2005-11 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2005-11-05 (土)

Debian にサーバを立てて、Cygwin からアクセスできるようにした。 [svn]

1. /etc/inetd.conf に以下を記述して、inetd 経由で使えるようにする。
   この例だと、リモートから /home/masutaka/SVNROOT にアクセスできるようになる。

svn stream tcp nowait masutaka /usr/sbin/tcpd /usr/bin/svnserve -i -r /home/masutaka/SVNROOT


2. [2003-07-21-1] を参考にして、lokkit から svn:tcp のアクセスを許可する。
   /etc/services でポート番号 3690 が svn に割り当てられているはず。

3. inetd を再起動する。

# /etc/init.d/inetd restart


4. Cygwin からは以下のコマンドで checkout できる。

# 全部
% svn co svn://dyna/SVNROOT/trunk .


# 第一階層だけ
% svn co -N svn://dyna/SVNROOT/trunk .


# misc だけ
% svn co svn://dyna/SVNROOT/trunk/misc .

ダウンロードに失敗してしまう。 [cygwin]

何回ダウンロードを試みても _update-info-dir-00325-1.tar.bz2 のダウ
ンロードに失敗してしまう。原因はインストール元のホストに上記ファイ
ルがなかったため。
ftp://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/cygwin/release/ には存在していた
ため、こちらからインストールするように変更した。

commit に失敗したら? [svn]

svn commit すると、以下のメッセージが出て commit に失敗する。

svn: コミットに失敗しました (詳しい理由は以下のとおりです):
svn: URL に対し ra_local セッションを開始できません
svn: リポジトリ 'file:///home/masutaka/SVNROOT/trunk' を開けませんでした
svn: Berkeley DB error while opening environment for filesystem /home/masutaka/SVNROOT/db:
?\204?\181?\184?\250?\164?\202?\176?\250?\191?\244?\164?\199?\164?\185
svn: bdb: Program version 4.2 doesn't match environment version


DB のバージョンが違うみたい。以下のコマンドで復旧することができた。

% svnadmin recover ~/SVNROOT

(URL: http://blog.twintail.tv/2005/06/24/42/)

フォントが汚かったのは? [Mozilla]

フォントが汚かったのは、Debian デフォルトのフォントに原因があった。
[2005-10-31-1] の設定を OFF にして、『Debian GNU/Linux 徹底入門』附
属のリョービフォントをインストールしたら、かなりきれいになった。

2005-11 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

最終更新時間: 2018-12-14 18:34

検索


最近の話題
- 2018-12-13
  BitBar の Heroku plugin はいいぞ
- 2018-12-07
  ジム通いと食生活改善を5ヶ月続けたので中間報告をする
- 2018-11-28
  Heroku Meetup #23 "Heroku Dynamite!!" で話してきた #herokujp
- 2018-11-21
  先週 GA になった、heroku.yml を使った Docker Deploy を試した
- 2018-10-28
  Heroku CLI 用の zsh 設定は不要だった件
- 2018-10-17
  launchd を使って毎日深夜にだけ Time Machine を実行させる
- 2018-10-15
  Bash v3 以下でも set -u 時に変数が定義されてるか確認する方法
最近追記された記事
- 2016-10-26-1 (6日前)
- 2018-10-15-1 (53日前)
- 2018-04-30-1 (81日前)
- 2017-10-21-1 (349日前)
- 2017-01-10-1 (377日前)
- 2017-04-08-1 (397日前)
- 2017-06-02-1 (531日前)
- 2017-04-29-1 (593日前)
- 2017-04-13-1 (607日前)
- 2017-04-13-1 (609日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (21)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (4)
- Book (93)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- capistrano (4)
- chalow (56)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (10)
- clang (26)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (4)
- E-mail (8)
- elasticsearch (4)
- Emacs (222)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (2)
- Game (21)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (20)
- golang (10)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (5)
- Heroku (13)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPhone (17)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (22)
- Linux (7)
- Mackerel (1)
- macOS (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (2)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (13)
- Rake (2)
- RaspberryPi (2)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- RSpec (2)
- Ruby (52)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Twitter (15)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (26)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (17)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
Google+