2008-04-06 (日)

cvs commit mail ができるツールの総まとめ [cvs]

- cvs-info
  平成 13 年度未踏ソフトウェアに採択された、UNIX domain socket を使った
  本格的なもの。ただ、今は配布していないみたい。残念。論文の内容は、後
  述の情報を得る上でかなり参考になった。

- log, commit_prep/log_accum
  cvs の配布物に含まれている perl スクリプト。commit_prep/log_accum は、
  一回の変更に対して一通だけメールを送るらしい。ただ、perl はほとんど読
  めないので、ちょっとした変更が難しい。

- aftercommit
  ruby スクリプト。ディレクトリにまたがった commit をしても一通にしてく
  れるが、メールの内容がちょっとバグっている。あと、loginfo の設定で
  %{sVv} を "%{sVv}" に変えないとメールが飛ばなかった。ruby-1.4.3 の頃
  に作ったようなので、もうスクリプトが古いのかもしれない。

- cvsmailer
  中嶋さんという方が作った ruby スクリプト。配布元は見つからなかった。

- cvsmail
  cvsmailer ととても良く似た名前の python スクリプト。一回の変更に対し
  て複数のメールを送ってしまうかもしれない。python はまったく読めないの
  で、少しの変更もできない。

2006-01-06 (金)

perl の実用的な使い方 [Perl][cvs]

% cat CVS/Root
:ext:anoncvs@savannah.gnu.org:/cvsroot/emacs
% find . -path '.*/CVS/Root' -print0 | xargs -0 \
> perl -i -p -e 's/:ext:anoncvs\@(cvs\.)?s/:pserver:anonymous\@cvs.s/'
% cat CVS/Root
:pserver:anonymous@cvs.savannah.gnu.org:/cvsroot/emacs


2005-11-17 (木)

CVSROOT の作成方法 [cvs]

% pwd
/home/masutaka

管理領域を作成

% cvs -d /home/masutaka/CVSROOT init

bin プロジェクトの登録

% mkdir empty
% cd empty
% cvs -d /home/masutaka/CVSROOT import -m "Created bin directory" bin gen start

bin プロジェクトのチェックアウト

% cd
% cvs -d /home/masutaka/CVSROOT co bin
% rmdir empty

これ以降は add => commit で良いはず。
(URL: http://www.tanu.org/~sakane/doc/public/howto-cvs.html)
(URL: http://www1.accsnet.ne.jp/~gen/cvs/cvs-memo.html)

2004-12-06 (月)

CVS の commit ログから ChangeLog を生成してくれる。 [cvs]

% cvs2cl.pl -b

# ブランチを指定することもできる。

% cvs2cl.pl -b --follow-only TEST_BRANCH

2004-02-09 (月)

日付&時間を指定する。 [cvs]

<http://www.swlab.csce.kyushu-u.ac.jp/man/cvs-1.10.7/cvs-ja_toc.html>
# 日付を指定して TEST_BRANCH からチェックアウト。
% cvs co -rTEST_BRANCH -D20040203 src/hogehoge
# もちろん時間も指定できる。
% cvs co -rTEST_BRANCH -D"2004-02-03 12:00" src/hogehoge
# diff も取れるよ。
% cd ~/src/hogehoge
% cvs diff -rTEST_BRANCH -D"2004-02-03 12:00"

2004-01-21 (水)

remove => commit したファイルを復活させる方法 [cvs]

% cvs log [ファイル名]
で、過去のリビジョンをみて、削除する直前のリビジョンが 1.x だった場合、
% cvs update -p -r 1.x [ファイル名] > [ファイル名]
p
とかすれば、ローカルにもってこれる。それを再度コミットすれば復活する。
手順としては
1. 過去のリビジョンのファイルをローカルに持ってくる。
  % cvs update -p -r 1.x [ファイル名] > [ファイル名]
2. このファイルをとっておく。
  % cp [ファイル名] [ファイル名].bak
3. StickyTag を外す。今回はローカルからファイルが削除される。Warning でるけど無視。
  % cvs update -A [ファイル名]
4. リネームしたファイルをもどす。
  % mv [ファイル名].bak [ファイル名]
5. commit する。
  % cvs add [ファイル名]
  % cvs commit [ファイル名]

2003-08-08 (金)

cvs annotate [cvs]

特定の行を最後に変更した場所を表示する。
ソースコードを読むための技術 <http://i.loveruby.net/ja/misc/readingcode.html>

2003-07-13 (日)

unidiff 形式で diff する。 [cvs]

% cvs diff -u [file] > [file.patch]

2002-11-28 (木)

表と裏が違うかどうかだけをチェックする [cvs]

% cvs status 2>&1 | grep ^File | grep -v Up-to-date
or
% cvs -n update

2002-09-22 (日)

CVS/RCS に使えるキーワードの種類 [cvs]

'man co'で CVS/RCS に使えるキーワードの種類が分かる。(ex. $Author$)
(URL: http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/RCS.html)

2002-06-20 (木)

ファイルのステータスを見る [cvs]

% cvs st [ファイル名]

2002-05-29 (水)

`-m' オプション [cvs]

わざわざエディタを開くのが嫌ならば、 `-m' オプションで次のように指定できます:
% cvs commit -m "Added an optimization pass" backend.c

2002-05-01 (水)

CVSROOT の優先度 [cvs]

'cvs -d CVSROOT' > './CVS/Root' > '$CVSROOT'

2002-04-05 (金)

cvs でリビジョンを戻す。 [cvs]

% cp [ファイル名] [バックアップファイル名]
% cvs update -p -r [リビジョン番号] [ファイル名] > [ファイル名]

2002-01-18 (金)

cvs でブランチを指定して取り出し (by kazu) [cvs]

cvs co -r <branch-name> mew

最終更新時間: 2017-08-11 21:21

検索
最近の話題
- 2017-08-07
  github-nippou v3.0.0 released
- 2017-08-02
  『サーバーレスシングルページアプリケーション』を読んだ
- 2017-07-10
  emacs-helm の標準添付から外された helm-elscreen を Melpa に追加した
- 2017-07-05
  WEB+DB PRESS Vol.99の「実践Kubernetes」の第4章でつまづいたメモ #wdpress
- 2017-06-29
  Kubernetes Meetup Tokyo #5 に行ってきた #k8sjp
- 2017-06-26
  『プログラマのためのGoogle Cloud Platform入門』を読んだ
- 2017-06-02
  AWS Summit Tokyo 2017 に行ってきた #AWSSummit
最近追記された記事
- 2017-06-02-1 (41日前)
- 2017-04-29-1 (103日前)
- 2017-04-13-1 (117日前)
- 2017-04-13-1 (119日前)
- 2017-03-02-1 (161日前)
- 2017-02-25-1 (166日前)
- 2017-02-21-1 (170日前)
- 2015-06-07-1 (176日前)
- 2016-10-19-1 (185日前)
- 2016-01-01-1 (197日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (19)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (3)
- Book (87)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- C (26)
- capistrano (4)
- chalow (56)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (10)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (3)
- E-mail (8)
- elasticsearch (4)
- Emacs (220)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (1)
- Game (20)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (17)
- Go (5)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (3)
- Heroku (9)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPhone (15)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (19)
- Linux (6)
- Mackerel (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (1)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (12)
- Rake (2)
- RaspberryPi (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- Rspec (1)
- Ruby (50)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Twitter (14)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (25)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (15)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
Google+