[2009-03-29-2] に買って今日読み終えました。結論から言うと、久々に
「当たり」の本でした。入社して数年経った頃に読むと効果的です。

P. 78

1人1人が業務への固着化のリスクを防ぎ、あるいは日常でのちょっとし
た仕事のプロシジャー(引用者註:手順)での非効率化を防ぐために、命じら
れた仕事、与えられた手順が本当に合目的なのか、疑い、考え、そうでな
ければ一旦は「断り」、その上で代替案を示すという習慣づけをしていく
必要があります。

これには大納得。こういう人と関わるとこちらとしても刺激になるし、良
い方向に進んでいきます。でもこんな習慣がついたのは、大学に入ってか
らかなあ。

上司は思いつきでものを言いますが(本当です)、部下はそれに振り回され
る必要はありません。日頃から疑い、考え、場合によっては断る訓練を積
むことが大事です。とは言うものの、私自身が思いつきでものを言わざる
を得ない場面が増えてきたのも事実です…。

P. 99

だいたい数年間かけても追いつけないレベルであれば、会社や地域で一番
になれます。それが、数十年かけても追いつけないと、前述の方々のよう
に、「日本で一番」になれるのです。

これを読んで安心しました。まずは数年でいいんだと(笑)。「断る」こと
で自分の時間を作り、ある分野においてみんなよりちょっとだけ進んだ自
分になろう、ということだと解釈しました。

幸い(?)、最近残業時間が減らされているので、そのための時間を捻出する
苦労は減りそうです。ただ、以前より作業時間が少ないぶん、仕事中は今
まで以上に「断る力」が必要になることでしょう。

もちろんただやみくもに断ればよいのではなく、必要な作業を断らないた
めに、不要な作業を断る必要があるということです。