私もBoxen止めてBrewfile+brew-caskにした

Boxenと比べなくても、導入が簡単なので何かとオススメです。 要点 Brewfileを使えば、インストールするパッケージを管理できる BrewfileはHomebrewで最初から使える brew-caskもインストールすれば、Chromeとかもインストールできる Boxenの問題点 [2013-11-23-1] に導入したBoxenは以下の問題がありました。 ○インストールした一部のツールが壊れていることがある。再インストー ルで直ることもあるし、直らないこともある(詳細は[2013-11-23-1] の追記 参照)。 % wget zsh: illegal hardware instruction wget ○PuppetfileでRubyレシピ等のバージョンが固定されているため、最新の バージョンを気軽に試しづらい。というか、レシピのバージョンを上げて も問題がないか試したり考えたりするのが面倒くさい。 ○パッケージをインストールしたり構成を変えるときに、エネルギーがい る。なんだか腰が重い。 というわけでBoxenはズビっと削除しました。 $ git clone git@github.com :masutaka/my-boxen.git $ cd my-boxen $ ./script/nuke –all –force 導入方法 Homebrewではbrew bundleコマンドが最初から使えます。このコマンドは カレントディレクトリのBrewfileに書かれたコマンドを実行します。 brew bundle path/to/Brewfileのようにファイルを指定することも出来ます。 Brewfileは例えばこんな感じ update install ack こちらと同じ意味になります。 $ brew update $ brew install ack また、brew-caskというコマンドをインストールすることで、Chromeや Skypeなどのアプリも入れられます。...

2014-01-25 (Sat) · masutaka

OSXの構成管理ツールBoxenを導入してみた

過去にこんなネタ記事[2011-06-06-1] も書きましたが、Mavericksになって CLI Toolsからrcsが削除されたのと、今どきRCSもないよねということで、 話題のBoxenを導入してみました。 BoxenはGitHub社が開発した、エンジニアの開発環境を構築するための ツールです。GitHub社員じゃなくても使えます。 Homebrewやrbenv、plenv等を包括出来るだけでなく、ChromeやSkype等も コマンド一発でインストールできます。さらにはOSXの設定まで管理できます。 私の場合、HomebrewでインストールしたコマンドやGemはもう分かりません し、今までインストールしたさまざまなアプリはメモしていました[2011-04-21-1] 。 それらをコード化できるのが良いと感じました。 Mavericksに対応しきれていないので、まだハマりどころはあります。 そういう意味ではちょっと待ったほうが良いかも。 導入はそこそこ簡単で、ここ のREADMEのとおりに実行するだけです。 % sudo mkdir -p /opt/boxen % sudo chown ${USER}:staff /opt/boxen % git clone https://github.com/boxen/our-boxen /opt/boxen/repo % cd /opt/boxen/repo % git remote rm origin % git remote add origin <the location of my new git repository> # (1) % git push -u origin master GitHubアカウントが必要です。あらかじめ自分用のリポジトリを作って、 (1)で指定すると良いです。 あとはboxenコマンドを実行すれば、manifests/site.ppで指定されたツー ルが/opt/boxen以下にインストールされます(暗号化は不要なのでOFFにし てます)。シンボリックリンク~/src/our-boxenも作られます。 % script/boxen –no-fde...

2013-11-23 (Sat) · masutaka