2009-07 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2009-07-02 (木)

Emacs講座 -第5回- キーバインドの変更 [Emacs講座]

目次 / 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回

Emacs では数多くの関数がキーに割り当てられています。その中には押し
やすいものもあれば、押しづらいものもあります。また、全ての関数がキー
に割り当てられているわけではないため、頻繁に使う関数なのに

M-x hogehoge [Enter]

などと実行しなければならない場合もあります。

という状況ではありますが、Emacs のキーバインドはフルカスタマイズ可
能です。カスタマイズするしかないでしょう。:-)

ポリシー


私は以下のことを念頭に置いて、キーバインドを変更しています。

- デフォルトのキーバインドは、極力変更しない。
- 連打することがあるコマンドは1ストローク(例: Ctrl-t)。
- 連打する必要が少ない、もしくはやや危険なコマンドは2ストローク
 (例: Ctrl-q Ctrl-h)。
- 2ストロークにする時は、全て Ctrl-q Ctrl-h のような Ctrl を介したも
 のにする。例えば Ctrl-q h だと、Ctrl キーを一旦ニュートラルにする必
 要があるので、Ctrl-q Ctrl-h より確実に遅い。
- カーソルキーやファンクションキーは遠いので、極力使わない。


知っておくべきこと


例えば、Ctrl-n というキーを押すと next-line という関数が呼ばれます。
Ctrl-f は forward-char です。ただの a というキーにも
self-insert-command という関数が割り当てられています。

このように、全てのキーに関数が割り当てられています。

では、どうやって調べたらよいでしょうか?これを調べるヘルプコマンド
が、以下になります。ミニバッファに関数名が表示されます。

F1 c 調べたいキー操作


"F1 c" 自体も、もちろん関数呼び出しとなっています。上の方法で調べる
と、describe-key-briefly という関数だと分かります。

逆に、ある関数がどのキーに割り当てられているのかは、"F1 w" で分かり
ます。

以上を知っていれば、現在のキーバインドがどのように設定されているか
分かるはずです。

よく使うヘルプコマンド一覧を記載しておきますね。"F1 Ctrl-h" すると、
一覧から以下のヘルプを選択することも出来ます。

キー関数名説明
F1 cdescribe-key-briefly指定したキーに対応する関数名を、ミニバッファに表示
F1 kdescribe-key指定したキーに対応する、関数のヘルプを表示
F1 fdescribe-function指定した関数のヘルプを表示
F1 wwhere-is指定した関数に対応する、全てのキーを表示
F1 bdescribe-bindings現在のバッファのキーバインド一覧を出力
F1 mdescribe-mode現在のバッファのメジャーモードとマイナーモードの説明を出力
F1 aaproposキーワードにマッチする関数と変数を検索
F1 iinfoInfoを閲覧

基本となる設定方法



global-map


一例として。Ctrl-z すると、M-x shell を実行できるようにしてみます。

デフォルトで Ctrl-z に割り当てられている関数は、
iconify-or-deiconify-frame です。フレームが最小化されます。
これを置き換えます。

設定内容はこちらになります。~/.emacs に記載します。

(define-key global-map (kbd "C-z") 'shell)


define-key が関数名です。後ろの global-map, (kbd "C-z"), 'shell は
define-key への引数になります。

- global-map というのは全てのバッファに影響するキーマップです。
- (kbd "C-z") は Ctrl-z というキーのことだと思って下さい。
-- 他に (kbd "C-x C-p"), (kbd "M-p"), (kbd "C-M-p"), (kbd "C-,"),
  (kbd "<right>"), (kbd "<f8>") などが使えます。
-- (kbd "ほげ") の ほげ の部分は、"F1 c" した後、調べたいキーを
  押すと分かります。
- 'shell は関数名です。"'"(シングルクォート) を忘れないで下さい。


global-map 以外のキーマップ


有名なところでは、esc-map と ctl-x-map があります。global-map と同
じく、全てのバッファに影響するキーマップです。

以下は設定の一例です。M-j や Esc-j すると、goto-line を実行します。

(define-key esc-map (kbd "j") 'goto-line)


後述しますが、キーマップを自作することも出来ます。

他にも c-mode-base-map や dired-mode-map、isearch-mode-map などがあ
ります。apropos で調べられます。

Ctrl-u F1 a -map$ [Enter]

Emacs の Info や、elisp のソースを確認するのも良いと思います。

キーマップを自作する


デフォルトのキーバインドをできるだけ変更しないで、自分好みの設定を
しようとするとあることに気づくはずです。

「どのキーも埋まっているじゃん。。。」

使わなそうなキーなら良いのですが、実は使えるキーで、後で後悔するか
もしれません。

ここで、"Ctrl-なんとか"というキーを一つずつ調べてみました。結果、
Ctrl-q の使用頻度が少ないことに気がつきました。

Ctrl-q には quoted-insert という関数が割り当てられています。コント
ロールコード(ASCII コードの Ctrl-l や Ctrl-i 等)を挿入できます。

そこで、ctrl-q-map を作ってみることにしました。

そうすると、"Ctrl-q Ctrl-アルファベット" や "Ctrl-q 記号" などを自
由に使えるようになります。quoted-insert は "Ctrl-q Ctrl-q" に追いや
ることにします。

前置きが長くなりましたが、設定内容を下記に記載します。
「your-favorite-funca〜your-favorite-funcz」はもちろん、割り当てた
い関数名にしてください。

(defvar ctl-q-map (make-keymap))                 ;;; (★a)
(define-key global-map (kbd "C-q") ctl-q-map)    ;;; (★b)
(define-key ctl-q-map (kbd "C-a") 'your-favorite-funca)
(define-key ctl-q-map (kbd "C-b") 'your-favorite-funcb)
.
.
(define-key ctl-q-map (kbd "C-q") 'quoted-insert)
.
.
(define-key ctl-q-map (kbd "C-z") 'your-favorite-funcz)

;;; (★a) ctrl-q-map という変数を新たに定義しました。
;;;       新規作成したキーマップを代入しています。
;;;
;;; (★b) ctrl-q-map を Ctrl-q に割り当てています。


かなり自由に設定できるようになりましたね!

引数を指定したキーバインドの設定



-第4回- カーソル移動」の「スクロールアップ、スクロールダウン」の
Ctrl-u 1 Ctrl-v のような操作をキーに割り当てることもできます。

一例として1行スクロールアップする機能("Ctrl-u 1 Ctrl-v" に相当)を
"Ctrl-;" に割り当てることにします。

方法1


(1) 1行スクロールアップする関数 scroll-up1 を新規作成します。

(defun scroll-up1 ()
  (interactive)
  (scroll-up 1))


(2) scroll-up1 を "Ctrl-;" に割り当てます。

(define-key global-map (kbd "C-;") 'scroll-up1)



方法2


1行スクロールアップする無名関数を作って、直接 "Ctrl-;" に割り当て
ます。

(define-key global-map (kbd "C-;") (lambda () (interactive) (scroll-up 1)))



参考資料


今回は少しだけ「emacs 雑記」を参考にさせて頂きました。keybind のペー
ですね。

英語ですが、Info にも詳しい説明が書いてあります。

1. M-x info [Enter]
2. 以下の行で Enter
  * Emacs: (emacs). The extensible self-documenting text editor.
3. g を押したあと、Key Bindings [Enter]

最新の Info って誰か翻訳していないのかなあ。手元にあるのは 20.6 の
日本語マニュアル...。

第5回終わり。

目次 / 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回

2009-07 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

最終更新時間: 2017-01-14 05:25

検索


最近の話題
- 2017-01-10
  完全に闇に落ちていた StartSSL に ¥3,603 課金してしまったお話
- 2017-01-03
  Software Design を 13 ヶ月分まとめ読みした
- 2016-12-19
  任意の Ruby オブジェクトを YAML として書く
  Ruby の $ERROR_INFO などの特殊変数は require 'English' が必要だったのか
- 2016-12-14
  不惑の年に風呂の良さを知った
- 2016-12-10
  bundle install で Your Gemfile.lock is corrupt. と怒られる件
- 2016-11-05
  yaml_vault が AWS での Rails 環境変数つらい問題を解決したと思う
- 2016-11-01
  ZenPad 3S 10 (Z500M) から始まる廃人生活
最近追記された記事
- 2015-06-07-1 (17日前)
- 2016-12-10-1 (35日前)
- 2016-11-05-1 (43日前)
- 2015-01-04-1 (51日前)
- 2016-11-01-1 (72日前)
- 2015-07-28-1 (96日前)
- 2016-09-29-1 (98日前)
- 2014-09-23-1 (179日前)
- 2016-06-07-1 (220日前)
- 2015-12-27-1 (380日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (2)
- AWS (15)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (3)
- Book (85)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- C (26)
- capistrano (3)
- chalow (56)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (7)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (1)
- E-mail (8)
- elasticsearch (3)
- Emacs (219)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (1)
- Game (19)
- Gem (5)
- Git (8)
- GitHub (15)
- Go (5)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (2)
- Heroku (9)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPhone (14)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (18)
- Linux (5)
- Mackerel (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (1)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (10)
- Rake (2)
- RaspberryPi (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- Rspec (1)
- Ruby (48)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Twitter (14)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (25)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (13)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
Google+