2008-01-20 (日)

TeraTerm での ssh の自動ログイン [Windows][cygwin][ssh]

[2007-12-20-2] の続き。
マクロではなく、TeraTerm Menu から設定したらすんなりできてしまった。
ついでに cygterm も TeraTerm Menu に設定。タスクバーのクイック起動もすっ
きりしたし、Debian の telnetd もアンインストールできたので、とても良い
感じ。

(参考情報: teraterm(ssh2対応) + 公開鍵認証)

2007-12-20 (木)

TeraTerm で ssh や cygwin を動かす [Windows][cygwin][ssh]

最新の 4.56 が出ていたので、インストールしてみた。ssh が使えるようになっ
ていたのは知っていたけど、cygwin の端末としても使えるようになっていたのね。スゲー。
デフォルトの MS 明朝だと、表示がよく崩れるので、Terminal に変えた方が良いかも。

マクロを使った ssh の自動ログインの方法はまだよく分からなかったので、
とりあえず telnet で我慢することにした。(今まで使っていた telnet の自動
ログインマクロ、login.ttl はそのまま使うことができた。)

1. 以下のような Windows のショートカットを作った。

リンク先: "C:\Program Files\teraterm\ttermpro.exe" /F=%HOME%\.teraterm\teraterm2.ini /M=%HOME%\.teraterm\login.ttl
作業フォルダ: %HOME%


cygwin のほうもなかなか良さそう。rxvt は日本語が表示できなかったので、大きな前進かも。

1. c:\Program Files\teraterm\cygterm.cfg を以下の通りに変更。

TERM = ttermpro.exe %s %d /E /KR=SJIS /KT=SJIS /nossh

TERM = ttermpro.exe %s %d /E /KR=SJIS /KT=SJIS /nossh /F=c:\home\masutaka\.teraterm\cygterm.ini


2. 以下のような Windows のショートカットを作った。

リンク先: "C:\Program Files\teraterm\cygterm.exe"
作業フォルダ: %HOME%


(URL: http://ttssh2.sourceforge.jp/)

似たようなもので PuTTY(ぱてぃ) というものもあるらしい。こっちは日本語は
崩れないみたい。気が向いたら試してみるか。

(URL: http://www.sodan.ecc.u-tokyo.ac.jp/2002/article/tips/ssh/putty.shtml)

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2007-01-27 (土)

ssh で本当にパスワードを聞かれなくなる。 [ssh]

[2003-09-23-1] の改良版。SSH protocol version 2 の場合。

1. DSA キーを生成します。

local% ssh-keygen -t dsa

※ 出力するファイル名、パスフレーズの入力を求められますが、何も入力
せずに全てEnteyキーを押下して下さい。

2. 公開キーをリモートホストにコピーします。

local% scp ~/.ssh/id_dsa.pub name@remort:


3. リモートホストにログインし、authorized_keys2 ファイルを生成します。

local% ssh name@remort
remort% chmod go-w .
remort% mkdir .ssh
remort% chmod 700 .ssh
remort% chmod g+s .ssh
remort% cd .ssh
remort% touch authorized_keys2
remort% chmod 600 authorized_keys2
remort% cat ~/id_dsa.pub >> authorized_keys2
remort% rm ~/id_dsa.pub


4. 設定完了です。動作を確認します。

remort% logout
local% ssh name@remort


(URL: http://www.turbolinux.co.jp/support/document/knowledge/152.html)

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2003-09-23 (火)

ssh-agent を使用して、パスワードを聞かれないようにする。 [ssh]

1. ローカルとリモートの ~/.ssh は消した。

2. 公開鍵を生成

cygwin % ssh-keygen -t rsa
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/masutaka/.ssh/id_rsa): # <= Enter(default)
Created directory '/home/masutaka/.ssh'.
Enter passphrase (empty for no passphrase): # <= パスワードを入力
Enter same passphrase again: # <= もう一度パスワードを入力
Your identification has been saved in /home/masutaka/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /home/masutaka/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
e2:21:e7:04:ae:ef:09:46:0c:c4:3c:f0:64:6a:10:3e masutaka@PCCHRONO


3. 公開鍵ができたことを確認

cygwin % ls -alF ~/.ssh
合計 2
drwx------+ 2 masutaka なし 0 Sep 23 01:43 ./
drwx------+ 13 masutaka なし 0 Sep 23 01:45 ../
-rw------- 1 masutaka なし 951 Sep 23 01:43 id_rsa
-rw------- 1 masutaka なし 227 Sep 23 01:43 id_rsa.pub


4. 接続先に ~/.ssh を作成

linux % (cd && mkdir .ssh && chmod go-rwx .ssh)


5. 接続先に公開鍵を登録

cygwin % cat ~/.ssh/id_rsa.pub | ssh chronicle "cat >> .ssh/authorized_keys2"
The authenticity of host 'chronicle (192.168.0.3)' can't be established.
RSA key fingerprint is 0c:9d:af:25:c3:84:40:63:b8:80:d0:f8:b3:22:b9:49.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added 'chronicle,192.168.0.3' (RSA) to the list of known hosts.
masutaka@chronicle's password: # <= パスワードを入力
id_rsa.pub 100% 227 5.1KB/s 00:00


6. パスワードを記憶させるために ssh-agent と呼ばれるデーモンを利用する。

cygwin % eval `ssh-agent`
Agent pid 3164


7. パスワードを記憶させる。

cygwin % ssh-add
Enter passphrase for /home/masutaka/.ssh/id_rsa: # <= パスワードを入力
Identity added: /home/masutaka/.ssh/id_rsa (/home/masutaka/.ssh/id_rsa)


8. ssh-agent を終了する。

cygwin % ssh-agent -k
unset SSH_AUTH_SOCK;
unset SSH_AGENT_PID;
echo Agent pid 3164 killed;


(URL: http://www.is.math.sci.ehime-u.ac.jp/~vava/memo/ssh_rsa.html)

この記事に言及しているこのブログ内の記事

最終更新時間: 2017-03-24 14:34

検索
最近の話題
- 2017-03-21
  ローカル環境を出来るだけ Dockerize した
- 2017-03-12
  JAWS UG 2017 に行ってきた #jawsdays
- 2017-03-02
  DynamoDB で TTL が実装されたので、Rails4 から使ってみた
- 2017-02-26
  git-hyper-blame のセットアップ方法と使い方
- 2017-02-25
  18 年 4 カ月使った au を解約して IIJmio に乗り換えた
- 2017-02-21
  第18回Elasticsearch勉強会に参加してきた #elasticsearchjp
- 2017-01-27
  同じ Ajax 処理を Vue.js と jQuery で書いてみた
最近追記された記事
- 2017-03-02-1 (21日前)
- 2017-02-25-1 (26日前)
- 2017-02-21-1 (30日前)
- 2015-06-07-1 (36日前)
- 2016-10-19-1 (45日前)
- 2016-01-01-1 (57日前)
- 2015-01-04-1 (66日前)
- 2015-06-07-1 (86日前)
- 2016-12-10-1 (104日前)
- 2016-11-05-1 (112日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (17)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (3)
- Book (85)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- C (26)
- capistrano (3)
- chalow (56)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (7)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (2)
- E-mail (8)
- elasticsearch (4)
- Emacs (219)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (1)
- Game (19)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (15)
- Go (5)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (2)
- Heroku (9)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPhone (15)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (18)
- Linux (5)
- Mackerel (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (1)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (11)
- Rake (2)
- RaspberryPi (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- Rspec (1)
- Ruby (48)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Twitter (14)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (25)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (14)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
Google+