2015-09 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2015-09-06 (日)

『現役プロダクトマネージャーが語る、日本企業におけるプロダクトマネージャーの課題と今後の展望 ~プロダクトオーナーシップ勉強会~』に参加した #postudy

[ITビジネスセミナー] 現役プロダクトマネージャーが語る、日本企業におけるプロダクトマネージャーの課題と今後の展望 - POStudy ~プロダクトオーナーシップ勉強会~

最近よく話題になる、プロダクトマネージャーについて集中して学習する
良い機会と思い、行って来ました。

関さん始め、運営された皆さん、ありがとうございました。期待通りの勉
強会でした。

以下、気になった点の箇条書きです。普段あまり行かない類の勉強会なの
で、量多めです。


1. 【基調講演】プロダクトマネージャーとは



関 満徳氏 POStudy ~プロダクトオーナーシップ勉強会~ 主宰

- プロダクト全体に責任をもっている
- プロジェクトマネージャーとプロダクトマネージャーの責務は PMBOK に定義されている
    - プロジェクトマネージャーは 10 個
    - プロダクトマネージャーは 2 個のみ
        - プロダクトマネジメント
        - 顧客(市場)マネジメント
- 起業家とプロダクトマネージャーの違い
    - 資金調達が必要ない
    - それ以外はだいたい同じ
- 必要な 7 つのスキルがある
- 執行役員以上が担う
- もしくは執行役員以上から期間限定で任命
- ラピッドプロトタイピング
    - プロトタイプを作ったら、関係者ではなく実際のユーザでテスト
- マネジメントとリーダーは違うので、同じ人だったら意識して帽子を脱ぎ変える必要がある
    - 前者は製品を対象とし、チームを対象とする
- "目標を与えれば人は動く"

2. 【キーセッション】個人と組織からもう一度考えるプロダクトマネジャー



新井 宏征氏 株式会社スタイリッシュ・アイデア 代表取締役

- 『プロダクトマネジャーの教科書』の訳者の方
- 「プロダクト」=「製品」ではない
    - プロダクトとは、顧客のニーズや欲求を満たすベネフィットの集合である
    - まあそうだよね
- ドライな目標(MBO)と想いのマネジメント(MBB)の両輪を回すことが組織にとって必要
    - MBO: Management By Objectives
    - MBB: Management By Belief
- "組織が急速に成長しているときには、絶え間ないコミュニケーションと強い一体感が何にもまして重要だ"
- V2MOM でビジョン主導型マネジメント
    - V2MOM (Vision, Values, Methods, Obstacles, Measures)
    - 作成する際にはボトムアップで社員からの声を集めている
    - 「社長目線で考えろ」と精神論を言うのではなく、V2MOM のようなフレームワークをトップも社員も使うことが重要

3. 【キーセッション】プロダクトマネージャーに求められるスキルとマインドセットとは



丹野 瑞紀氏 株式会社ビズリーチ キャリアカンパニー サービス企画本部 本部長

- プロダクトマネジメントなかったら話
    - CS部門、営業部門、社長から「この機能が必要」→ 優先度全て S !!!
- 電通 古川裕也氏
    - 「クリエイティブディレクションの4つの仕事」で「全て最優先を解決する」
- システム思考で問題を明らかにして、
- プロダクトマネージャーは mini CEO
    - これは聞いたことある
    - 会社が倒産したら CEO の責任
    - 同じようにプロダクトについての一切の責任を負う
    - ただし権限はない
    - 共感で人を動かす
- プロダクトマネージャーになるには
    - プロダクトマネジメントについて学ぶ
    - プロダクトマネージャーのように振る舞う
    - 個人でサイドプロジェクトを始める
        - ノンエンジニアは仲間を見つける方法もあるが、自分で手を動かすことをオススメする

4. 【キーセッション】シリコンバレーTech企業でのプロダクトマネージャー業務とは?



柳川 純二氏 株式会社シマンテック ノートン統括事業本部 プリンシパルプロダクトマネージャー

- アップルではプロダクトマネージャーは人気度(≒給与)4 位
    - ちなみに 1 位はアートディレクター
- スタートアップがアーリーステージから抜け始めた頃にプロダクトマネージャーが必要になってくる
    - 弊社がそれ、もしくはそのちょっと先
- シマンテックのプロダクトマネージャーには CorePM と PartnerPM の 2 種類ある
- PartnerPM は Norton 製品全般をパートナー企業向けに展開するため、社内外のステークホルダーの要求仕様を整理、優先順位付け、開発チームへのフィードバックを実施
    - シマンテックではこちらもプロダクトマネージャー。よく聞くプロダクトマネージャーは CorePM と呼ぶ
    - BtoB や BtoBtoC のサービスを提供する企業では(PartnerPM が)多く見られる
    - 弊社でも当てはめられるのでは
        - CorePM と PartnerPM を明確にすることが必要では?
    - PartnerPM はセールスエンジニアとタッグでお客さんのところに行くらしい
    - セールスエンジニアはアカウント(担当の会社)を持つが、PartnerPM は地域全般を担当する
- 優先順位付けモデルを使って、優先順位付け



5. 【パネルディスカッション】日本企業におけるプロダクトマネージャーの課題と今後の展望


上記 4 名の方で。参加者からの質問も交えつつ。

- プロダクトマネージャーの育成
- リーダーシップを発揮する
- 素振りをする
    - 世の中のプレスリリースを読んで、いろいろ仮説を立てて検証するとか
        - なぜこの機能を先に出したのかとか
- 自分で画面設計をしてみる

途中、ノンエンジニアはプロダクトマネージャーになれるのか?というア
ンケートの解答の話が出たので、それに絡めて質問してみました。

Q. エンジニアからプロダクトマネージャーになる時に、コードが書く時
間がなくなり、自分のキャリアプランが変わることに悩みはなかったか?

直接的な Answer はこんな感じでした。
- 戻ることも出来る
- 特に悩まなかった
- とにかくユーザの問題を解決したかった(←うろ覚え)

派生してこんな話にもなりました。
- コミュニケーション力は少なくてもよい。ファシリテーション力やリーダーシップは必要
- 人に興味を持ちましょう。ビジネスに興味を持ちましょう
- アメリカでは、どのくらい儲かるか考えてコードを書くエンジニアが多い

最後の「どのくらい儲かるか考えて」は、それが良くも悪くも日本なんだ
なあと思いました。

あと、プロダクトマネージャーは誰も拾わないボールを拾うことが求めら
れる、という話も出ました。

私は誰も拾わない技術的なボールも拾うようにしていますが、全職種にま
たがるボールは拾えないなあ...などと言った気がします。



とは言え、マクロ的な視点で自分の職責を俯瞰することは大事なので、そ
こは常に意識していきます。

追記(2015-09-07):
Togetter まとめはこちら。

追記(2015-09-09):
資料が公開されたので追加しました。

2015-09 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

検索


最近の話題
- 2020-11-10
  『理論から学ぶデータベース実践入門』を読んだ
- 2020-10-30
  CircleCI の旧 UI で設定した Slack Integration の設定を確認も変更も削除もできない件への対応方法
- 2020-09-03
  Looker User Meetup in Tokyo #4(BEACON Japan 前夜祭)に参加した #lookermeetup
- 2020-09-02
  CircleCI の orb を fork して PR を送る前の動作確認方法
- 2020-08-21
  テレビ用に HDMI 切替器を買った
- 2020-08-16
  Emacs-27.1 がリリースされたので elscreen.el を tab-bar.el に移行した
- 2020-08-14
  Chromecast を第1世代から第3世代に買い替えた
最近追記された記事
- 2014-11-02-2 (253日前)
- 2020-01-22-1 (259日前)
- 2019-02-11-1 (433日前)
- 2019-02-03-1 (433日前)
- 2019-01-28-1 (433日前)
- 2019-02-03-1 (475日前)
- 2018-11-28-1 (489日前)
- 2019-05-07-1 (569日前)
- 2018-04-30-1 (584日前)
- 2018-01-28-1 (596日前)
カテゴリ
- Android (2)
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (24)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (4)
- Book (110)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- capistrano (4)
- chalow (57)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (13)
- clang (26)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (5)
- E-mail (9)
- elasticsearch (4)
- Emacs (225)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (2)
- Game (21)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (23)
- golang (11)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (7)
- Heroku (21)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iOS (1)
- iPad (1)
- iPhone (17)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (24)
- Linux (7)
- Mackerel (1)
- macOS (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (2)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (13)
- Rake (2)
- RaspberryPi (2)
- Redash (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- RSpec (2)
- Ruby (54)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (4)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Terraform (3)
- Twitter (15)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (26)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (19)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2020 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12