2009-06-13 (土)

tdiary のテーマを最新にした [chalow]

今まで安定版のテーマを使っていましたが、開発版で良いことに今更気が
つきました。開発版の方がテーマの数が増えています。

以下、今回やったことです。
修正したテーマは tar で固めて、ここに置きました。

1. http://www.tdiary.org/ から、tdiary-theme-2.3.2.tar.gz をダウンロードした。



2. 以下を行うシェルスクリプトを作成し、実行した。



- 全ての *.css の先頭に以下の 1 行を追加。参考情報→[2009-05-24-1]

@import "/prettify/prettify.css";



- 古いディレクトリの clfix.css を新しいディレクトリにコピーし、
コピーしたディレクトリにある「テーマ名.css」に以下の 1 行を追加。参考情報→[2009-02-21-1]

@import "clfix.css";



- chmod -R go-w .

3. いくつかの clfix.css には、オリジナルの「テーマ名.css」を修正したことをメモしてある。その通りに修正した。



作成したシェルスクリプトは以下になります。

続きを読む

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2009-06-02 (火)

Twitter を始めてみた [chalow][Twitter]

Twitter(ついったー)とは、アカウントを作ると自分のつぶやきを投稿でき
るサービスだそう。他の人のつぶやきに対して、フォローという名の返信
をすることもできるとのこと。

Wikipedia - Twitter
Twitter 公式サイト
Twitter をはじめよう! - GreenSpace

寂しがり屋向けのサービスなのだろうか。。。
上のサイトを見る限り、他の可能性もあるようだけど。
でも、まあとにかく始めてみた。このブログの左側にも表示させてみた。

追記(2009-06-07):
なんだか重いので、左側に表示させるのは止めました。

2009-06-02 (火)

TopHatenar を付けてみた [chalow]

今度はサイドメニューの下の方に、TopHatenar というのを付けました。
TopHatenar

ブログのランキングを表示してくれます。ランキングは、RSS フィード購
読者数やソーシャルブックマーク獲得数から決定しているようです。

ランキングは現在最下位でございます。
ついでに、ここ 3 ヶ月のアクセス分析をしました。

3,465 名の方が、6,278 回アクセスして下さいました。1 日に換算すると、
約 40 名の方の、約 70 アクセスになります。

Page ViewVisit
6,2783,465

上記カウント数のうち、検索エンジン経由で来た方のランキングです。
No検索エンジン検索フレーズ割合カウント
1GoogleSP27213.exe1.5%35
2Googleprintf 自作1.3%31
3Googlesvn: URL に対し ra_local セッションを開始できません0.9%22
4Googlesvn ra_local セッションを開始できません0.7%16
5Googlexz 圧縮0.6%15
6Googlesp27213.exe 使い方0.5%13
7Googlewave mp3 変換0.5%13
8Googlesolaris 9 ntp0.5%12
9Googlewav mp3 変換0.5%12
10Googleapache favicon0.3%9

まあ、なんというかアレゲなランキングになってしまいました。

少ないアクセスではありますが、なるべく正確な情報や手順を心がけてい
ます。誰かの役には立っているのかな?これからもよろしくお願いします。

追記(2009-06-08):
TopHatenar はもう少し購読者が増えてから設置することにします。^^;

追記(2009-08-01):
少し購読者が増えたので、また設置しました。

2009-05-29 (金)

このブログをケータイで見た時のリダイレクト [chalow]

このブログがケータイからアクセスされたら、内部でケータイ向けのペー
ジにリダイレクトするように設定してみた。

リダイレクトとしては以下の動作になる。アクセスした人はリダイレクト
されたことに気づかないはず。

YYYY-MM-DD-I.html へのアクセス例
  http://masutaka.net/chalow/2009-05-29-1.html
  (→http://masutaka.net/chalow/clkeitai.cgi?date=2009-05-29-1)

YYYY-MM-DD.html へのアクセス例
  http://masutaka.net/chalow/2009-05-29.html
  (→http://masutaka.net/chalow/clkeitai.cgi?date=2009-05-29)

それ以外の *.html へのアクセス例
  http://masutaka.net/chalow/index.html
  (→http://masutaka.net/chalow/clkeitai.cgi)

.htaccess への記載内容は以下のとおり。

RewriteEngine on
RewriteBase /

RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} (J-PHONE|SoftBank|Vodafone|DoCoMo|KDDI)
RewriteRule ^chalow/([0-9]+-[0-9]+-[0-9]+(-[0-9]+)?)\.html$ chalow/clkeitai.cgi?date=$1 [L]

RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} (J-PHONE|SoftBank|Vodafone|DoCoMo|KDDI)
RewriteRule ^chalow/(.*\.html)?$ chalow/clkeitai.cgi [L]



clkeitai.cgi はデフォルトのままなので、トップと日ペー
ジ(YYYY-MM-DD.html)、それにアイテムページ(YYYY-MM-DD-I.html)しか表
示できない。だから、それ以外のページが指定されたらトップを表示する
ようにしている。

表示後にブログ内のリンクをクリックすると、URL に clkeitai.cgi が出
てしまうのもイマイチか。

参考にしたページ:
「を」このブログをケータイで見たときのリダイレクトと「はてブ」リンクの修正

ついでにサイドメニューに、QR コードを張り付けてみた。
QR コードは http://qrcode.jp/ で作れるよ。

2009-05-25 (月)

FoxMeter を付けてみた [chalow]

サイドメニューの下の方に、FoxMeter を付けました。
公式サイトによると、以下の機能だそうです。うーむ。

- サイト訪問者の Firefox3 移行率を、簡単にチェック!
- 最大の特徴は、Firefox3 への移行状況に応じて、「フォクすけ」の表情
  が変わっていく、という点です。

フォクすけ
フォクすけ

2009-05-24 (日)

サイドメニューの「カテゴリ」を大文字小文字無視でソート [chalow]

今回も「戯術者の日記」を参考にさせて頂きました。

--- orig/chalow-1.0/chalow	2007-10-19 23:15:01.000000000 +0900
+++ chalow-1.0/chalow	2009-05-24 23:57:16.000000000 +0900
@@ -1174,7 +1174,7 @@
 #    return if ($output_cat_pages == 0);

     my @lines = ();
-    foreach my $cat (sort keys %{$cl->{CAT}}) {
+    foreach my $cat (sort { lc $a cmp lc $b } keys %{$cl->{CAT}}) {
 	my $n = $cl->{CAT}->{$cat};
 	my $url;
 	if ($output_cat_pages) {



参考にしたページ:
戯術者の日記:カテゴリ一覧を大文字小文字無視でソート

追記(2011-07-06):
カスタマイズできるようにして、GitHub に push しました。

2009-05-24 (日)

cl.rdf にもカテゴリ表示 [chalow]

RSS リーダーを使うと、自分の見たい Web サイトの更新を自動で確認
してくれます。未読管理が出来るものも多いです。ぜひ使ってみてくださ
い。数ある RSS リーダーの中でも、私は Google リーダーをお薦めします。
ちなみに、このブログの登録フィードはこちらです。

RSS リーダーでは各記事のタイトルにカテゴリ名が付かないので、付ける
ようにしてみました。cl.rdf の出力が変わります。

--- orig/chalow-1.0/chalow	2007-10-19 23:15:01.000000000 +0900
+++ chalow-1.0/chalow	2009-05-24 17:54:55.000000000 +0900
@@ -1089,7 +1089,7 @@

 	    push @items, {
 		permlink => $permlink,
-		itemheader => html2xmlstr($e->{$i}{h}),
+		itemheader => html2xmlstr("[".join("][", @{$cl->{all}->{$ymd}->{$i}->{cat}})."] ".$e->{$i}{h}),
 		itemauthor => $e->{$i}{a},
 		itemcontent => $cont,
 		itemcontentencoded => $coen,



参考にしたページ:
戯術者の日記:rdfファイルにもカテゴリ表示
戯術者の日記:続きを読…めない

追記(2009-08-31):
twitterfeed の出力が不格好になるので、元に戻しました(カテゴリ名を付
けないようにしました)。

2009-05-24 (日)

private item と normal item [chalow]

各日付の中で private item (p:) と normal item をどういう順番で置く
かは、自分で決めておかないとマズイね。

例えばある日付の中で、両者が交互に出現すると [YYYY-MM-DD-I] を使っ
た参照がややこしくなる。private item の方が数が少ないと思うから、
normal item が下、private item を上に置くようにすると良さそう。

あと、[YYYY-MM-DD-I] で参照されているアイテムを移動すると、リンクが
切れてしまう。アイテムを移動するときは、そのアイテムの参照元も修正
する必要がある。

2009-05-24 (日)

Lisp 系のソースコードにも色を付ける [chalow]

[2009-05-24-1] の続きです。

リリース元の解説にも書いてありますが、Lisp 系のソースは拡張サポート
のようで、自動判別してくれません。変な色になってしまいます。
lang-lisp.js も別途読み込ませる必要があるようです。

以下、Emacs Lisp を例に説明します。他の Lisp 系言語で色付けする参考
にもなるかと思います。lang-lisp.js もご覧下さい。

[2009-05-24-1] とは、cl.conf と chalow の修正が変わります。4 と 5
の手順を以下に置き換えてください。あと、[src]〜[/src] の代わり
に [src_el]〜[/src_el] を使って下さい。

4'. cl.conf を修正します。全ての </body> の直前に、以下を挿入すれば
よいでしょう。

<script type="text/javascript" src="http://masutaka.net/prettify/prettify.js"></script>
<script type="text/javascript" src="http://masutaka.net/prettify/lang-lisp.js"></script>
<script>prettyPrint();</script>



※ 私は $side_menu を全てのページで表示するようにしているので、その
先頭に 1 つだけ追加しています。

5'. chalow を修正します。以下はオリジナル(chalow-1.0.tar.gz)の
chalow へのパッチです。

--- orig/chalow-1.0/chalow	2007-10-19 23:15:01.000000000 +0900
+++ chalow-1.0/chalow	2009-05-23 23:39:10.000000000 +0900
@@ -1275,6 +1275,8 @@
 my %escaped_src;
 my $num_of_escaped_plugin;
 my %escaped_plugin;
+my $num_of_escaped_src_el;
+my %escaped_src_el;

 sub escape_string {
     my ($strp) = @_;
@@ -1304,16 +1306,27 @@
     $$strp =~ s!{{(.*?)}}!
 	$escaped_plugin{++$num_of_escaped_plugin} = $1,
 	sprintf("\x7\x13%d\x3", $num_of_escaped_plugin)!gsmxe;
+
+    ### Emacs Lisp ソースエスケープ - "&" や "<" などを置換し pre を付ける
+    $num_of_escaped_src_el = 0;
+    $$strp =~ s!\[src_el\](.*?)\[/src_el\]!
+	$escaped_src_el{++$num_of_escaped_src_el} = $1,
+	$escaped_src_el{$num_of_escaped_src_el} =~ s/&/&amp;/g,
+	$escaped_src_el{$num_of_escaped_src_el} =~ s/</&lt;/g,
+	$escaped_src_el{$num_of_escaped_src_el} =~ s/>/&gt;/g,
+	sprintf("\x8\x13%d\x3", $num_of_escaped_src_el)!gsmxe;
 }

 sub unescape_string {
     my ($strp) = @_;

+    ### Emacs Lisp ソースアンエスケープ - pre 追加
+    $$strp =~ s|\x8\x13(\d+)\x3|</p><pre class="prettyprint lang-el">$escaped_src_el{$1}</pre><p>|g;
     ### プラグインアンエスケープ - 実行!
     $$strp =~ s|\x7\x13(\d+)\x3|eval($escaped_plugin{$1})|ge;
     ### ソースアンエスケープ - pre 追加
     #$$strp =~ s|\x6\x13(\d+)\x3|<pre>$escaped_src{$1}</pre>|g;
-    $$strp =~ s|\x6\x13(\d+)\x3|</p><pre>$escaped_src{$1}</pre><p>|g;
+    $$strp =~ s|\x6\x13(\d+)\x3|</p><pre class="prettyprint">$escaped_src{$1}</pre><p>|g;
     ### HTML アンエスケープ
     $$strp =~ s|\x5\x13(\d+)\x3|$escaped_string{$1}|g;
 }



[src_el]〜[/src_el] は使いたくなかったのですが、<pre class="prettyprint">
ではダメで <pre class="prettyprint lang-el"> ならうまくいったという
状況だったので、泣く泣く使うことにしました。

ま、google-code-prettify が対応することがあったら、上の修正を元に戻
せばいいだけですからね。

追記(2011-06-06):
最新版の 1-Jun-2011 は lisp の色づけが出来なくなっていました。
21-Jul-2010 版なら OK です。詳細未調査。

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2009-05-24 (日)

ソースコードに色を付ける [chalow]

[2009-05-23-1] のように、時々ソースコードを貼り付けることがあります
が、色が付かなくて寂しかったので google-code-prettify で色を付ける
ようにしてみました。chalow 以外のブログにも使えると思います。

[src]〜[/src] で囲まれたソースの言語を自動判別して、適切
に色付けしてくれます。

1. http://code.google.com/p/google-code-prettify/ から、
"prettify-small-日付.zip" をダウンロードします。("prettify-日付.zip"
は *.js が圧縮されていません。こだわりがなければ small の方をダウン
ロードすればよいでしょう。)

2. 解凍してできる *.css と *.js をご自分の Web スペースにアップしま
す。今回は http://masutaka.net/prettify/ にアップしました。以下、こ
の状態を前提に話を進めます。

3. お使いの CSS に、以下を追加します。

@import url(http://masutaka.net/prettify/prettify.css);



4. cl.conf を修正します。全ての </body> の直前に、以下を挿入すれば
よいでしょう。

<script type="text/javascript" src="http://masutaka.net/prettify/prettify.js"></script>
<script>prettyPrint();</script>



※ 私は $side_menu を全てのページで表示するようにしているので、その
先頭に 1 つだけ追加しました。

5. chalow を修正します。以下はオリジナル(chalow-1.0.tar.gz)の
chalow へのパッチです。

--- orig/chalow-1.0/chalow	2007-10-19 23:15:01.000000000 +0900
+++ chalow-1.0/chalow	2009-05-23 23:35:24.000000000 +0900
@@ -1313,7 +1313,7 @@
     $$strp =~ s|\x7\x13(\d+)\x3|eval($escaped_plugin{$1})|ge;
     ### ソースアンエスケープ - pre 追加
     #$$strp =~ s|\x6\x13(\d+)\x3|<pre>$escaped_src{$1}</pre>|g;
-    $$strp =~ s|\x6\x13(\d+)\x3|</p><pre>$escaped_src{$1}</pre><p>|g;
+    $$strp =~ s|\x6\x13(\d+)\x3|</p><pre class="prettyprint">$escaped_src{$1}</pre><p>|g;
     ### HTML アンエスケープ
     $$strp =~ s|\x5\x13(\d+)\x3|$escaped_string{$1}|g;
 }



chalow を実行してサイトを構築し直せば、ソースコードに色が付いて
いると思います。

リリース元の解説はもちろん参考になりましたが、それ以上に
404 Blog Not Found:javascript+CSS - google-code-prettifyの導入
が大変参考になりました。ありがとうございます。

ただ、Lisp 系のソースの色付けがうまくいきません。長くなるので、次の
記事 [2009-05-24-2] で説明します。

google-code-prettify の他に、Text::VimColor を使う方法もあるようで
す。ただ、さくらインタネットには vim がインストールされていなかった
ので、今回は試しませんでした。


2009-05-23 (土)

コメントが投稿されたら私宛にメール送信 [chalow]

@pages の時は、自宅の Linux の cron にベタベタなシェルスクリプトを
仕掛けていました。
→1 時間に 1 回、lftp でコメントのログファイルを取りに行く。前回と
diff があり、スパムでないコメントが含まれていたら、ローカルのメール
サーバから私宛にメール送信。

さくらインターネットになって、CGI からメールを送れるようになったの
で、コメントが投稿されたら私宛にメール送信するようにしました。

送信に使ったのは、Perl の MIME::Lite モジュールです。MIME::Lite は、
送信方法を sendmail と SMTP から選べたり、ファイル添付もできる便利
なモジュールです。今回は sendmail を使いました。

今回もオリジナル(kuttukibbs-1.0rc3.tar.gz)の kuttukibbs.conf と
kuttukibbs.cgi へのパッチを貼り付けておきますね。

続きを読む

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2009-05-19 (火)

masutaka.net のファイルを直接編集 [Emacs][chalow]

Emacs には、リモートホストにあるファイルをあたかもローカルにあるよ
うに扱える Tramp という機構がある。例えば remotehost の $HOME を開
きたい場合は、以下のように find-file する。

C-x C-f /remotehost:


パスワードを聞かれない設定は [2007-01-27-1] にまとめてある。

接続方式は、tramp-default-method の値が使われる。私の環境では初期値
として、"scp" が設定されていた。

ただ、masutaka.net に接続しようとすると、ミニバッファに以下のメッセー
ジが出て接続できなかった。

Tramp: Waiting for prompts from remote shell


ググってみたら、そのものズバリのページがあった。
TRAMPとZsh - ゴミ箱の中の雑記帳

私の場合も Emacs の TRAMP のバッファでは接続できているように見え、
プロンプトの前に ^M が 2 つ付いている。リモートホストのログインシェ
ルが zsh だと、プロンプトの前の ^M が悪さをするようだ。

TRAMP の接続方法を scp から scpx に変更すると、標準のログインシェル
ではなく /bin/sh が使われるとのこと。で、以下の設定をしたら接続でき
た。やった!

(setq tramp-default-method "scpx")


ちなみに、ftp でしかアクセスできないリモートホストは以下のように
find-file する。

C-x C-f /ftp:remotehost:


デフォルトの接続方法を ftp にしたい場合はこんな設定。

(setq tramp-default-method "ftp")


追記(2009-05-23):
時々、ファイルの保存中に応答がなくなることがあって、C-g するとファ
イルが壊れてしまう。原因不明。ローカルにコピーして修正したものを
rsync でコピーした方が良さそう。

2009-05-17 (日)

masutaka.net に引っ越しました!! [chalow]

masutaka.net を取得し、コンテンツも移動しました。
[2009-05-17-1] のリダイレクトの設定をしたので、ブラウザの URL も
http://masutaka.net/chalow/ になっていると思います。

▼今までのアクセス
読者 -> http://www8.atpages.jp/hotsuma/*

▼これからのアクセス
読者 -> http://masutaka.net/* -内部-> http://masutaka.sakura.ne.jp/*
読者 -> http://www8.atpages.jp/hotsuma/* -自動転送-> http://masutaka.net/*

レンタルサーバは @pages から、さくらインターネットに変更しました。
私が注目した違いはこんな感じです。(ディープな使い方はしていないので、
悪しからず。。。)

@pagesさくらインターネット(スタンダードプラン)
料金¥0¥1,000(初期費用)+¥5,000(年間)
アップロード方法FTPSSH,FTP
cron×
CGIからのメール送信×
転送量制限1MB以上の転送は5KB/sに制限される10GB(日)
DISK容量1GB3GB
※ masutaka.net のドメイン取得料金は年間 ¥1,885 でした。同じさくら
   インターネットで契約しました。

SSH でログインできるので、ファイル転送に rsync が使えるようになりま
した。FTP の 10 倍は速くなったと思います。cron も使えますし、かなり
メンテしやすくなりました。

海外のレンタルサーバ Dreamhost も考えましたが、以下の理由により今回
は取り下げました。

- 日本語の解説ページが充実しているとはいえ、手続きは全て英語。
- あそこまでの機能は求めていない。
- http://iisaba.com/ の割引を使えば、年間のおおよその料金が
  ¥12,000 から ¥7,000 になるが、他の人に依存したくなかった。
- できれば日本のレンタルサーバを使ってあげたかった。

まあ、将来引っ越したとしても masutaka.net の転送先を Dreamhost にす
れば良いだけですからね。:-)

追記(2009-06-01):
リダイレクトの設定をしたおかげで、Google の検索結果が徐々に
masutaka.net に置き換わって来ました。Yahoo に至っては、前の URL で
検索してもヒットしなくなりました。早い!

2009-04-08 (水)

「未分類」というカテゴリを作りました。 [chalow]

カテゴライズしていない記事を救うために(?)、「未分類」というカテゴリ
を作りました。今回は ChangeLogReader.pm へのパッチです。意外に簡単
でした。

--- ChangeLogReader.pm.org	2005-08-10 11:31:46.000000000 +0900
+++ ChangeLogReader.pm	2009-04-08 21:00:41.000000000 +0900
@@ -152,6 +152,8 @@
 #    print "[[[[$ih]]]\n";
     if ($ih =~ s/\s*\[(.+)\]$//) { # category
 	@cat = split(/\s*\]\s*\[\s*/, $1);
+    } else {
+	push(@cat, "未分類");
     }

     # Processing item content



ついでに軽い不具合も発見したので修正。カテゴリに含まれる記事の数が
$cat_page_entry_max の倍数だと、「次ページ」を 1 つ多く作っていました。

--- chalow.org	2007-10-19 23:15:01.000000000 +0900
+++ chalow	2009-04-08 21:54:41.000000000 +0900
@@ -661,6 +661,10 @@
         my $n = $cat_page_entry_max;
         my $num_of_old_pages = int(@ents / $n);

+	if (int(@ents % $n) == 0) {
+	    $num_of_old_pages -= 1;
+	}
+
         my @fnames;
         for (my $i = 0; $i <= $num_of_old_pages; $i++) {
             $fnames[$i] = get_category_filename($catname);



追記(2011-07-06):
後者の修正は GitHub に push しました。

2009-03-28 (土)

トップページ以外は、古い記事→新しい記事の順で表示するようにしました。 [chalow]

トップページ以外(日ページ、月ページ、カテゴリページ)は、各アイテム
を古い記事から新しい記事の順に表示するようにしました。

例えばあるカテゴリや、ある月の記事を最初から最後まで見る場合は、古
い記事→新しい記事の順で並んでいたほうが見やすいと考えたからです。
(そんな人がいるのかはヽ(^_^;))((^,^;)ノ置いといて。)

今回も chalow 本体を修正しました。オリジナル(chalow-1.0.tar.gz)の
cl.conf と chalow へのパッチを貼り付けておきますね。

追記(2011-07-06):
GitHub に push しました。

続きを読む

2009-03-26 (木)

「最近追記された記事」を自動更新するようにしました。 [chalow]

[2009-03-21-1] に手動更新でお茶を濁していた「最近追記された記事」で
すが、自動更新するようにしました。

「追記YYYYMMDD:」といったマークをつけて追記すると、左側の「最近追加
された記事」に自動的に表示されます。デフォルトの設定では 5 つ表示し
ます。"YYYYMMDD" は例えば "20090326" です。chalow を更新しないと、
(?日前) は更新されません。

[2009-03-22-3] の ChangeLogReader.rb で実装しようかなとも考えていま
したが、結局 chalow 本体を修正しました。Perl 初心者なので、変なこと
してたら教えてください。^^;

以下にオリジナル(chalow-1.0.tar.gz)の cl.conf と chalow へのパッチ
を貼り付けておきます。

追記(2009-04-05):
例えば 2009.4.5 に [2009-03-07-1][2009-03-26-1] に追記を行うと、
後者だけしか「最近追記された記事」の候補に上がらないので chalow へ
のパッチを差し替えました。
また、埋め込む URL を絶対パスから相対パスに変更しました。

追記(2011-07-06):
GitHub に push しました。

続きを読む

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2009-03-23 (月)

各記事ごとにコメントを付けられるようにしました。 [chalow]

もはや私以外は興味ないと思いますがw、続けます。

各記事ごとにコメントを付けられるようにしました。レイアウトはすっき
りさせたつもりです。

こういうブログサイトって、いろいろな機能がカオスのように付いてます
よね。当人以外は何がなんだか分からないのでは...。ああはならないよう
に、一つ増やしたら一つ減らすの精神で精進していきます。

で、いきなり矛盾しますが、左側になかのひとを設置しました。日本地図
の画像です。「どんな組織からアクセスがあったか」が分かります。一般
の大手プロバイダーからのアクセスは集計しません。

何がすごいって、アクセスがあった会社名をクリックすると、その会社の
地図が表示されるんです。最初のインパクトは大きいです。お〜ってなり
ます(笑)。ブログを持っている人は試してみると良いかも。

2009-03-23 (月)

FTP とタイムスタンプ [chalow]

「くっつき BBS」の各ログファイルをローカルに持ってきて、リモートに
アップしたらタイムスタンプが更新されてしまった。どうやら FTP の仕様
にはタイムスタンプを扱う機能はないらしい。
(URL: http://nsjnotes.blogspot.com/2008/04/ftp_11.html)

左側の「最近コメントを頂いた記事」が全て「(0時間前)」になってしまっ
た。うーん。(x_x)

2009-03-22 (日)

rchalow [chalow]

Ruby 版の Chalow ってのがありました。
(URL: http://www.ftnk.jp/~fumi/cl/2009-02-12-1.html)

移行するかどうかは置いといて、rchalow-0.0.2.tar.bz2 に同封の
ChangeLogReader.rb。これを使えば Perl が分からない私でも
[2009-03-21-1] の tuiki.js を作れそうな気がしてきました。

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2009-03-22 (日)

全てのページでサイドメニューを表示するようにしました。 [chalow]

デフォルトの cl.conf は、トップページにしか左側のサイドメニューを表
示しない設定になっていました。良く分からないので放置していましたが、
この度一念発起して全てのページで表示するようにしました。レイアウト
も統一したので、各ページがだいぶフラットになりました。

内部的には、カウンタやアクセス解析を書く場所を統一できたため、管理
が楽になりました。

chalow ver2 早く出ないかな。
(URL: http://chalow.net/2008-01-26-1.html)

最終更新時間: 2020-08-10 15:55 JST

検索


最近の話題
- 2020-07-24
  何年も続いている私の Emacs パッケージ管理方法
- 2020-07-17
  Android の HTTP Shortcuts アプリで Slack Status 変更と勤怠打刻をいい感じにする
- 2020-07-14
  『第5回 データアーキテクト(データ整備人)を”前向きに”考える会』に参加した #前向きデータ整備人
  iPhone X から Pixel 3a XL に乗り換えて一週間経った
- 2020-06-09
  『第4回 データアーキテクト(データ整備人)を”前向きに”考える会』に初参加した #前向きデータ整備人
- 2020-06-08
  エニタイムフィットネスを退会した #筋トレ
- 2020-05-24
  iOS のショートカットで Slack Status 変更と勤怠打刻をいい感じにする
- 2020-04-11
  Docker マルチアーキテクチャイメージのメモ
最近追記された記事
- 2014-11-02-2 (142日前)
- 2020-01-22-1 (148日前)
- 2019-02-11-1 (322日前)
- 2019-02-03-1 (322日前)
- 2019-01-28-1 (322日前)
- 2019-02-03-1 (364日前)
- 2018-11-28-1 (378日前)
- 2019-05-07-1 (458日前)
- 2018-04-30-1 (473日前)
- 2018-01-28-1 (485日前)
カテゴリ
- Android (2)
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (24)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (4)
- Book (109)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- capistrano (4)
- chalow (57)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (11)
- clang (26)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (5)
- E-mail (9)
- elasticsearch (4)
- Emacs (224)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (2)
- Game (21)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (23)
- golang (11)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (7)
- Heroku (21)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iOS (1)
- iPad (1)
- iPhone (17)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (24)
- Linux (7)
- Mackerel (1)
- macOS (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (2)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (13)
- Rake (2)
- RaspberryPi (2)
- Redash (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- RSpec (2)
- Ruby (54)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (4)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Terraform (3)
- Twitter (15)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (26)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (19)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2020 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12