2009-05 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2009-05-17 (日)

カルボナーラ v2.0 [Cooking]

[2009-05-10-1]How to make a real CARBONARA -- YouTube を実際に試してみま
した。このレシピでは生クリームを使いません。

レシピ


画像

材料(1人分)
パスタ・・・・・・・・・・・100g
オリーブオイル・・・・・・・適当
ベーコン・・・・・・・・・・2枚
卵・・・・・・・・・・・・・1個
パルメザンチーズ・・・・・・これでもか!というくらい
黒こしょう(粗挽き)・・・・・ティースプーン1杯
塩・・・・・・・・・・・・・多め


1. 鍋に塩を入れ、湯を沸かし始める。塩は多めで。

2. ベーコンを 1cm 幅に切る。卵はパルメザンチーズをたっぷりかけて、
よく溶いておく。

3. 湯が沸いたら、パスタを投入する。キッチンタイマーを忘れずにセット
する。

4. オリーブオイルを引いてフライパンを中火で熱し、ベーコンを炒める。
こんがり焼き色が付いたら、火を止め黒こしょうを入れる。

5. パスタが茹で上がる前に、茹で汁をおたまに軽く一杯、フライパンに入
れる。

6. パスタが茹で上がったら湯を切り、フライパンに入れる。茹で汁は少し
残しておく。

7. 溶いた卵を投入し、よくかき混ぜる。かき混ざったら、茹で汁をもう軽
く一杯加え、さらにかき混ぜる。

まとめ



かき混ぜるときに火を付けてしまったたため、卵がダマになり見た目も悪
くなってしまいました。でも、生クリームを入れなかったためか、それほ
ど気になりませんでした。なんだ、生クリームいらないじゃん。(・∀・)

チーズはやはり、良いものを使った方が良いと思います。
ベーコンはブロックを使うと、卵やチーズのボリュームに負けません。
塩分は茹で汁とチーズから出るので、特に入れる必要はないと思います。

まあ、悪くない出来だったかな。^^;

masutaka.net に引っ越しました!! [chalow]

masutaka.net を取得し、コンテンツも移動しました。
[2009-05-17-1] のリダイレクトの設定をしたので、ブラウザの URL も
http://masutaka.net/chalow/ になっていると思います。

▼今までのアクセス
読者 -> http://www8.atpages.jp/hotsuma/*

▼これからのアクセス
読者 -> http://masutaka.net/* -内部-> http://masutaka.sakura.ne.jp/*
読者 -> http://www8.atpages.jp/hotsuma/* -自動転送-> http://masutaka.net/*

レンタルサーバは @pages から、さくらインターネットに変更しました。
私が注目した違いはこんな感じです。(ディープな使い方はしていないので、
悪しからず。。。)

@pagesさくらインターネット(スタンダードプラン)
料金¥0¥1,000(初期費用)+¥5,000(年間)
アップロード方法FTPSSH,FTP
cron×
CGIからのメール送信×
転送量制限1MB以上の転送は5KB/sに制限される10GB(日)
DISK容量1GB3GB
※ masutaka.net のドメイン取得料金は年間 ¥1,885 でした。同じさくら
   インターネットで契約しました。

SSH でログインできるので、ファイル転送に rsync が使えるようになりま
した。FTP の 10 倍は速くなったと思います。cron も使えますし、かなり
メンテしやすくなりました。

海外のレンタルサーバ Dreamhost も考えましたが、以下の理由により今回
は取り下げました。

- 日本語の解説ページが充実しているとはいえ、手続きは全て英語。
- あそこまでの機能は求めていない。
- http://iisaba.com/ の割引を使えば、年間のおおよその料金が
  ¥12,000 から ¥7,000 になるが、他の人に依存したくなかった。
- できれば日本のレンタルサーバを使ってあげたかった。

まあ、将来引っ越したとしても masutaka.net の転送先を Dreamhost にす
れば良いだけですからね。:-)

追記(2009-06-01):
リダイレクトの設定をしたおかげで、Google の検索結果が徐々に
masutaka.net に置き換わって来ました。Yahoo に至っては、前の URL で
検索してもヒットしなくなりました。早い!

クックパッド本 [Book]



中の人によると「おもしろいよ」とのこと。
まだ買っていませんが、宣伝しておきますね。

301 や 302 リダイレクトを返したときの検索エンジンの挙動 [Apache]

Google



種類説明
301リダイレクト永久的なリダイレクト
302リダイレクト記載なし
303リダイレクト記載なし
307リダイレクト記載なし
メタリフレッシュ詳細不明。Google では 301 リダイレクトをお勧めしている。
サイトの移転 - ウェブマスター/サイト所有者 ヘルプ
メタ タグ - ウェブマスター/サイト所有者 ヘルプ」より

Yahoo! JAPAN



種類説明
301リダイレクト永久的なリダイレクト
302リダイレクト一時的なリダイレクト
303リダイレクト記載なし
307リダイレクト記載なし
メタリフレッシュ<meta http-equiv="refresh" content=...> を使ったリダイレクトでは、即時にリダイレクトするように設定している場合は 301、リダイレクト開始まで一定の時間を設定している場合は 302 として扱われます。
リダイレクトの設定とインデックスに登録されるURL - インフォセンター - Yahoo!検索」より

とりあえず 301 を返しておけば、検索エンジンは適切に処理してくれるよ
うです。旧 URL の PageRank や検索順位もそのまま引き継いでくれるので
しょう。(うちのページは訪問者が少ないので関係ありません。涙)

ただ、これまでの話は別ドメインへの移転に限った話です。同一ドメイン
内での移動は微妙に異なるようです。

参考情報: 移転したことを検索エンジンに伝えるには

検索エンジン以外の話



RSS リーダー


どんな挙動をするのかは分かりませんでした。後日確認します。

読者のブックマーク


サイトで通知すれば、手動で更新してもらえるでしょう。:-)

どこかのサイトに書き込まれた URL


自分のページをググってみれば、どれだけ書かれているのか分かります。
あんまり多いようだと元サイトの .htaccess は消さない方が良いかも知れ
ません。

追記(2009-06-01):
さすがに RSS リーダーに登録されている URL は、書き換えてくれないよ
うですね。(Google リーダーで確認しました。)

この記事に言及しているこのブログ内の記事

Web サイトを移転するときの便利なテクニック [Apache]

[2009-05-16-3] は、今回の布石でした。決して、Web サーバと直接お話し
したいわけではありません。w

移転を読者にお知らせする、一番簡単な方法が [2006-05-28-1] にも書い
たメタリフレッシュです。ただ、全ての *.html や CGI に仕込む必要があ
りますし、検索エンジンに伝わるかどうかは検索エンジンの実装に依存し
てしまいます(※[2009-05-17-2])。以降で述べる .htaccess の使用が許可
されていない時を除き、使うべきではないでしょう。

実は、HTTP ステータスコードには移転関係のコードもあります。

301: Moved Permanently
302: Found
303: See Other
307: Temporary Redirect


説明は「Wikipedia - HTTPステータスコード」に譲りますが、Web サー
バが 301 を返すようにすると、検索エンジンが適切に処理してくれます。

では、どうすれば Web サーバが 301 を返すようになるのでしょう?

例えば、http://src.example.jp/~masutaka/ から
http://dst.example.com/~masutaka/ に構成を変えずにそのまま移転した
い場合は、.htaccess に以下のように記載します。.htaccess は、
http://src.example.jp/~masutaka/.htaccess に相当する場所に置きます。

<IfModule mod_rewrite.c>
	RewriteEngine On
	RewriteBase /
	RewriteRule (.*) http://dst.example.com/~masutaka/$1 [R=301,L]
</IfModule>



今回は試しに http://www8.atpages.jp/hotsuma/test.html
http://homepage2.nifty.com/chronicle/test.html に飛ばす設定を仕込ん
でみました。

<IfModule mod_rewrite.c>
	RewriteEngine On
	RewriteBase /
	RewriteRule ^(test\.html)$ http://homepage2.nifty.com/chronicle/$1 [R=301,L]
</IfModule>



では [2009-05-16-3] の方法で、Web サーバが 301 を返しているのかを確
認してみましょう。

% telnet www8.atpages.jp 80
Trying 203.152.213.231...
Connected to www8.atpages.jp.
Escape character is '^]'.
GET /hotsuma/test.html HTTP/1.0         #<= 入力後、Enter×2回

HTTP/1.1 301 Moved Permanently          #<= やった!!
(途中省略)
<H1>Moved Permanently</H1>              #<= もちろん転送先も通知されます。
The document has moved <A HREF="http://homepage2.nifty.com/chronicle/test.html">here</A>.<P>
(以下省略)



Web サーバが、HTTP ステータスコード 301 を出力していることを確認出
来ました!!

参考情報: apache rewrite設定 - Webページ引越ししました - ふっくんのブログっぽいサイト
参考情報: mod_rewrite
参考情報: Apache : mod_rewriteリファレンス - dawgsdk.org

www8.atpages.jp 向け情報:
今回は説明しませんでしたが、本来は Redirect でも同じ設定が出来るよ
うです。でも、このサーバでは使えませんでした。Redirect は OFF になっ
ているようです。@pages のヘルプにはどこにも書いていませんでした...。
ちなみに Apache の機能としてみると、Redirect はデフォルト、Rewrite
は configure 時にオプションを指定すると使える機能です。

2009-05 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

最終更新時間: 2020-04-05 23:39 JST

検索


最近の話題
- 2020-04-02
  NHK Eテレのテキシコーメモ
- 2020-03-26
  terraform を再帰的に実行する Makefile
- 2020-02-25
  スレッドセーフでない Dir.chdir の使用を RuboCop で禁止する
- 2020-01-22
  『AWSの薄い本 IAMのマニアックな話』を読んだ
- 2020-01-12
  『私はどのようにしてLinuxカーネルを学んだか』を読んだ
- 2019-12-20
  circleci/orb-tools を使った Orb のリリースフローが良く出来ていたので紹介する
- 2019-12-17
  Heroku 上での bundler version の決められ方
最近追記された記事
- 2014-11-02-2 (15日前)
- 2020-01-22-1 (21日前)
- 2019-02-11-1 (195日前)
- 2019-02-03-1 (195日前)
- 2019-01-28-1 (195日前)
- 2019-02-03-1 (237日前)
- 2018-11-28-1 (251日前)
- 2019-05-07-1 (331日前)
- 2018-04-30-1 (346日前)
- 2018-01-28-1 (358日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (24)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (4)
- Book (109)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- capistrano (4)
- chalow (57)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (11)
- clang (26)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (4)
- E-mail (9)
- elasticsearch (4)
- Emacs (223)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (2)
- Game (21)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (23)
- golang (11)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (6)
- Heroku (21)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPad (1)
- iPhone (17)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (24)
- Linux (7)
- Mackerel (1)
- macOS (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (2)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (13)
- Rake (2)
- RaspberryPi (2)
- Redash (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- RSpec (2)
- Ruby (54)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Terraform (3)
- Twitter (15)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (26)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (17)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2020 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12