RADEON(0): Acceleration initialization failed
% grep WW /var/log/Xorg.0.log
       (WW) warning, (EE) error, (NI) not implemented, (??) unknown.
(WW) The directory "/usr/share/fonts/X11/cyrillic" does not exist.
(WW) RADEON(0): Direct rendering disabled


Direct rendering disabled などという、描画が遅くなりそうなキーワー
ドを発見しました!!

Direct rendering は DRI(Direct Rendering Infrastructure) という略
称があるらしく、xdriinfo コマンドで状態を確認できるようです。案の定、
有効になっていませんでした。

% xdriinfo
Screen 0: not direct rendering capable.


ここで、公式のバグ報告を探してみました。
Debian のバグ報告は Google グループから参照できるようです。

Bug#544938 が私の現象と良く似ています。

Bug#544938: linux: direct rendering does not work with radeon driver on kernel 2.6.30-1-i686


私の /var/log/kern.log にも Bug#544938 と同じエラーログがありました!!

Oct 19 00:16:52 vergil kernel: [ 34.336437] platform r600_cp.0: firmware: requesting radeon/RV610_cp.bin
Oct 19 00:16:53 vergil kernel: [ 34.435915] r600_cp: Failed to load firmware "radeon/RV610_cp.bin"
Oct 19 00:16:53 vergil kernel: [ 34.435918] [drm:r600_do_init_cp] *ERROR* Failed to load firmware!


Moritz Muehlenhoff さん曰く、firmware-linux パッケージをインストー
ルすべきとのこと。

インストールしました!再起動しました!解決できました!!

- スクロール時のカクカクが直りました。
- /var/log/kern.log のエラーログがなくなりました。
- /var/log/Xorg.0.log のログが変わりました。

(WW) RADEON(0): Direct rendering disabled

(II) RADEON(0): Direct rendering enabled

- xdriinfo の結果も変わりました。

Screen 0: not direct rendering capable.

Screen 0: r600


testing で問題が起きたときは、公式のバグ報告を確認するのが良さそうです。
バグ報告の詳細は Debian バグ追跡システムをどうぞ。

追記(2009-10-19):
とは言え、testing はトラブルが多いなあ。testing は unstable で問題
のなかったパッケージを機械的に集めているだけなので、安定度で言えば
イマイチらしい。unstable に移行しちゃおうかなあ?
- Debian sid(不安定版)を常用する - Hatena::Diary::Ubuntu

2009-09-27 (日)

Emacs のソースコードを Git から取得してみた [Emacs][Git][Debian]

emacs - Git Repositories

Emacs のソースコードは Git(ぎっと) でも公開されているので、
Git Repository から取得してみました。

まず、Git というのは分散型バージョン管理システムです。CVS や
Subversion は集中型バージョン管理システムなので、操作や考え方が少し
違います。

分散型バージョン管理については、以下のページにわかりやすくまとめら
れています。

Git/分散レポジトリって何が嬉しいの - かWiki

作業者が個別にリポジトリを持てるので、commit 権がないプロジェクトの
修正を管理できる点が良さそうですね。

以下のページも面白いです。アリスの遅れている作業を、ボブが手伝って
います。

アリスとボブのコラボレーション、gitをちゃんと理解したい! - ザリガニが見ていた...。

これで、Git の概要が分かりました。コマンド操作は後で述べるとして、
先に Emacs のソースコードを取得することにします。

Debian では git-core をインストールすると、Git が使えるようになります。

以下のコマンドで Emacs のソースコードを取得できます。カレントディレ
クトリに emacs というディレクトリが作られます。

% git clone git://git.savannah.gnu.org/emacs.git


Emacs のソースコードを取得できました。

cvs update や svn update に相当するコマンドは以下になります。

% git pull


CVS や Subversion を使ったことがある人なら、以下のページが参考にな
りそうです。

Git/CVSコマンド対応表 - かWiki
Git/Subversionコマンド対応表 - かWiki

Git のドキュメントは以下のページをどうぞ。

Git入門

追記(2010-01-17):
Emacs リポジトリは CVS から Bazaar に移行したそうです。古い情報を載
せておくのもよくないので、[2010-01-17-1] に軽くまとめました。

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2009-09-22 (火)

Debian squeeze で migemo が使えなくなった [Emacs][Debian]

10 日くらい前から Debian squeeze で migemo が使えなくなってしまいま
した。

正常に実行できる Meadow と " *migemo*" バッファを比べてみると、
Debian の方は文字化けしています。migemo_0.40-8 の /usr/bin/migemo
への以下の修正が影響しているようです。

# 修正前
puts regex_str

# 修正後
puts ENV['LANG'].include?("UTF-8") ? NKF.nkf('-Ew', regex_str) : regex_str



/usr/share/emacs/site-lisp/migemo/migemo.el も修正する必要があった
ようで、#546920 で対応されました。migemo_0.40-10 では直るようです。

しかしまだ squeeze には降りてきていないので、当面は ~/.emacs に以下
を設定し生活することにします。

(setq migemo-coding-system 'utf-8-unix)


追記(2009-09-29):
migemo_0.40-10 が squeeze に降りてきたので、migemo-coding-system の
設定を削除しました。

2009-09-10 (木)

synergy その後 [Debian][Windows]

[2009-07-20-3] のその後
新しい PC でも、良い感じで使っています。

ただ、左端や右端から少しでもはみ出ると、隣の PC からカーソルがひょっ
こりと顔を出してしまうので、上 10% と下 10% は無視させるようにしま
した。

サーバ側の ~/.synergy.conf を置き換えます。

# vergil -> SERVER PC (Linux)
# nero -> CLIENT PC (Windows)
section: screens
        vergil:
        nero:
end

section: links
        vergil:
                left(10,90) = nero(10,90)
        nero:
                right(10,90) = vergil(10,90)
end



参考情報:
Synergy Configuration Guide

2009-08-16 (日)

VL ゴシックで行間が広い件と、↑↓←→が半角幅な件 [Debian]

squeeze になってしばらくして、行間が広くなったことと、↑↓←→が半
角幅になったことがとても気になっていたので、ちょっと調べてみました。

結論から言うと、VL ゴシックが原因でした。20090422 のリリースまでは
上の2つの問題は起きていませんでしたが、20090612 のリリースから変わっ
たようです。

調べたこと


Windows で動くフォントビューア Shampolyon を使って調べました。
Debian の下記フォントを C:\Windows\Fonts にコピーすれば、
Shampolyon で確認できます。

/usr/share/fonts/truetype/vlgothic/VL-Gothic-Regular.ttf
/usr/share/fonts/truetype/vlgothic/VL-PGothic-Regular.ttf


確かに半角幅しかありませんね。
vlgothic

20090422 にリリースされたフォントでは全角幅分あります。20090612 の
リリースから変わったようです。
vlgothic-20090422

対策したこと


ttf-vlgothic パッケージを 20090422 に戻せば良いのですが、squeeze に
は存在しません。lenny にはあります。

面倒なので /usr/share/fonts/truetype/vlgothic/*.ttf をリネームし、
20090422 の *.ttf をコピーするという暴挙を行いました。

しばらく暮らしてみましたが、広い行間に慣れてしまったようでw、どう
もしっくりきません。結局元に戻しました...。

ただ、↑↓←→が半角幅というのは困りますので、なんらかの手段で作者
に要望する予定です。

関連情報


VLゴシックフォントファミリ
[2009-07-12-1]

追記(2009-08-27):
20090710-1 のパッケージが 20090811-1 に更新されたら、この問題が解消
されました。よかったよかった。20090806 の以下の修正が該当するのでしょう。

* VL-Gothic の文字幅を調整
   o 互換性を高めるために Unicode で文字幅が Ambigious なものの一部を全角幅に変更。

http://sourceforge.jp/projects/vlgothic/releases/43072/changelog

2009-08-08 (土)

UIM のツールバーを消し、GNOME のパネルに UIM を表示させる方法 [Debian]

UIM は GNOME のパネルに表示するようにしていて、UIM のツールバーは表
示させないようにしたんだけど、会社で Lenny をインストールした時に設
定方法を忘れて、いろいろ調べたのでメモメモ。

GNOME パネルに UIM を表示させる


GNOME パネルに UIM を表示させるには、uim-applet-gnome パッケージが
必要。「パネルを右クリック→パネルへ追加→入力メソッド表示器を追加」
すると、GNOME パネルに UIM を表示出来る。

UIM のツールバーを消す


im-switch を使うと、UIM のツールバーを消すことが出来る。

# 現在の設定確認
% im-switch -l
# 設定変更
% im-switch -c


Lenny では、"uim-toolbar" を "uim" に変更することでツールバーを消す
ことができた。

自宅の Squeeze は "default" と "default-xim" の 2 種類が存在する。
現在の設定は "default" でツールバーは表示されていない。

~/.xprofile で以下の設定をする必要がある。設定しないとかな漢字変換
が出来ない。

GTK_IM_MODULE=uim
export GTK_IM_MODULE



UIM のボタンを極力減らす


表示される UIM のボタンを、「あ」だけにすることも出来る。
1. 設定→ツールバー→ボタン の選択をすべて外す。
2. 設定→Anthy→ツールバー→有効にするボタン から、「かな入力方式」
   を無効にする。

2009-07-20 (月)

2台のマシンでキーボードとマウスを共有する [Debian][Windows]

私は PC を 2 台持っていて、それぞれ以下の用途に使っている。

用途OS形態
Windows マシンWindowsXPノート PC
Linux マシンDebian GNU/Linux squeezeデスクトップ PC

ノート PC の液晶はずいぶん前から壊れていて、画面の半分位を縦線が占
めるようになってしまった。そのため、ノート PC とデスクトップ PC は
同じ液晶モニタに接続し、前面のボタンで画面を切り替えて使っている。

キーボードとマウスはそれぞれの PC に繋がっているものを使っている。

キーボードとマウスを共有させてみるか


synergy を使えばノート PC に繋げているマウスが必要なくなって、机の
上を少し広く使えるかも?と、ふと思ったので早速試してみた。

synergy とはネットワーク上の複数のマシンのキーボードとマウスを共有
できるアプリ。Linux、Windows、Mac OS X に対応している。

設置ポリシー


Linux マシンをサーバ、Windows マシンをクライアントとする。

サーバの設定


1. Synaptic パッケージマネージャから、synergy をインストールした。
   (Synaptic からインストールすると履歴が残るので、私は最近 aptitude
   ではなく Synaptic を使うようにしている。)

2. ~/.synergy.conf を新規作成し、以下の設定をした。液晶モニタは1つし
   かないが、左側に Windows マシン、右側に Linux マシンがあることにした。

# vergil -> SERVER PC (Linux)
# nero -> CLIENT PC (Windows)
section: screens
        vergil:
        nero:
end

section: links
        vergil:
                left = nero
        nero:
                right  = vergil
end


3. synergys を実行した。

% synergys --daemon


4. synergys 自動起動の設定をした。
「GNOME メインメニュー」→「システム」→「設定」→「自動起動するア
プリ」に synergys --daemon を追加し、ログイン時に自動起動するように
した。

クライアントの設定


1. 下記サイトからダウンロードした日本語版のインストーラ
SynergyInstaller-1.3.1-ja.exe を使って、インストールした。

http://wiki.nothing.sh/page/memo/Synergy

オフィシャルサイトにあるものとの違いは、リソースが日本語されている
ことと、日本語キーボードがサポートされていること。

2. スタートメニューから synergy を実行し、サーバ名を入力した。
画像

3. 自動実行の設定をした。
画像 画像

Linux の画面上でマウスカーソルを左に持っていくと、Windows の画面の
右から現れようになった。

ただし、今回の環境ではモニタを切り替える必要があるので、リアルタイ
ムには確認できない。

感想


モニタを切り替える必要はあるが、キーボードとマウスを切り替える必要
がなくなったため、以前よりもスムーズに Linux と Windows を行き来で
きるようになった。

机の上が少し広くなった。

若干ではあるがキー操作がもたつくことがある。でも問題ないレベル。

vncviewer で、Linux から Windows を操作していると、やや混乱する。(笑)

参考にしたページ


【コラム】Yet Another 仕事のツール (91) Synergyでキーボード、マウスを共有する - マイコミジャーナル
1組のマウスとキーボードを複数のPCで共有するには - @IT

追記(2009-07-23):
~/.xprofile ではなく、GNOME の設定で synergys を自動起動するように
しました。

追記(2009-07-30):
日本語版のインストーラを使うように、クライアントの手順を変更しました。

2009-07-12 (日)

dwww [Debian]

dwww パッケージをインストールすると
[GNOME メニュー]→[アクセサリ]→[Debian Documentation Browser]
または
Synaptic メニューの [パッケージ]→[ドキュメントを参照]
からインストール済みの全オンライン文書を、ローカルの HTTP サーバで
参照することが出来る。(文書は英語。)

※ Synaptic は [GNOME メニュー]→[システム]→[システム管理]→
[Synaptic パッケージマネージャ] から起動できる。

2009-07-12 (日)

Software Sources [Debian]

[GNOME メニュー]→[システム]→[システム管理]→[Software Sources]

インストールまたはアップデートできる APT パッケージの場所についての
情報は /etc/apt/sources.list に書かれている。

今までは場所の追加や削除をするときはテキストエディタで修正していた
が、"Software Sources" という GUI ツールがあるのを今日知った。今後
はこちらを使うことにしようかな。

2009-07-12 (日)

xpdf-japanese [Debian]

文字化けする pdf ファイルがあったんだけど、xpdf-japanese をインストー
ルしたら文字化けが直った。

# aptitude install xpdf-japanese


xpdf-japanese の他に、cmap-adobe-japan1 ttf-kochi-gothic
ttf-kochi-mincho が自動的にインストールされた。

2009-07-10 (金)

swf から音声を抜き出す方法 [Debian]

swftools をインストールする。

# aptitude install swftools



swfextract コマンドに -m を付けると、音声を output.mp3 に出力する。

% swfextract -m hoge.swf



-o を付けると、ファイル名を指定できる。

% swfextract -mo hoge.mp3 hoge.swf



[linux]swfから音声を抜き出す方法 - (rubikitch loves (Emacs Ruby CUI))

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2009-06-15 (月)

間違った解像度にしたら何も映らなくなった [Debian]

リフレッシュレートは高い方が目に優しいよなー、なんて思いながら解像
度をいじったら画面が真っ黒。Windows なら 30 秒後に復帰するから、
GNOME も同じだろうと思っていたら、ずっと真っ黒のまま。(ToT)

試行錯誤の末、以下のようにすれば復旧出来ることが分かった。

1. なんとかして root 権限で X にログインする。



一番安全なのは、「masutakaのログアウト」→「ユーザの切り替え」から
GDM の画面に戻り、root でログインする方法。ただ、私の環境では作業終
了後、masutaka に戻れない上、また真っ黒になってしまった。

次に安全なのは、「masutakaのログアウト」→「ログアウト」から GDM の
画面に戻り、root でログインする方法。

画面が真っ黒なので、いずれもキーボード操作だけでログアウトする必要
がある。私の場合は「Windows キー」で GNOME メインメニューを起動する
ようにしていたので、「Windows キー」→「↑キー×2」→「Alt-l(エル)」
でログアウト出来た。デフォルトの設定でも、Ctrl-Alt-Delete でログア
ウト出来るかもしれない。

これらでも出来なければ ssh でログインして、root で reboot コマンド
を実行...するしかないかなあ。

2. masutaka 権限で画面の解像度を設定する。



GNOME の場合、画面の解像度はユーザ毎に設定されているっぽい。そのた
め root でログインしたら、masutaka に su して画面の解像度を変更すれ
ば良い。

# xhost +
# su - masutaka
% export DISPLAY=:0.0
% gnome-display-properties



3. masutaka でログインすれば、無事復旧しているはず!!


2009-06-15 (月)

Debian squeeze の subversion で http リポジトリにアクセスできなくなった [svn][Debian]

一ヶ月くらい前から、Debian squeeze で svn が使えなくなってしまいま
した。

- svn diff の実行は出来る。
- file リポジトリへのアクセスも出来る。
- http リポジトリへのアクセスは、内部外部問わず出来ない。

という状況で地味に困っていましたが、~/.subversion/servers に以下を
追加することで解決できました。

http-library = serf


今回お世話になったサイトです。
svn(subversion)が突然使えなくなった at 半歩先

犯人は Neon モジュールでした。WebDav へのアクセスモジュールを serf
に変えることで回避できました。

世の中にはスゴイ人もいるものですね。私なんか、strace コマンドのログ
から locale や gcov まわりのエラーなのかと思って調べていました...。

subversion はソースからインストールしたことがあるので、WebDav アク
セスに Neon が使われていたことは知っていましたが、気づくことができ
ませんでした。他に serf があることと、~/.subversion/servers で変更
が出来ることはもちろん知りませんでした。

% svn --version
(snip)
* ra_neon : Neon を利用して WebDAV (DeltaV) プロトコルでリポジトリにアクセスするモジュール。
  - 'http' スキームを操作します
  - 'https' スキームを操作します
(snip)
* ra_serf : serf を利用して WebDAV (DeltaV) プロトコルでリポジトリにアクセスするモジュール。
  - 'http' スキームを操作します
  - 'https' スキームを操作します



追記(2009-07-21):
Neon が直ったようなので、~/.subversion/servers から "http-library
= serf" を削除しました。

2009-04-29 (水)

GDM のテーマを追加する [Debian]

lenny の頃にはあった BlueSwirl テーマが squeeze ではなくなってしまっ
たので、拡張パッケージか何かになっていないか調べてみた。

なさそうだったので、GNOME のページから GDM-BlueSwirl.tar.bz2 をダウ
ンロードし、ログイン画面から「追加」しようとした。

ところが、"*.tar.gz" は表示されるが "*.tar.bz2" は表示されない...。
仕方がないので、GDM-BlueSwirl.tar.gz に変換したら、「追加」で選択で
きるようになった。/usr/share/gdm/themes/BlueSwirl/ として展開されて
いることも確認済み。

2009-04-12 (日)

Debian を PS3 のメディアサーバにする。 [Debian]

PS3 のメニューにあるメディアサーバってなんだろ?って前から思ってい
たんだけど、さっき急にイベントが降ってきたので調べてみた。

(URL: http://tf222.moe-nifty.com/blog/2007/11/debianetchdlna_5598.html)

PS3 では Mediatomb が動作実績があるらしい。Debian でもパッケージが
用意されていて、簡単にインストールできる。

# aptitude install mediatomb


インストールしたら、/etc/mediatomb/config.xml を少し修正する必要が
ある。

1. <server> セクションの <protocolInfo extend="no"/> を
   <protocolInfo extend="yes"/> に変更。

2. <mapping><extension-mimetype> セクションに以下を追加。
   <map from="mpg" to="video/mpeg"/>
   <map from="mp4" to="video/mp4"/>
   <map from="avi" to="video/divx"/>

修正を反映するために、mediatomb デーモンを再起動する。

# /etc/init.d/mediatomb restart


Web ブラウザからアクセスできるようになるので、適当にファイルを追加。

http://(mediatomb サーバの名前または IP アドレス):49152/


ただ、この追加って作業が意外に面倒。登録したフォルダを PS3 から参照っ
て出来ないのかなあ。

まあそれはともかく、PS3 からは「メディアサーバー検索」をすると、
見つかるはず。

うちのテレビの低解像度が功を奏して(?)、動画によっては PC よりもきれ
いに見えるものがあった。あと、うちにはミニコンポというものはないの
で、mp3 は PS3 で再生するのが一番音がいいかも。。。

Windows の場合は、Windows Media Player をゴニョゴニョするとサーバに
なるらしいが未確認。

2009-03-07 (土)

CD から抽出した wav を mp3 に変換 [Debian]

cdda2wav を使えば、CD から *.wav を抽出できる。

% cdda2wav -D/dev/cdrom -Igeneric_scsi -x -vall -L 0 -cddbp-server=freedbtest.dyndns.org:80/~cddb/cddbeuc.cgi -B


sarge の時と同じように、ソースからコンパイルした gogo(petit313.tgz) を
使って、wav から mp3 に変換しようとしたが、変換できなくなっていた。

% gogo -q 0 audio_01.wav audio_01.mp3
encode audio_01.wav to audio_01.mp3
GOGO-no-coda ver. 3.13 ( May. 20 2004 ) is a mp3 encoder based on lame 3.88,
which is distributed under LGPL on http://www.mp3dev.org/mp3/ .
See http://member.nifty.ne.jp/~pen/ ,
   http://homepage1.nifty.com/herumi/gogo_e.html .
zsh: floating point exception gogo -q 0 audio_01.wav audio_01.mp3


gogo の他に lame というエンコーダがあるらしい(正しくは gogo の元に
なったツールが lame)。Debian GNU/Linux スレッドテンプレからの情報を
元に /etc/apt/sources.list に http://www.debian-multimedia.org を追
加し、"aptitude update" したが、以下のエラーが発生した。

W: GPG error: http://www.debian-multimedia.org squeeze Release: 公開鍵を利用できないため、以下の署名は検証できませんでした: NO_PUBKEY 07DC563D1F41B907


http://www.debian-multimedia.org/faq.php によると、
debian-multimedia-keyring をインストールすれば良いとあったがダメ。

W: GPG error: http://www.debian-multimedia.org squeeze Release: 以下の署名が無効です: BADSIG 07DC563D1F41B907 Christian Marillat <marillat atmark debian.org>


面倒なので、lame をソースからインストールすることにした。

http://lame.sourceforge.net/ からソースをダウンロード。
% tar xzf lame-398-2.tar.gz
% cd lame-398-2
% ./configure
% make
% make check
# make install


エンコードできるようになった。

% lame -V0 audio_01.wav audio_01.mp3


以前、CD->wav->mp3 を自動で行う cdda2mp3 というシェルスクリプトを
作ったので、gogo の代わりに lame を使うように修正した。

最終更新時間: 2017-08-11 21:21

検索
最近の話題
- 2017-08-07
  github-nippou v3.0.0 released
- 2017-08-02
  『サーバーレスシングルページアプリケーション』を読んだ
- 2017-07-10
  emacs-helm の標準添付から外された helm-elscreen を Melpa に追加した
- 2017-07-05
  WEB+DB PRESS Vol.99の「実践Kubernetes」の第4章でつまづいたメモ #wdpress
- 2017-06-29
  Kubernetes Meetup Tokyo #5 に行ってきた #k8sjp
- 2017-06-26
  『プログラマのためのGoogle Cloud Platform入門』を読んだ
- 2017-06-02
  AWS Summit Tokyo 2017 に行ってきた #AWSSummit
最近追記された記事
- 2017-06-02-1 (41日前)
- 2017-04-29-1 (103日前)
- 2017-04-13-1 (117日前)
- 2017-04-13-1 (119日前)
- 2017-03-02-1 (161日前)
- 2017-02-25-1 (166日前)
- 2017-02-21-1 (170日前)
- 2015-06-07-1 (176日前)
- 2016-10-19-1 (185日前)
- 2016-01-01-1 (197日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (19)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (3)
- Book (87)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- C (26)
- capistrano (4)
- chalow (56)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (10)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (3)
- E-mail (8)
- elasticsearch (4)
- Emacs (220)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (1)
- Game (20)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (17)
- Go (5)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (3)
- Heroku (9)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPhone (15)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (19)
- Linux (6)
- Mackerel (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (1)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (12)
- Rake (2)
- RaspberryPi (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- Rspec (1)
- Ruby (50)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Twitter (14)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (25)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (15)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
Google+