ペアプロの話とOSXのsayコマンドや通知センターを使ったタイマーの話

弊社フィードフォース のQiita:Team にも書いたのですが、一般的な話なのでこちらにも加筆しつつ紹介します。(書いてたら全面改訂になってしまったw) sayコマンドを使ったタイマー なんだかんだ言って、サウンドが一番気づきやすいです。サウンドが使える環境の方どうぞ。 前職ラングリッチ の時に使っていたのはズバリこれ。開始の「はじめるでやんす」で始まり、4分50秒から終了予告、最後は「おわったでやんす」。 $ say ‘はじめるでやんす’ ; sleep 290 ; say ‘10秒前’; sleep 5; say ‘5秒前’; sleep 5; say ‘おわったでやんす’ 上のように日本語でサウンドを出すときは、「システム環境設定」→「音声入力と読み上げ」からKyokoさんやOtoyaさんの声を追加します。 通知センターを使ったタイマー terminal-notifierをインストール $ brew install terminal-notifier 4分50秒から終了予告、5分で「時間ですよ!」。これは今日作りました。 $ sleep 290; terminal-notifier -message ‘あと10秒’; sleep 5; terminal-notifier -message ‘5秒’; sleep 2; terminal-notifier -message ‘3’; sleep 1; terminal-notifier -message ‘2’; sleep 1; terminal-notifier -message ‘1’; sleep 1; terminal-notifier -message ‘時間ですよ!’ ワンライナーなのが結構大事です。シェルの履歴は1,000,000件くらいは残しとくと思うので、C-rで簡単に探せます。[2014-05-18-2] も御覧ください。 ペアプロの話 ペアプロは前職ラングリッチの時から本格的にやり始めて、効果を実感できています。メンバー間の認識合わせやチーム全体の底上げに、これほど効果のある方法を私は知りません。 なんでこんな実装をするの?と問い詰めたくなったり、なんでこんなことも知らないの?とイライラすることがあれば、ペアプロが効果がある可能性があります。 ペアプロにも流儀があるようですが、私は以下の方法をオススメしています。 ・同じPCを使う...

2014-05-26 (Mon) · masutaka