2010-04 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2010-04-18 (日)

Firefox アドオン Identifox から StatusNet を使おう [StatusNet][Firefox]

StatusNet のデモサイト https://identi.ca/ 用のクライアント
Identifox を少し修正すると、イントラネットに構築した StatusNet でも
使えます。

statusnet は http://example.com/statusnet/ に構築し、
[2010-04-18-3] の Fancy URLs の設定を行ったものとします。

Identifox


Firefox 用アドオンです。ある時点の Ecofon を StatusNet 用にポーティ
ングしたようです。

https://identi.ca/api/ がハードコーディングされているので、
identifox-0.9-fx.xpi を zip 伸長し、以下のような修正を加え、
また zip 圧縮します。

--- orig/identifox-0.9-fx/components/nsIdenticaNotifier.js	2009-03-09 03:15:06.000000000 +0900
+++ identifox-0.9-fx/components/nsIdenticaNotifier.js	2010-04-18 17:18:38.000000000 +0900
@@ -17,7 +17,7 @@
 var insert_status_stmt = null;
 var find_status_stmt = null;

-const IDENTICA_API_URL = "https://identi.ca/api/";
+const IDENTICA_API_URL = "http://example.com/statusnet/api/";
 const NETWORK_TIMEOUT_TIME = 120;
 const APP_NAME = "IdentiFox";



他にも KeySnailtwittering-mode が使えそうですが、まだ調査中です。

参考情報:
Web Apps|StatusNet
Twmode

追記(2010-04-23):
[2010-04-23-1] に KeySnail の記事をアップしました。まだ暫定です。

StatusNet クリーンルーム特有の問題 [StatusNet]

StatusNet は一部、インターネットサービスにアクセスする箇所があるの
で、私がクリーンルームに設置した時はいくつかエラーが発生しました。

参考までに、情報と対策をまとめておきます。

続きを読む

StatusNet SMTP の設定 [StatusNet]

フォローされた時や、お気に入りに追加された時に、ユーザにメール通知
されるようになるので、SMTP の設定をすると良いでしょう。パスワードを
忘れた時にユーザが再発行手続きを行えるので、メンテナンスコストも下
がります。

以下は認証なしの SMTP サーバの場合です。config.php に追記します。

// Email info, used for all outbound email
$config['mail']['notifyfrom'] = 'noreply@example.com';

// Domain for generating no-reply and incoming email addresses, if enabled.
// Defaults to site server name.
$config['mail']['domain'] = 'example.com';

// See http://pear.php.net/manual/en/package.mail.mail.factory.php for options
$config['mail']['backend'] = 'smtp';
$config['mail']['params'] = array(
        'host' => 'SmtpServerName',
        'port' => 25,
        );



$config['mail']['notifyfrom'] は StatusNet が送るメールの From: に
なります。適当に設定してください。

私が設置したクリーンルームでは、メールヘッダが常に文字化けしてしま
いました。メールサーバが怪しげな変換をしているようなんですが、そも
そも StatusNet がメールヘッダの MIME ENCODE をしていないことが原因
です。

適当なパッチを作りましたので、もし困っていたらご利用下さい。

続きを読む

StatusNet のカスタマイズ [StatusNet]

設定はある程度 Web から出来ますが、出来ない設定も多いです。
そんな場合は config.php を修正しましょう。

私は以下の設定をしました。

$config['attachments']['uploads'] = false;

→必要になったら ON にすれば良いと思うので、添付ファイルは OFF にし
ました。

$config['location']['share'] = 'never';

→ツイートしたときに、常に「狛江市, 東京都, 日本」と挿入されるので
OFF にしました。今回設置したのはクリーンルームだったので、そもそも
位置情報が不要です。

その他の設定は config.php.sample が参考になると思います。ただ、ここ
にも載っていない設定があるので、*.php を common_config 等で grep す
る必要があるかもしれません。

StatusNet Fancy URLs の設定 [StatusNet]

Fancy URLs を設定すると、URL から index.php がなくなります。
クールな URL を実現するためにも、是非設定しましょう。

設定は比較的簡単です。

1. .htaccess を作成します。

statusnet 直下の htaccess.sample を .htaccess という名前で保存し、
修正します。以下は http://example.com/statusnet/ というサイトの場合です。

--- /var/www/statusnet/htaccess.sample	2010-03-29 00:39:56.000000000 +0900
+++ /var/www/statusnet/.htaccess	2010-04-13 01:36:37.000000000 +0900
@@ -7,7 +7,7 @@
   #   http://example.com/        => /
   #   http://example.com/mublog/ => /mublog/
   #
-  RewriteBase /mublog/
+  RewriteBase /statusnet/

   ## Uncomment these if having trouble with API authentication
   ## when PHP is running in CGI or FastCGI mode.



http://example.com/statusnet/<AdministratorNickname>/all に
アクセス出来ることを確認しましょう。

<AdministratorNickname> は [2010-04-18-1] の通りに設定した場合、
root になります。

アクセス出来ない場合は、mod_rewrite が有効でないのかもしれません。
[2010-04-13-1] を参考にしてみてください。

2. Fancy URLs を有効にします。

管理者権限(今回は root)でログインし、Admin → パスに進みます。
Fancy URLs にチェックを入れれば有効になります。

上のメニューにある Personal や Admin へのリンク先から "index.php"
が消えたはずです。

また、以降の各ツイートや各グループへのリンクからも "index.php" が消
えます。これらは MySQL のデータベースに直に書かれるので、Fancy
URLs は早めに設定することをオススメします。

参考情報:
statusnet-0.9.x.tar.gz の README
ブログを作る際のクールなURLを考える - Open MagicVox.net

StatusNet のログイン画面を日本語にする [StatusNet]

Admin → Site の Default language を日本語にするだけではログイン画
面は日本語になりませんでした。ブラウザ側の言語設定によるそうですが、
少なくとも Firefox-3.5.8 は日本語になりませんでした。

language.php を修正します。すぐにログイン画面が日本語になります。

--- orig/statusnet-0.9.1/lib/language.php	2010-03-29 00:39:56.000000000 +0900
+++ statusnet-0.9.1/lib/language.php	2010-04-12 13:20:56.000000000 +0900
@@ -307,6 +307,7 @@
         'ia'      => array('q' => 0.8, 'lang' => 'ia', 'name' => 'Interlingua', 'direction' => 'ltr'),
         'is'      => array('q' => 0.1, 'lang' => 'is', 'name' => 'Icelandic', 'direction' => 'ltr'),
         'it'      => array('q' => 1, 'lang' => 'it', 'name' => 'Italian', 'direction' => 'ltr'),
+        'ja'      => array('q' => 0.5, 'lang' => 'ja', 'name' => 'Japanese', 'direction' => 'ltr'),
         'jp'      => array('q' => 0.5, 'lang' => 'ja', 'name' => 'Japanese', 'direction' => 'ltr'),
         'ko'      => array('q' => 0.9, 'lang' => 'ko',    'name' => 'Korean', 'direction' => 'ltr'),
         'mk'      => array('q' => 0.5, 'lang' => 'mk', 'name' => 'Macedonian', 'direction' => 'ltr'),



参考情報:
Twitter Clone なStatusNet を入れてみる - matoken’s meme -hatena-

StatusNet の構築 [StatusNet]

[2010-04-11-1] の補完。

Debian squeeze でのイントラネット版 Twitter「StatusNet」の構築方法
をまとめます。

構築の前に


StatusNet は PHP で書かれているので、以下のような基本的な PHP スク
リプトが Web サーバ上で動くことを確認しておきます。

<?php phpinfo(); ?>



構築手順


※ "#" は root での作業、"%" は一般ユーザでの作業です。

1. http://status.net/ から tar ball を落とし、/var/www に展開します。


# cd /var/www
# tar xzf statusnet-0.9.1.tar.gz


2. リネームします。


# mv statusnet-0.9.1 statusnet


3. アクセス権を適切に設定します。


# cd statusnet
# chown -R root:root .
# chown www-data:www-data . avatar background file


4. MySQL の DB を作成します。


% mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 1292
Server version: 5.1.45-1 (Debian)

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
+--------------------+
2 rows in set (0.00 sec)

mysql> create database statusnet;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

mysql> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| statusnet          |
+--------------------+
3 rows in set (0.00 sec)

mysql> grant all privileges on statusnet.* to statusnetuser@localhost identified by 'statusnetpassword';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> exit;
Bye



5. http://<インストールするマシン名>/statusnet/install.php にアクセスします。


以下を参考に StatusNet の設定をします。

設定名
Site nameHoge StatusNet
Fancy URLsdisable
Hostnamelocalhost
TypeMySQL
Namestatusnet(※1)
DB usernamestatusnetuser(※1)
DB passwordstatusnetpassword(※1)
Administrator nicknameroot(※2)
Administrator passwordrootpassword(※2)
Subscribe to announcementsチェック
(※1) 4 で設定した DB 名やユーザ名を入力します。
(※2) これが StatusNet の管理者アカウントになります。

6. 問題なくインストール完了


インストーラにバグがあるのか、今回はここで止まってしまいましたが、
http://<インストールするマシン名>/statusnet/ には問題なくアクセスで
きたので、まあ良しとします。

Install StatusNet
・Starting installation...
・Checking database...
・Changing to database...
・Running database script...
・Adding SMS carrier data to database...
・Adding notice source data to database...
・Adding foreign service data to database...
・Writing config file...


curl や gd、mysql 関連のエラーが出たら、該当のパッケージをインストー
ルし、Apache を再起動してください。

# /etc/init.d/apache2 restart


私の場合は php5-curl, php5-gd, php5-mysql をインストールする必要が
ありました。

参考情報:
statusnet-0.9.x.tar.gz の README

この日に言及しているこのブログ内の記事

2010-04 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

最終更新時間: 2020-10-25 16:12 JST

検索


最近の話題
- 2020-09-03
  Looker User Meetup in Tokyo #4(BEACON Japan 前夜祭)に参加した #lookermeetup
- 2020-09-02
  CircleCI の orb を fork して PR を送る前の動作確認方法
- 2020-08-21
  テレビ用に HDMI 切替器を買った
- 2020-08-16
  Emacs-27.1 がリリースされたので elscreen.el を tab-bar.el に移行した
- 2020-08-14
  Chromecast を第1世代から第3世代に買い替えた
- 2020-07-24
  何年も続いている私の Emacs パッケージ管理方法
- 2020-07-17
  Android の HTTP Shortcuts アプリで Slack Status 変更と勤怠打刻をいい感じにする
最近追記された記事
- 2014-11-02-2 (218日前)
- 2020-01-22-1 (224日前)
- 2019-02-11-1 (398日前)
- 2019-02-03-1 (398日前)
- 2019-01-28-1 (398日前)
- 2019-02-03-1 (440日前)
- 2018-11-28-1 (454日前)
- 2019-05-07-1 (534日前)
- 2018-04-30-1 (549日前)
- 2018-01-28-1 (561日前)
カテゴリ
- Android (2)
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (24)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (4)
- Book (109)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- capistrano (4)
- chalow (57)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (12)
- clang (26)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (5)
- E-mail (9)
- elasticsearch (4)
- Emacs (225)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (2)
- Game (21)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (23)
- golang (11)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (7)
- Heroku (21)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iOS (1)
- iPad (1)
- iPhone (17)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (24)
- Linux (7)
- Mackerel (1)
- macOS (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (2)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (13)
- Rake (2)
- RaspberryPi (2)
- Redash (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- RSpec (2)
- Ruby (54)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (4)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Terraform (3)
- Twitter (15)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (26)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (19)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2020 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12