2015-12-23 (水)

各記事の最後に『当日のツイート』へのリンクを追加した [chalow][Twitter]

当日のツイート画像

このブログを読んでいると、その日マスタカがどんなツイートをしていた
か気になりますよね?


そういうわけで各記事の最後に『当日のツイート』へのリンクを追加しま
した。

続きを読む

2015-09-23 (水)

「この記事に言及しているこのブログ内の記事」一覧を表示するようにしました [chalow]

こちらのパクリです。
「この記事に言及しているこのブログ内の記事」一覧を表示するようにしました - たつをの ChangeLog

修正前
修正前

修正後
修正後

ずっとやろうとしていて、今日やっとやる気になりました。パールツライデス
chalow スクリプトがまた秘伝のタレ化してしまった...。

2015-05-06 (水)

6年ぶりにこのブログをリニューアルした [chalow]

多分、[2009-02-21-1]以来。

いやあ、ずっとデザインは直さなくちゃと思ってたんですよ。しかし、
まさかこのGWに直すことになるとは。

blog archive

続きを読む

2015-01-15 (木)

GitHubにpushしたらCircleCIが自動デプロイしてim.kayacに通知する [CircleCI][chalow][IRC]

画像

[2015-01-13-1]でデプロイ時にchalowが実行されるようになったので、
GitHubへのPushをトリガーにして自動デプロイを実装してみました。

文字で分かりづらいですが、よくある自動デプロイと同じです。(chalow
でここまでやっている人はいるのかな?)

続きを読む

2015-01-13 (火)

このブログをデプロイする時にchalowも実行するようにした [capistrano][chalow][Emacs]

[2014-05-03-1]のバージョンアップ。

http://masutaka.net はcapistranoでデプロイしてますが、
http://masutaka.net/chalow はchalow+rsyncを実行する
mkchalow[2009-06-14-3]というコマンドでアップロードしてました。

ローカルのChangeLogメモをchalowで変換しrsyncするので、自分の
MacBook Airと会社のMac miniの複数環境でブログを書くと、過去記事が
消える可能性が出てきます。

そういうのを気をつけるのが面倒なので、capistranoでのデプロイ時に
chalowコマンドも実行するようにしました。

続きを読む

2014-05-03 (土)

masutaka.netをCapistrano3でデプロイ [capistrano][chalow]

画像

http://masutaka.net/ 以下の静的なhtmlはGitHubのprivateリポジトリで
管理しており、変更があったらrsyncでコピーしてました。

あまり変更しないのでそんなに困ってませんでしたが、ちょっとダサいの
とCapistrano3を使ってみたかったので、エイヤッと導入しました。

続きを読む

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2013-05-27 (月)

masutaka.netをさくらのVPSに置き換えました [chalow][nginx][Chef]

このブログはほぼ静的コンテンツなので、置き換えるメリットはほぼあり
ません。でもいろいろ遊びたかったので置き換えました!

◆置き換え前→さくらのレンタルサーバ [2009-05-17-4]
リアルサーバ。
他の人と/homeを共有する。
コントロールパネルからメールアドレスを作ったり、アクセス解析出来る。
カスタマイズ性はほぼない。
OSはFreeBSD 7.1-RELEASE-p16
WebサーバはApache/1.3.42
年間5,000円(スタンダードプラン)

◆置き換え後→さくらのVPS
仮想サーバ。
ユーザは自分だけ。
コントロールパネルとかはない。
カスタマイズしまくり。
OSはUbuntu12.04 LTSにした。[2013-05-19-1]
Webサーバはnginx/1.1.19にした。
年間16,280円(プランは2G。石狩リージョン。)


結構真面目にサーバを構築しました。
参考にしたのはもちろん『入門Chef Solo』[2013-04-22-4]

基本的にVagrantとserverspecで検証しつつレシピを書いたので、本番環境
で悩むことは少なかったです。時代は進みましたね。

Webサーバはnginxにしました。Apacheに比べて、設定がシンプルで惚れま
した。あと、ごく一部で使っているcgi用にfcgiwrapをインストール。

chef-soloで構築してみた疑問や課題はこんな感じ
・パッケージ全体のupgradeはどのタイミングでやれば良いのか?
・他の人のChef-soloリポジトリを知りたい。Vagrantでも真面目にテスト書いている?とか。


chalowはChef-soloでは管理してません。まあ、Webアプリケーションなの
で、デプロイ対象とかそっちの話だと思う。今は自作のmkchalowコマンド
でアップロードしてます。[2009-06-14-3]

2013-01-14 (月)

最近作ったchalowプラグイン達 [chalow]

ちょいちょい必要になったので作りました。
Githubのリポジトリ放置してるなあ。。



順番に説明。

twitter
  Twitterアカウントへのリンクを作るだけです。Twitter Anywhereは去年
  の12/6をもって使えないことになったので、代わりを探してましたが、こ
  の辺で妥協。

tweet
  埋め込みツイートを挿入します。今まで公式の方法で取得しHTMLをベタ
  に書いてましたが、これだけで表示出来るようです。

speakerdeck_f
  Speaker Deckのプレゼンを表示します。

miil
  Miilの画像を表示します。画像は大きさを指定出来ますが、必ずそのサ
  イズを取得出来るとは限らない
そうです。
  省略すると240x240になります。

Instagram
  Instagramの画像を表示します。
  サイズはt(thumbnail), m(medium), l(large)を指定出来ます。
  省略するとmになります。

追記(2013-02-06):
Instagramを追加しました。

2013-01-14 (月)

Emacsでカーソル下の記事に対応するchalowのURLをブラウザで開く [chalow][Emacs]

結構便利。



elisp久々に書いたら、だいぶ忘れてました。文字列ってシングルクオーテー
ションで括っちゃダメなんでしたっけ...?

2012-09-07 (金)

このブログがインターネット上から消えていました [chalow][OSX][Perl]

http://dlvr.it/ からの通知で気づいたのですが、このブログが1日半ほど
インターネット上から消えていました。

OSXをMountain Lionにバージョンアップしたら、Perlのバージョンが上が
り、HTML::Templateがなくなったことが原因でした。

CPANからインストールして解決しました。
cpanの使い方の整理 « taichino.com

このブログはChangeLogメモという1つのテキストファイルから、chalow
いう変換ツールを使いhtmlに変換しています。

この作業を自動化した自作のmkchalowスクリプトの作りが甘かった。。自
分しか使わないツールと言えども、エラー処理はちゃんとした方が良いで
すね。ブログが生きているかのチェックも。

ちなみにChangeLogメモを始めたのはこの記事がきっかけです。
[2001-12-30]から書き続けていて、23,000行になりました。
横着プログラミング 第1回: Unixのメモ技術

最近はEvernoteに全部まとめる人が多いみたいですが、技術者だったら絶
対ChangeLogメモの方が良いですよ。手に馴染んだエディタが使えるし、整
理する必要がないので。

ただchalowを使うかは微妙なところかも。やはり全てを自分が面倒見るの
で、時間がないとなかなかメンテしきれません。ChangeLogをWordpressと
かTumblrにインポート出来れば良いのですが。それも時間が..w

2011-03-04 (金)

Amazon へのリンクに楽天へのリンクも追加しました [chalow]

amazon-rakuten

Amazon へのリンクに楽天へのリンクも追加しました。

[を] ASIN から楽天ブックスのページへ飛ばす CGI
またもや、たつをさんのコピーです。

楽天のアフィリエイト ID とデベロッパー ID は
http://webservice.rakuten.co.jp/ から確認できます。

楽天 API って、こうやって使うのですね。へえ〜
って、今まで存在を知らなかったけど。。。

- 楽天ブックス書籍検索 API
http://webservice.rakuten.co.jp/api/booksbooksearch/

TODO:
NOT FOUND! だったら、search.rakuten.co.jp を使いたいです。

追伸:
MacOSX で LWP::Simple がなかったら、p5-libwww-perl をインストールす
れば良いです。"sudo port install p5-libwww-perl"

2011-03-04 (金)

このブログのコメントシステムも zenback にしました [chalow]

http://zenback.jp/

[を] zenback を設置した
この記事を見たときははてブしただけでしたが、

[を] zenback の素晴らしいのは設置する人以外はアカウント取得の必要がないところ
この記事を見て勢いで移行してしまいました。

設置はすごく簡単で、zenback に新規登録すると提示されるコードを、ア
イテム毎のページのテンプレートにコピペするだけです。便利なサービス
は外注するに限りますね。

DISQUS を使い始めたのは [2010-05-03-1] です。一年も経たずに移行とな
りました。hatana_bookmark_anywhere.js [2009-11-22-1] ももちろん移行
です。

追記(2011-03-05):
やっぱり DISQUS は復活させました。リアクションは zenbak にお任せな
ので、もちろん OFF です。DISQUS の管理画面から変更できます。

2010-05-03 (月)

DISQUS API を使って、過去のコメントをインポートする方法 [chalow]

DISQUS は標準で IntenseDebate, JS-Kit, Movable Type, WordPress のコ
メントをインポートすることが出来ます。「くっつき BBS」のインポート
は当然サポートされていません。

幸い、WWW-Disqus という DISQUS API を叩く Perl モジュールがあったの
で、これでインポートすることにしました。ありがたいことです。

これを使えば「くっつき BBS」に限らず、どのコメントシステムからも移
行は可能だと思います。

続きを読む

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2010-05-03 (月)

このブログのコメントシステムを DISQUS にしました [chalow]

[2008-09-29-1] のバージョンアップ。

今まで「くっつき BBS」を自サイト内に構築し使っていましたが、スパム
対策が面倒になってきた、コメントを書いた人が自分のコメントを修正で
きない等の理由から、DISQUS という外部コメントサービスを使うことにし
ました。

同様にトラックバックも「くっつきトラックバック」を使っていましたが、
こちらは廃止しました。実はトラックバックはあまり好きではないのです。
(DISQUS の管理オプションを ON にすれば一応使えます。)

良くなった点



DISQUS のアカウントを作ると、自分のコメントの一覧表示や編集、アバター
機能やコミュニティ機能が使えるようになりました。(アカウントを作らな
くても投稿はできます。)

DISQUS アカウント以外にも Facebook, Twitter, OpenID でもログインで
きます。(ただ、Facebook は何かうまくいきません...。)

コメントを投稿するついでに Twitter や Facebook にも送信出来るように
なりました。(コメントが活発になることを期待。)

Twitter や FriendFeed でリアクションがあれば、コメントの下に表示さ
れるようになりました。

各コメントに返信すると、スレッド化するようになりました。

管理者はスパムのことを気にしなくてよくなりました。

管理者は全記事のコメントを一覧表示出来るようになりました。

悪くなった点



最近頂いたコメントは左側にあるウイジェットの RECENT で表示出来ます。
disqus-combination-widget
しかし、タイトルに日本語を含む記事にコメントすると、文字化けます。
文字化けるのは "2010-03-06-1 at chalow" の部分です。(この例では
DISQUS API を使ったため文字化けは発生していません。)


過去のコメントは既に移行済みです。これが一番大変でした。次の記事
[2010-05-03-2] で説明します。

参考情報:
Ogawa::Buzz: このブログのコメントシステムにDISQUSを使い始めました

2009-11-22 (日)

はてなブックマークのコメントを、アイテム毎のページに表示させた [chalow][Twitter]

このブログにはコメント欄があるので、時々コメントを残してもらえるの
ですが、はてなブックマーク(以下、はてブ)にも良いコメントがあります。

そこで、アイテム毎のページにはてブのコメントを表示させました。今の
ところ、一番多いのは [2009-10-04-1] の 509 です。この時は一日で
10,000 アクセスもありました。(普段は 100 アクセス程度です。)

以下、設置手順です。

続きを読む

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2009-09-03 (木)

このサイトに Google AdSense を設置しました [chalow]

アイテム毎のページ(例: [2009-09-03-1])に Google Adsense を表示する
ようにしました。

Google Adsense は、広告配信サービスの一つです。サイトに合った広告を
配信するのが特徴のようです。

Wikipedia - Google_AdSense

現在のアクセス数で収益が出るとは思っていませんが、それなりに適切な
広告が配信されていて興味深いです。

ところで、GIGAZINE にこんな記事がありました。

Google AdSenseの始め方 その1「審査を突破する」 - GIGAZINE

でも、私の場合はあっさり突破できてしまいました。個人向けだからでしょ
うか。それとも、たまたま連絡先メールフォームを設置していたからでしょうか。

配色は、たつをさんのページに触発されました。

[を] コンテンツ連動型広告はどこに設置するのが良いか

なるべく目立たないように設置したつもりです。

ついでに [2009-03-22-1] に設置したシムエントリも周囲に溶け込ませる
配色にしました。

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2009-08-19 (水)

ソーシャルブックマーク用のボタンを付けました。 [chalow]

[2009-08-16-2] のバージョンアップ。

「twitter でつぶやくtwittertubuyaku」ボタンに加え、「はてなブックマークb_entry」と
「livedoor クリップlivedoorcrip_append」ボタンも付けました。

「はてなブックマーク」はそろそろ使おうかなと思っていましたが、
livedoor のアカウントは以前破棄したので、このためだけにアカウントを
再取得しました。

今回も chalow 本体の修正です。chalow ユーザ向けに、オリジナ
ル(chalow-1.0.tar.gz)の cl.conf と chalow へのパッチを貼り付けてお
きますね。[2009-08-16-2] のパッチよりも、こちらのパッチのほうが拡張
性あるのでオススメです。

続きを読む

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2009-08-16 (日)

「twitter でつぶやく」ボタンを付けました。 [chalow][Twitter]

このブログの各記事にtwittertubuyakuボタンを付けました。Twitter ユーザは、簡
単にこのブログに関するつぶやきを投稿することが出来ます。どうぞご利
用下さい。

今回も chalow 本体を修正しました。chalow ユーザ向けに、オリジナ
ル(chalow-1.0.tar.gz)の cl.conf と chalow へのパッチを貼り付けてお
きますね。

続きを読む

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2009-06-14 (日)

C-c C-c で mkchalow [chalow][Emacs]

ChangeLog メモの chalow への変換とアップロードは、毎日 0:00 から
3 時間毎に行うように、自宅 PC の cron に登録しています。

登録しているのは mkchalow という自作のシェルスクリプトです。
手動でアップしたい時は、このコマンドをコマンドラインから実行します。

手動での実行が面倒になってきたので、mkchalow を実行する elisp の関
数を作りました。非同期で実行されるので、実行中も他の作業が出来ます。

(defun mkchalow (force)
  (interactive "P")
  (let (pro
        (pnm "mkchalow")
        (buf " *mkchalow*")
        (cnm "mkchalow")
        (opts (if force '("-f"))))
    (message (format "%sBuilding chalow for masutaka.net..."
                     (if force "Force " "")))
    (setq pro (apply 'start-process pnm buf cnm opts))
    (set-process-sentinel
     pro
     `(lambda (process string)
        (message ,(format "%sBuilding chalow for masutaka.net...done"
                          (if force "Force " "")))
        (kill-buffer ,buf)))))

(eval-after-load "clmemo"
  ;; C-c C-c で mkchalow
  '(define-key clmemo-mode-map (kbd "C-c C-c") 'mkchalow))



clmemo.el を使っていない方は、(eval-after-load "clmemo" 以降を
下記に置き換えて下さい。

(eval-after-load "add-log"
  ;; C-c C-c で mkchalow
  '(define-key change-log-mode-map (kbd "C-c C-c") 'mkchalow))



追記(2009-06-14):
Emacs 起動時にエラーになるので、訂正しました。シクシク...。

追記(2010-05-03):
mkchalow() を修正しました。C-u を付けるとメッセージが少し変わります。

2009-06-13 (土)

tdiary のテーマを最新にした [chalow]

今まで安定版のテーマを使っていましたが、開発版で良いことに今更気が
つきました。開発版の方がテーマの数が増えています。

以下、今回やったことです。
修正したテーマは tar で固めて、ここに置きました。

1. http://www.tdiary.org/ から、tdiary-theme-2.3.2.tar.gz をダウンロードした。



2. 以下を行うシェルスクリプトを作成し、実行した。



- 全ての *.css の先頭に以下の 1 行を追加。参考情報→[2009-05-24-1]

@import "/prettify/prettify.css";



- 古いディレクトリの clfix.css を新しいディレクトリにコピーし、
コピーしたディレクトリにある「テーマ名.css」に以下の 1 行を追加。参考情報→[2009-02-21-1]

@import "clfix.css";



- chmod -R go-w .

3. いくつかの clfix.css には、オリジナルの「テーマ名.css」を修正したことをメモしてある。その通りに修正した。



作成したシェルスクリプトは以下になります。

続きを読む

この記事に言及しているこのブログ内の記事

最終更新時間: 2017-06-29 08:15

検索
最近の話題
- 2017-06-29
  Kubernetes Meetup Tokyo #5 に行ってきた #k8sjp
- 2017-06-26
  『プログラマのためのGoogle Cloud Platform入門』を読んだ
- 2017-06-02
  AWS Summit Tokyo 2017 に行ってきた #AWSSummit
- 2017-05-28
  GitHub Organization をメンテナンスするスクリプトを作った
- 2017-04-29
  Docker ではないコンテナ systemd-nspawn を使ってみた
- 2017-04-16
  CircleCI 2.0 で capistrano デプロイしてみた
- 2017-04-15
  CircleCI 2.0 をローカルで実行できる circleci コマンドとは何者か
最近追記された記事
- 2017-04-29-1 (60日前)
- 2017-04-13-1 (74日前)
- 2017-04-13-1 (76日前)
- 2017-03-02-1 (118日前)
- 2017-02-25-1 (123日前)
- 2017-02-21-1 (127日前)
- 2015-06-07-1 (133日前)
- 2016-10-19-1 (142日前)
- 2016-01-01-1 (154日前)
- 2015-01-04-1 (163日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (18)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (3)
- Book (86)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- C (26)
- capistrano (4)
- chalow (56)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (10)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (3)
- E-mail (8)
- elasticsearch (4)
- Emacs (219)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (1)
- Game (20)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (16)
- Go (5)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (3)
- Heroku (9)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPhone (15)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (1)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (19)
- Linux (6)
- Mackerel (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (1)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (12)
- Rake (2)
- RaspberryPi (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- Rspec (1)
- Ruby (49)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Twitter (14)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (25)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (15)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
Google+