2009-03-22 (日)

シムエントリ [chalow]

たつをの ChangeLog」を見ていたら、各記事の最後にこんなのが付いて
いました。
シムエントリ

↓面白そうなので、各記事の下に付けてみました。邪魔になったらまた考えます。

追記(2009-03-23):
記事ごとにコメントを付けられるようにしたら早速邪魔になったので、
「固定リンク」の先でだけ表示するようにしました。

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2009-03-21 (土)

最近追記された記事 [chalow]

過去の記事に断りなく修正することがありますが、「追記YYYYMMDD:」と断
り(?)を入れて追記することもあるので、左側に「最近追記された記事」を
表示するようにしました。
(URL: http://chalow.net/2005-01-31-4.html)

最近追記された記事

「最近コメントを頂いた記事」や「最近トラックバックを頂いた記事」と
同じように、JavaScript ファイル tuiki.js を作って index.html から読
み込ませています。ただ tuiki.js を更新するスクリプトがないため、
まだほぼ手動で更新しています...。もちろん自動化しますが、さてどうやっ
てやろうかな。

記事 ID ではなく、記事タイトルを表示するのも良いかもしれません。
(URL: http://chalow.net/2008-09-21-3.html)

2009-02-21 (土)

tdiary のテーマを使う [chalow]

[2007-09-17-4]の改良版。
他のテーマにも応用が効くようにしてみた。以下は lightning テーマの場合。

1. lightning.css の先頭に以下を追記する。

@import "clfix.css";


2. lightning.css と同じディレクトリに、下記 clfix.css を置く。
   for lightning theme

他のテーマもいくつか対応したので、各 clfix.css へのリンクを張って
おきますね。

for clover theme
for darkwhite theme
for digital_gadgets theme
for orange-blue theme
for orange-border theme
for sleepy_kitten theme
for summer_wave theme
for treetop theme
for winter theme

tdiary のテーマギャラリーはこちら。外観が一覧で確認できるのでオススメ。

追記(2009-06-13):
tar で固めて、ここに置きました。
ソースコードに色付けする prettify.css も import するようにしていま
す。[2009-06-13-1] をご覧下さい。

2009-01-10 (土)

方言 [chalow]

忍者ツールに「ホウゲン」があったので、サイドバーに設置してみました。
このページがテンション低いので、「テンション高く」にするとちょうど
良いかもしれない。

2008-12-11 (木)

このブログのスパム対策 [chalow]

[2008-12-04-1]のその後。

kuttukibbs.cgi をいじって、なんちゃってスパム対策をしました。
スパムと判定したら、書き込みを無視するようにしました。

追記(2009-03-28):
オリジナル(kuttukibbs-1.0rc3.tar.gz)の kuttukibbs.conf と
kuttukibbs.cgi へのパッチを貼り付けておきます。

続きを読む

2008-12-04 (木)

このブログへのスパム [chalow]

[2008-09-29-1]のその後。

メールのスパムは減ったけど、このブログのコメントへのスパムがついに
やってきました。。。ここ数日手動で消しています。めんどくさい。。。
パスワードかけなくちゃいけないなあ。どうやるんだろう。^^;

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2008-09-29 (月)

コメントとトラックバックを設置しました。 [chalow]

「くっつき BBS」と「くっつきトラックバック」を設置しました。
(URL: http://nais.to/~yto/tools/kuttukibbs/)
(URL: http://nais.to/~yto/doc/tech/kuttuki-trackback.html)

レンタルサーバは大部分がそうみたいですが、FTP しか使えないのがしん
どいですね。Apache のエラーログも見られないし、crontab も使えないし、
シンボリックリンクも使えない。なんだかんだいって、CGI を結構修正す
ることになりました。

スパム対策は全くしていないので、ひどいようなら対策を考えます。

追記(2009-05-23):
「くっつきトラックバック」で使用する tb-standalone のリンクは分か
りづらいので、メモしておきます。
くっつきトラックバック
→「miyagawa氏が日本語化したもの
→「こちら においておきます」

2008-09-25 (木)

chalow のアップロード [chalow]

本サイトへのアップロードは lftp を使用しています。ftp を rsync っぽ
く使えるので、rsync が使えない環境ではとても便利です。参考までに手
順を簡単にメモしておきますね。

lftp -c open FTPサーバ && user ユーザ名 パスワード && \
        mirror --reverse --delete --exclude theme/ $HOME/upload/atpages/chalow
                                  ~~~~~~~~~~~~~~~~※



mkchalow という sh スクリプトを自作し、chalow 変換とアップロードを
行っています。変換後のファイルは $HOME/upload/atpages/chalow に出力
させ、lftp のミラー機能で上記のようにアップロードしています。

※ 時間がかかるので、tdiary のテーマは --exclude オプションで対象外
   にしています。

2008-09-25 (木)

chalow 公開!! [chalow]

本日、ひっそりと公開します。過去のネタは問題ないものから公開してい
きます。なので、日を追うごとに過去ログが増えるというおかしなサイト
になると思います。^^;

2007-11-17 (土)

カテゴリ整理 [chalow]

[2007-07-01] に chalow を始めた時に「カテゴリ分けをするのは今日からにし
よう」と書いたが、結局かなりの時間をかけて "(カテゴリ)" から "[カテゴ
リ]" への変換をした。昔はカテゴリが適当だったという事情からツールを使う
ことはできなかったため、もちろん手作業で変換。w 300 以上あったと思う。ww

最後の方は意識が朦朧としていたが、時間をかけた甲斐があって、なかなか
きれいに整理できたと思う。しかし、何やってんだオレ...。

あとからでもカテゴリは増やせるし、検索もできるので、カテゴリは基本
*分けない* ことが正解な気がしてきた。一度、整理術の本でも読んでみるか。

2007-10-23 (火)

chalow version 1.0 [chalow]

chalow version 1.0 が公開されていたので、バージョンアップしました。
こういう Web 系のツールはバージョンアップが面倒ですね。tdiary とか pukiwiki とか。

(URL: http://chalow.org/)
(URL: http://chalow.org/cl/2007-10-19.html)

2007-10-01 (月)

似たようなことが書かれているサイト [chalow][Apache][UNIX]

うちと同じように chalow を使っていて、内容も被っているサイトを発見した。
(URL: http://sonic64.com/)
[2007-10-01-1] の ntp についても書いてあるし、Apache や unix などアレゲな話題が多くあった。

2007-09-26 (水)

画像 [chalow]

今まで画像はアップしていませんでしたが、chalow 的には表示できます。

テスト画像

↓こんな感じに書きます。

[[テスト画像|image/2001-11-20-23-19-44.s.jpg]]



ダワさんの画像をそのまま使おうとしたら、画面いっぱいに表示されて焦りました...。>vivaさん

2007-09-17 (月)

tdiary のテーマを使う [chalow]

tdiary のテーマを使うと左側のサイドメニューがページの一番下に行って
しまうので、使っていなかった。

clover テーマについてくる clover.css の先頭に以下を追記して、

@import "../../diary.css";
@import "clfix.css";


clover.css と同じディレクトリに clfix.css を置く。
clover.css 以外も同じようにやればうまくいくと思う。

h1
{
  border-color:   #3faf43;
}
h2
{
  background-color: #fff;
}
h3
{
  color: #3faf43;
  font-weight: bold;
}
.clitemheader
{
  color: #000;
  background-color: #fff;
}
.funcbox
{
  border:solid 1px #cfd;
  background-color: #cfd;
}
.stdbox td
{
  border: solid 1px #cfd;
  background-color: #cfd;
}
div.body pre {
	font-size: 90%;
}
#links
{
  border-style: solid;
  background-color: #cfd;
  border-color: #3faf43;
  border-width: 1px;
  left:5px;
  width: 225px;
}
#linksright
{
  position:relative;
  border-style: solid;
  background-color: #cfd;
  border-color: #3faf43;
  border-width: 1px;
  top:-8em;
  left:5px;
  width: 225px;
}



(URL: http://www.double-red.net/chalow/2004-08.html#2004-08-21-3)

追記(2009-02-21):
[2009-02-21-1] に改良版をアップしました。

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2007-09-17 (月)

Amazon プラグイン [chalow]

例えば

{{amazon('4873112885', 'BINARY HACKS')}}


と書くと、↓このような amazon へのリンクになる。
BINARY HACKS

amazon() は cl.conf に定義されている。$AID はアマゾンアソシエイトに
登録すると発行されるので、各自変更する必要がある。

2007-07-03 (火)

aa [chalow]

 アスキーアートを表示するための chalow プラグインなんだって。

   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | クマ──!!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

{{aa('TEXT')}}

と書くと、アスキーアートをこのようにプロポーショナルフォントで表示してくれる。
ちなみに、aa() を使わないとこうなる。
   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | クマ──!!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)
(URL: http://chalow.net/2006-09-23-3.html)

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2007-07-01 (日)

chalow を始めた。 [chalow][Ruby][Emacs]

- chalow(URL: http://chalow.org/) というツールを使うと、
  この Changelogメモを Web ページに変換できることが分かった。

- clmemo(のデフォルトの設定) では "(" と ")" で囲われたものがカテゴリと
  して扱われるが、chalow では "[" と "]" という違いがある。

- 一応、以下のスクリプトで "(カテゴリ)" から "[カテゴリ]" への変換を行
  うことは出来たが、そもそも clmemo と chalow とでは、お題やカテゴリの
  考え方がだいぶ違うみたい。変換しても意味が無いので、カテゴリ分けをす
  るのは今日からにしよう。

#!/usr/bin/ruby

ifile = File.open("/home/masutaka/clmemo.txt", "r")
ofile = File.open("/home/masutaka/tmp/clmemo2.txt", "w")

while line = ifile.gets
  if /^\t\* .+\(/ =~ line
    line_array = line.split(":")
    head = line_array[0]
    line_array.shift
    body = line_array.join

    head = head.gsub(/\(/, "[")
    head = head.gsub(/\)/, "]")

    ofile.write(format("%s:%s", head, body))
  else
    ofile.write(line)
  end
end

ifile.close
ofile.close



- clmemo のカテゴリの扱いを "()" から "[]" に変更した。~/.emacs.el に
  下記を追加。

(setq clmemo-subtitle-char "[")
(setq clmemo-subtitle-punctuation-char '(" [" . "]"))



- 今までは1ブロックには無駄な空行を一切入れなかったのだが、
  Web ページの見栄えが悪いので入れることにした。

- 今まで Computer と Work 以外のカテゴリは見せないようにしてい
  たので、chalow の秘密の項目に変換した。(例: * 日記 => * p:日記)

#!/usr/bin/ruby

ifile = File.open("/home/masutaka/tmp/clmemo.txt", "r")
ofile = File.open("/home/masutaka/tmp/clmemo3.txt", "w")

while line = ifile.gets
  if /^\t\*/ =~ line
    unless /^\t\* +(Computer|Work|tmp)/ =~ line
      line = line.gsub(/^\t\* /, "\t* p:")
      ofile.write(line)
      next
    end
  end
  ofile.write(line)
end

ifile.close
ofile.close


この記事に言及しているこのブログ内の記事

最終更新時間: 2020-01-29 12:23 JST

検索


最近の話題
- 2020-01-22
  『AWSの薄い本 IAMのマニアックな話』を読んだ
- 2020-01-12
  『私はどのようにしてLinuxカーネルを学んだか』を読んだ
- 2019-12-20
  circleci/orb-tools を使った Orb のリリースフローが良く出来ていたので紹介する
- 2019-12-17
  Heroku 上での bundler version の決められ方
- 2019-11-17
  3ヶ月間、総務省の家計調査に協力していた
- 2019-10-28
  『Clean Architecture』を読んだ
- 2019-10-10
  terraform-provider-healthchecksio を Terraform Plugin SDK に移行した
最近追記された記事
- 2019-02-11-1 (128日前)
- 2019-02-03-1 (128日前)
- 2019-01-28-1 (128日前)
- 2019-02-03-1 (170日前)
- 2018-11-28-1 (184日前)
- 2019-05-07-1 (264日前)
- 2018-04-30-1 (279日前)
- 2018-01-28-1 (291日前)
- 2019-02-11-1 (351日前)
- 2019-01-20-1 (369日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (24)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (4)
- Book (109)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- capistrano (4)
- chalow (57)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (11)
- clang (26)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (4)
- E-mail (9)
- elasticsearch (4)
- Emacs (223)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (2)
- Game (21)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (23)
- golang (11)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (6)
- Heroku (21)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPad (1)
- iPhone (17)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (24)
- Linux (7)
- Mackerel (1)
- macOS (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (2)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (13)
- Rake (2)
- RaspberryPi (2)
- Redash (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- RSpec (2)
- Ruby (53)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Terraform (2)
- Twitter (15)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (26)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (17)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2020 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12