2019-08 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2019-08-05 (月)

Heroku Logging Add-on Papertrail と LogDNA の比較

Papertrail


Free プランでも S3 にアーカイブ可能。しかもアーカイブパスは Athena のパーティション形式で、アップロードは 1 時間に 1 回という高頻度(※)。

※ 例えばアーカイブ先を s3://example-logs/ にした場合、以下の形式でアップロードされる。

s3://example-logs/dt=2019-08-01/2019-08-01-00.tsv.gz
s3://example-logs/dt=2019-08-01/2019-08-01-01.tsv.gz
s3://example-logs/dt=2019-08-01/...
s3://example-logs/dt=2019-08-01/2019-08-01-23.tsv.gz
s3://example-logs/dt=2019-08-02/2019-08-02-00.tsv.gz
s3://example-logs/dt=2019-08-02/2019-08-02-01.tsv.gz
s3://example-logs/dt=2019-08-02/...
s3://example-logs/dt=2019-08-02/2019-08-02-23.tsv.gz

Athena で Table を作るときに PARTITIONED BY ( dt string ) を付与してパーティションを有効にすれば、where dt = '2019-08-02' などで絞り込みができる。当該パーティション以外はロードされないので、高速かつ料金も抑えられる。


LogDNA


Free プランだと、Add-on を表示しているときしかログを溜めない。Search Retention の Unlimited Live Tail がそれ。正直使い物にならないと思う。一番安い有料プラン $5/mo にすれば、Search Retention が 7 Days になり、使い物になる。

Free プランだと S3 へのアーカイブは出来ない。有料プランにしても S3 のアーカイブは Athena のパーティション形式ではないし、頻度も 1 日 1 回。

Athena の料金を抑えたり検索速度を上げるためには、Lambda などを使って Athena のパーティション形式に変更する必要がある。業務ではそうしている。

所感


業務では Papertrail を使っていたんだけど、2018 年 9 月に数日間にもおよぶインシデントが起きたことがきっかけで、LogDNA に乗り換えた。

LogDNA は Papertrail より結構安かったり、UI がシュッとしていたり、目立ったインシデントが今のところないことが優位。

Papertrail は $33/mo の次が $65/mo などと少々お得ではなかったり、UI が古めかしかったりするけど、Rails の request ID をクリックすると絞り込めたり、S3 へのアーカイブパスが Athena のパーティション形式だったり、かゆいところに手が届いていると感じる。

もう Papertrail 許しちゃおうかな...。

CloudFront ログでも Lambda 使って Athena のパーティション形式に変更しているので、そこまで積極的に移行する理由がないのがモヤモヤポイント。

2019-08 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

最終更新時間: 2019-12-03 22:20 JST

検索


最近の話題
- 2019-11-17
  3ヶ月間、総務省の家計調査に協力していた
- 2019-10-28
  『Clean Architecture』を読んだ
- 2019-10-10
  terraform-provider-healthchecksio を Terraform Plugin SDK に移行した
- 2019-09-20
  本番環境で heroku run する時の tips
- 2019-08-16
  『改訂2版 みんなのGo言語』を読んだ
- 2019-08-13
  『カード決済業務のすべて』を読んだ
  『実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた』を読んだ
- 2019-08-05
  Heroku Logging Add-on Papertrail と LogDNA の比較
最近追記された記事
- 2019-02-11-1 (71日前)
- 2019-02-03-1 (71日前)
- 2019-01-28-1 (71日前)
- 2019-02-03-1 (113日前)
- 2018-11-28-1 (127日前)
- 2019-05-07-1 (207日前)
- 2018-04-30-1 (222日前)
- 2018-01-28-1 (234日前)
- 2019-02-11-1 (294日前)
- 2019-01-20-1 (312日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (23)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (4)
- Book (107)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- capistrano (4)
- chalow (57)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (10)
- clang (26)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (4)
- E-mail (9)
- elasticsearch (4)
- Emacs (223)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (2)
- Game (21)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (23)
- golang (11)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (6)
- Heroku (20)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPad (1)
- iPhone (17)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (24)
- Linux (7)
- Mackerel (1)
- macOS (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (2)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (13)
- Rake (2)
- RaspberryPi (2)
- Redash (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- RSpec (2)
- Ruby (52)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Terraform (2)
- Twitter (15)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (26)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (17)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12