2013-08-10 (土)

Jenkinsをアップデートしたらジョブが消えた。。だけど無事復活! [Jenkins]

Jenkinsを1.516から1.526にアップデートし、プラグインもアップデートし
たらRuby関連のジョブが消えました。。

小一時間悩んで管理画面からシステムログを見たら、
Failed Loading plugin ruby-runtime
とのエラーメッセージ。このプラグインをインストールしたら直りました。

なぜ急に必要になった?と思い、/var/log/jenkins/jenkins.logを見たら、
rbenvとrvmプラグインが要求していました。

2013/08/10 11:11:01 jenkins.InitReactorRunner$1 onTaskFailed
致命的: Failed Loading plugin rbenv
java.io.IOException: Dependency ruby-runtime (0.10) doesn't exist

2013/08/10 11:11:01 jenkins.InitReactorRunner$1 onTaskFailed
致命的: Failed Loading plugin rvm
java.io.IOException: Dependency ruby-runtime (0.7) doesn't exist


プラグインのページを見ると、確かにそう書いてあります。
https://wiki.jenkins-ci.org/display/JENKINS/Rbenv+Plugin
https://wiki.jenkins-ci.org/display/JENKINS/RVM+Plugin

最初のプラグインアップデートで、rbenvもrvmもアップデートされなかっ
たようなので(※)、Jenkinsがエラーを正しく処理してジョブが消えたのか
もしれません。

※ どのプラグインをアップデートしたかはログに書かれないようなので、
確定ではないですが。

しかし、依存関係が出来たのに、なぜruby-runtimeがインストールされな
かったのだろう。。

結論: ログ大事

2012-06-17 (日)

Jenkins-CLI使わずに、リポジトリの変更をプッシュ通知する方法がやっと分かった [Jenkins][Git]

git push したら、すぐにテストを実行して欲しいだけなんです。
もう、ポーリング [2011-12-30-5] で新しい commit があるかチェック
するのは嫌なんです。

いや〜、Jenkins-CLI でやろうとしてかなりハマりました。





初心に返ってJenkins実践入門読みましたが、Git には特に触れられておらず...。

どうせこれも Jenkins-CLI のススメだろうと WEB+DB PRESS Vol.67
17 ページ目のコラムの URL を読んでみた。

「あれ? Git プラグインだけでできるの?」

試しに git push の後に Web ブラウザで
http://example.com:8080/git/notifyCommit?url=/home/foo/hoge.git
にアクセスしたら、ビルドが始まったじゃありませんか!

あとは /home/foo/hoge.git/hooks/post-receive に以下を追加して終了。

curl 'http://example.com:8080/git/notifyCommit?url=/home/foo/hoge.git'


なんか矛盾しますが、「SCMをポーリング」にはチェックを入れる必要があ
ります。スケジュールは空っぽで OK です。

あと、今回のもうひとつの素晴らしい点は、認証が必要なシステムでも使
える
ことにあります。

長年のつっかえがやっと取れました!
Jenkins さん、dis ってすみませんでした。



Subversion はこの方法で出来るみたいです。

2011-12-30 (金)

{Jenkins x CakePHP2 (6/6)} 他にインストールしたプラグイン [Jenkins][PHP]

※ 詳細情報は「Jenkinsの管理」>「プラグインの管理」から辿れる、各プ
   ラグインのリンク先を参照して下さい。

Emotional Jenkins Plugin


これはインストールした方がよいでしょう。そしてテストを失敗させましょうw
各プロジェクトの設定で ON/OFF できます。

IRC Plugin


設定すると、指定した channel に Jenkins さんが常駐します。ビルド結
果を IRC で通知してくれるだけでなく、IRC から Jenkins を実行できた
りもします。

私の設定は以下のとおり。

Hostnamechat.freenode.net
Port6667
Channels Name#example
Nicknamejenkinsbot
Command prefixjenkinsbot:
(高度な設定)Use /notice commandチェックを入れる

Hostname と Port と Channels Name を設定するだけで動くはずですが、
私の環境では Nickname が初期値の jenkins-bot だと、Channels に
join してくれませんでした。なので試行錯誤の結果、微妙に変えました。

Command prefix は IRC の mentions っぽくしました。なんでも良いと思
います。

Use /notice command もチェックを入れた方がよいと思います。IRC の
/notice コマンドを使って通知します。

Redmine Plugin


プロジェクトのトップページに Redmine のリンクが現れます。
コミットメッセージの refs #100 とかが概チケットへのリンクになります。

2011-12-30 (金)

{Jenkins x CakePHP2 (5/6)} Jenkins を自動実行する [Jenkins][PHP]

「リモートからビルド (例: スクリプトから)」がうまくいかないので、
とりあえず「SCMをポーリング」にしました。

10 分おきにポーリングです。

*/10 * * * *


Jenkins は良くできたツールなんだけど、微妙に設定が効かないことがあ
るよなあ。単にまだ自分に馴染んでいないだけなのか。

2011-12-30 (金)

{Jenkins x CakePHP2 (4/6)} Jenkins から PHPUnit を実行する [Jenkins][PHP]

CakePHP2 から、奨励単体テストツールが SimpleTest から PHPUnit になっ
たのは周知のとおり。http://example.com/cakephp/test.php などから単
体テストができるようになり、カバレッジ率も測定できる環境が整ったら、
Jenkins でも実行したいところ。

コマンドラインから単体テストを実行する



まずはコマンドラインからテストを実行できることを確認する。

% cd app
% mkdir -p results
% ../lib/Cake/Console/cake testsuite --log-junit results/phpunit.xml --coverage-clover results/coverage.xml app AllTests

上の例では、Controller や Model を含めた全てのテストケースを実行す
る app/Test/Case/AllTestsTest.php を実行している。

このとき

PHP Fatal error: Class 'DOMDocument' not found in /usr/share/pear/PHPUnit/Util/Log/JUnit.php on line 135

なんていうエラーが起きたら、configure で –with-dom を有効にした
PHP がインストールされていない
。remi リポジトリからインストールする
と良い(詳細は割愛)。

% sudo yum --enablerepo=remi,epel,rpmforge,rpmforge-extras,rpmforge-testing install php-xml


ここまで出来たらあとは簡単。Jenkins に設定するだけ。

Jenkins側の設定


トップの「Jenkinsの管理」>「プラグインの管理」から、
results/coverage.xml を解析するためのプラグイン、Clover PHP Plugin
をインストールする。

続けて、プロジェクトに前述のコマンドを設定する。
1. プロジェクト(例:hoge)のトップページから「設定」をクリック。
2. 「ビルド」>「ビルド手順の追加」>「シェルの実行」をクリック。
   以下を設定する。

cd ${WORKSPACE}/app
mkdir -p results
../lib/Cake/Console/cake testsuite --log-junit results/phpunit.xml --coverage-clover results/coverage.xml app AllTests

3. 「ビルド後の処理」>「Clover PHP カバレッジレポートを集計」をクリック。
   「Clover XMLパス」に app/results/coverage.xml を指定する。
4. 同様に「JUnitテスト結果の集計」をクリック。
   「テスト結果XML」に app/results/phpunit.xml を指定する。

あとはビルドするだけ。エラーが発生してしまったら「コンソール出力」
を見ると、原因が大体分かります。

参考 URL:
Fatal error: Class ‘DOMDocument’ not foundと出たら: PHPの種 ブログ

2011-12-30 (金)

{Jenkins x CakePHP2 (3/6)} Jenkins からコーディング規約をチェックする [Jenkins][PHP]

手っ取り早く使ってみたかったので、最初に Jenkins からコーディング規
約チェック出来るようにしてみた。単体テストだと、最初にテストコード
を書かなくちゃいけないからね。

PHP_CodeSniffer のインストール


インストールすると、phpcs コマンドを使えるようになる。

pear コマンドでインストール出来るが、

% sudo pear install PHP_CodeSniffer


エラーが発生してインストールできなかったので、

downloading PHP_CodeSniffer-1.3.2.tgz ...
Starting to download PHP_CodeSniffer-1.3.2.tgz (328,845 bytes)
......................done: 328,845 bytes
PHP Fatal error: Allowed memory size of 16777216 bytes exhausted (tried to allocate 23378 bytes) in /usr/share/pear/PEAR.php on line 252
PHP Stack trace:
PHP 1. {main}() /usr/share/pear/pearcmd.php:0
PHP 2. PEAR_Command_Common->run() /usr/share/pear/pearcmd.php:305
PHP 3. PEAR_Command_Install->doInstall() /usr/share/pear/PEAR/Command/Common.php:271
PHP 4. PEAR_Installer->install() /usr/share/pear/PEAR/Command/Install.php:708
PHP 5. PEAR_Installer->_installFile2() /usr/share/pear/PEAR/Installer.php:1406
PHP 6. PEAR->isError() /usr/share/pear/PEAR/Installer.php:600
PHP 7. is_a() /usr/share/pear/PEAR.php:252


/etc/php.ini をこのように修正した。

memory_limit = 16M

memory_limit = 32M

※ 以降のどこの操作かは忘れましたが、同じ現象が発生したため、私の環
   境では最終的に 256M に落ち着きました。

PHP_CodeSniffer をインストールできた。

% phpcs --version
PHP_CodeSniffer version 1.3.2 (stable) by Squiz Pty Ltd. (http://www.squiz.net)
% phpcs -i
The installed coding standards are MySource, PEAR, PHPCS, Squiz and Zend


CakePHP 用の規約は同封されていないので、別途インストールした。

% cd ~/tmp
% git clone git://github.com/jrbasso/CodeSniffer_CakePHP.git
% cd /usr/lib/php/pear/PHP/CodeSniffer/Standards
% sudo cp -r ~masutaka/tmp/CodeSniffer_CakePHP CakePHP


無事追加された。

% phpcs -i
The installed coding standards are CakePHP, MySource, PEAR, PHPCS, Squiz and Zend


app/controllers 以下とかでチェックできるようになった。

% phpcs --report=summary --report-checkstyle=phpcs.xml --standard=CakePHP --extensions=php .


Jenkins 側の設定



Git プラグインと、Check-Style プラグインのインストール


1. トップの「Jenkinsの管理」>「プラグインの管理」をクリックする。
2. 「利用可能」タブをクリックし、Git Plugin と Checkstyle Plugin を
   選択し、インストールする。

ジョブを作成する


1. トップから「新規ジョブ作成」をクリックする。
2. 「ジョブ名(要はプロジェクト名)」に適当な名前(例:hoge)を指定する。
   /var/lib/jenkins/workspace 以下に同じ名前のディレクトリが作られるの
   で英語名が良い。
3. 「フリースタイル・プロジェクトのビルド」を選択し、OK をクリック。
4. 「ソースコード管理システム」の Git を選択。Repository URL を指定
   する(例:/home/foo/hoge.git)。

Check-Style プラグインを設定する



1. そのまま同じ設定画面の「ビルド」>「ビルド手順の追加」>「シェルの
   実行」をクリック。Controller と Model 以下の .php ファイルを対象と
   したい場合は、以下を設定する。

cd ${WORKSPACE}/app
mkdir -p results
find Controller Model -type f -name "*.php" ! -name AppController.php -print0 | \
xargs -0 phpcs --report=summary --report-checkstyle=results/phpcs.xml --standard=CakePHP --extensions=php || id

   ※ 1つでもエラーがあるとビルド失敗だと判断されてしまうので、この例
   では最後に id コマンドを実行して、常にビルドが成功するようにしている。
2. 「ビルド後の処理」>「CheckStyle警告の集計」をクリック。「集計す
   るファイル」に app/results/phpcs.xml を指定する。

あとはビルドを実行するだけ。警告出まくりだけど、Jenkins から
CakePHP コーディング規約をチェック出来た。

参考 URL:
CakePHPのコーディング規約違反をPHP_CodeSnifferでチェックする #CakephpAdvent2011 : candycane development blog

2011-12-30 (金)

{Jenkins x CakePHP2 (2/6)} Jenkins の認証設定 [Jenkins][PHP]

今回採用したセキュリティポリシー


ログインしないとアクセス出来ないようにする。
管理者が手動でアカウントを作成すると、ユーザーがサインアップできる。
第3者は勝手にサインアップできない。

設定方法


「Jenkinsの管理」>「システムの設定」>「セキュリティを有効化」にチェック

「アクセス制御」>「ユーザー情報」>「Jenkinsのユーザーデータベース」にチェック
「ユーザーにサインアップを許可」のチェックを外す。

「アクセス制御」>「権限管理」>「行列による権限設定」にチェック。
「追加するユーザー/グループ」から masutaka を追加。全アクセス権を付与。

トップに戻り masutaka のサインアップをすると、ログイン出来るようになる。

2011-12-30 (金)

{Jenkins x CakePHP2 (1/6)} Jenkins のインストール方法 [Jenkins][PHP]

CakePHP-2.0.4 で継続的インテグレーション(CI)ができる環境を構築する
ため、Jenkins をインストールすることにした。

ネット上を探し回ったんだけど、まだ Jenkins x CakePHP2 の情報はまと
まってないみたい。毎度のことながら途中何度も何度もハマり、設定して
はアンインストールし、設定してはアンインストールしを 7〜8 回はやっ
たと思う。同じように困っている人と、将来の自分のために構築メモを残
すことにする。全 6 回。

Jenkins のバージョンは 1.445、CentOS のバージョンは 5.6。

Jenkins をインストール&起動した。Jenkins 用のリポジトリを yum の
リポジトリリストに追加して、yum install するだけ。

% sudo yum install java-1.6.0-openjdk
% sudo wget -O /etc/yum.repos.d/jenkins.repo http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins.repo
% sudo rpm --import http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins-ci.org.key
% sudo yum install jenkins
% sudo /sbin/service jenkins start


http://example.com:8080 にアクセスできるようになった。設定ファイル
や workspace は /var/lib/jenkins に、ログは /var/log/jenkins に作ら
れる。

設定やビルド結果は xml で保存され、MySQL とかは使わないので、気楽と
言えば気楽。

そして、ここまでは簡単。


最終更新時間: 2017-12-06 23:28

検索


最近の話題
- 2017-11-28
  『Real World HTTP』を読んだ
- 2017-11-18
  iPhone X 64GB SIM フリー版を買って一週間経った
- 2017-11-16
  golang.tokyo #10 x WomenWhoGoTokyo に行ってきた #golangtokyo
- 2017-11-12
  『PromiseとAsync-Awaitまとめ(Emacsで)』という LT をした
- 2017-11-10
  RSpec 3.5 から shared_context の使い方が少し変わっていた
  S3 の public バケットで特定パス以下を IP アドレス制限する
- 2017-11-01
  『オブジェクト指向設計実践ガイド』読書会での感想メモ
- 2017-10-30
  『スターティングGo言語』を読んだ
最近追記された記事
- 2017-01-10-1 (4日前)
- 2017-04-08-1 (24日前)
- 2017-06-02-1 (158日前)
- 2017-04-29-1 (220日前)
- 2017-04-13-1 (234日前)
- 2017-04-13-1 (236日前)
- 2017-03-02-1 (278日前)
- 2017-02-25-1 (283日前)
- 2017-02-21-1 (287日前)
- 2015-06-07-1 (293日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (20)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (3)
- Book (91)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- capistrano (4)
- chalow (56)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (10)
- clang (26)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (3)
- E-mail (8)
- elasticsearch (4)
- Emacs (222)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (1)
- Game (20)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (19)
- golang (9)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (3)
- Heroku (9)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPhone (16)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (19)
- Linux (6)
- Mackerel (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (2)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (12)
- Rake (2)
- RaspberryPi (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- RSpec (2)
- Ruby (50)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Twitter (14)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (25)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (16)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
Google+