2011-07 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2011-07-05 (火)

Git ブランチ操作のまとめ [Git][Emacs]

個人的なメモ その2
その1は [2010-04-29-1] にあるよ。

Git では、たった一日の作業でもブランチを作ることが良くある。基本ブ
ランチは修正が終わったら master に merge して削除、つまり使い捨て。
別な作業が入ったら、master から新たにブランチを作る。

cvs とか svn だと、作業単位毎にディレクトリを掘って cvs checkout と
かしていたけど、Git はこれをブランチ操作のみでできる点が超便利。

ただ、他に違わず、ブランチ操作も複雑なのでメモメモ。

(1) ローカルブランチの確認

% git branch


(2) リモートブランチの確認

% git branch -r


(1) + (2)

% git branch -a


(3) ローカルブランチ bar の作成

% git branch bar


(4) ローカルブランチ bar への切り替え

% git checkout bar


(3) と (4) を同時にやる。

% git checkout -b bar


(5) 任意のタグやリビジョンを起点に、ブランチ bar を作る。

% git branch bar <タグ名 or リビジョン>


(6) (5) をやりつつ、bar ブランチに切り替える。

% git checkout -b bar <タグ名 or リビジョン>


(7) 修正の一時的な待避。<name> は省略可能。他のブランチに切り替えた
いんだけど、commit はしたくない(ブランチを切り替える時は commit す
る必要がある)という時に使う。個人的には、気分で圧縮コミットと使い分
けてる。

% git stash save <name>


(8) (5) のリスト表示

% git stash list
stash@{0}: On <branch name>: <name>


(9) (5) の取り出し

% git stash pop 'stash@{0}'


(10) ローカルブランチ bar の削除

% git branch -d bar


(11) (ローカルブランチの) master にマージしてないと (8) はエラーになる。
とにかく強制削除したい場合はこちら。

% git branch -D bar


(12) ローカルブランチ bar をリモートリポジトリ origin に新たに作成
する。origin というのは、clone 元のリモートリポジトリ。git config
--list で確認できる。

% git push origin bar


(13) リモートリポジトリ origin のブランチ bar を削除する

% git push origin :bar
or
% git push --delete origin bar # maybe from version 1.7


(14) リモートリポジトリ origin のブランチ bar を削除しようとして、
こんなエラーが発生したら、、、

% git push origin :bar
error: unable to push to unqualified destination: bar
The destination refspec neither matches an existing ref on the remote nor
begins with refs/, and we are unable to guess a prefix based on the source ref.
error: failed to push some refs to 'ssh://example.com/~masutaka/rep.git'


まずは現状把握。
古くなった(=stale)ブランチ refs/remotes/origin/bar が見つかった。
'git remote prune' 使えと言っている。

% git remote show origin
* remote origin
  Fetch URL: ssh://example.com/~masutaka/rep.git
  Push URL: ssh://example.com/~masutaka/rep.git
  HEAD branch: master
  Remote branches:
    master tracked
    refs/remotes/origin/bar stale (use 'git remote prune' to remove)
  Local branch configured for 'git pull':
    master merges with remote master
  Local ref configured for 'git push':
    master pushes to master (up to date)


使った。消せたようだ。'git branch -a' や 'git remote show origin'
で確認してもうまく消せたことが分かる。

% git remote prune origin
Pruning origin
URL: ssh://example.com/~masutaka/rep.git
 * [pruned] origin/bar


(15) リモートリポジトリのブランチ foo を現在のブランチに pull する。

% git pull git://example.com/project.git foo

リモートリポジトリは git remote add で追加したリポジトリ名も指定で
きる。いやむしろそちらが正当なやり方か。

(16) リモートリポジトリ origin の ブランチ foo を、ローカルリポジト
リの tmp ブランチに pull する。

% git pull origin foo:tmp


(17) リモートリポジトリ origin の ブランチ foo を、ローカルリポジト
リの var として、そのまま持ってくる。

% git checkout -b var origin/foo


リモートリポジトリの名前が origin で、ローカルとリモートで同じブラ
ンチ名でよければ、以下のように省略可能。

% git checkout foo


(18) ローカルブランチ foo を var にリネームする。

% git branch -m foo var


(19) リモートリポジトリ foo に含まれているブランチを表示する。

% git remote show foo


(20) すべてのリモートリポジトリから変更を取得する。マージはしない。

% git fetch --all


ブランチの作成や切り替え、master へのマージは Emacs の git-dwim.el
がめちゃめちゃ便利。egg.el とともに愛用中。

参考情報:
clmemo@aka: Git remote repository と Branch
Gitでリモートの共有リポジトリにあるブランチを消す時のメモ - blog.longkey1.net
"git stash" のもう少し詳しい使い方
[Git] Git コマンドメモ - それはBlog
Gitを使った分散開発管理7 – ブランチとタグを使う – | .dev():クラスメソッド開発ブログ
Git ユーザマニュアル (バージョン 1.5.3 以降用)

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2011-07 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

最終更新時間: 2017-09-15 22:16

検索
最近の話題
- 2017-08-31
  ZenHub と GitHub の Issue/PR URL をトグルするブックマークレットを作った
- 2017-08-07
  github-nippou v3.0.0 released
- 2017-08-02
  『サーバーレスシングルページアプリケーション』を読んだ
- 2017-07-10
  emacs-helm の標準添付から外された helm-elscreen を Melpa に追加した
- 2017-07-05
  WEB+DB PRESS Vol.99の「実践Kubernetes」の第4章でつまづいたメモ #wdpress
- 2017-06-29
  Kubernetes Meetup Tokyo #5 に行ってきた #k8sjp
- 2017-06-26
  『プログラマのためのGoogle Cloud Platform入門』を読んだ
最近追記された記事
- 2017-06-02-1 (76日前)
- 2017-04-29-1 (138日前)
- 2017-04-13-1 (152日前)
- 2017-04-13-1 (154日前)
- 2017-03-02-1 (196日前)
- 2017-02-25-1 (201日前)
- 2017-02-21-1 (205日前)
- 2015-06-07-1 (211日前)
- 2016-10-19-1 (220日前)
- 2016-01-01-1 (232日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (19)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (3)
- Book (87)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- C (26)
- capistrano (4)
- chalow (56)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (10)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (3)
- E-mail (8)
- elasticsearch (4)
- Emacs (220)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (1)
- Game (20)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (17)
- Go (5)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (3)
- Heroku (9)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPhone (15)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (19)
- Linux (6)
- Mackerel (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (1)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (12)
- Rake (2)
- RaspberryPi (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- Rspec (1)
- Ruby (50)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Twitter (14)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (25)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (15)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
Google+