2015-06 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2015-06-07 (日)

AWS Summit Tokyo 2015 に行ってきた #AWSSummit [AWS]

AWS Summit Tokyo 2015 logo

去年 [2014-07-19-1] に引き続き、AWS Summit Tokyo に行って参りまし
た。今年も 2 日目だけ。

今年は開発者向けの「デベロッパーカンファレンス(DevCon)」がメイン
セッションとは別にあったので、主にそっちを聴いてました。

全てのセッションの動画や資料はこちらをどうぞ。
AWS Summit Tokyo 2015 開催レポート|AWS


Day2 キーノート




資料ダウンロード

AWS のサービスや事例の紹介。モバイルや IoT 時代に向けて、脱 EC2 を
意識した話が多かった気が。

昼休み





炭水化物は十分だったけど量が少なかった。売店とかないのでこれで凌ぐ
しかない感じだった。

Amazon Machine Learning のセッションを聴きながら食べようかと思いま
したが、人多杉で断念。実践 GitHub Flow の同時上映の会場が空いてい
たのでそこで。レシーバーを借り忘れたので、音声なしで。

開発生産性を上げるためのデプロイ戦略


吉羽 龍太郎(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 プロフェッショナルサービス本部 部長)

資料ダウンロード

デプロイに何時間もかかって困っている方向けのセッションだったので、
ちょっと選択を誤った。ただ、吉羽さんの話を聴くのは初めてだったので、
それはそれで良かった。

会場内に1時間以内にデプロイ出来る人少なかった。

クロスファンクショナルチームを意識する。
メンバーごとのスキルセットのマトリクス作るのは良いかも。
HTML5 とか Rails とか fluentd とか。

デプロイツールのデプロイ問題の話もあった。

開発者のローカル環境からデプロイすると、最新の master ブランチでな
かったりして、デプロイツールのバージョンが古いことがある。やはり、
CI ツールからデプロイするのが現在のベストプラクティスっぽい。穴あ
けるのが面倒だなあ...。

なぜクックパッドは開発しやすいのか


成田 一生(クックパッド株式会社 インフラストラクチャー部 部長)



chanko がロールごとの機能の ON/OFF する Gem だったのね。クックパッ
ドのスタッフだけに先行してリリースするとか。

AWS セキュアデザイン (IAM)


瀧澤 与一(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクト)


資料ダウンロード

前半は AWS 責任共有モデルの話、後半は IAM の話だった。

資料にいろいろ書いてあったので、それを見ればよさそう。以下は書き散
らかしたメモ。

- AWS は定期的に監査を受けている
- 金融機関向けセキュリティリファレンスあり
- ホワイトペーパーを誰でもダウンロード可能
- AWS マーケットプレイスにセキュリティツールあり。KMS 良いそう
- IAM ベストプラクティスがある。守れていない項目があったので、あとで確認しよう
- Active Directory 連携は使わないので聞き流した
- EC2 には IAM ロールは是非使ってね
- 新機能 IAM Policy Validator や Simulator ある
- IAM 認証情報レポートあり
- アクセスキーは 2 つまで設定可能

Amazon CloudFront から Edge Services へ ~CDN を再定義する AWS の新たな取り組み~


Prasad Kalyanaraman (VP, AWS Edge Services, CloudFront, Amazon Web Services, Inc.)


資料ダウンロード

Edge Services とは CloudFront と Route53(とあと一つあった気が..)
のことを指すらしい。なかなか良いセッションだった。

ざっくり言うと、既存プロバイダーと比べて AWS がどれだけすごいかを
オブラートに包みつつ、紳士的に話すという内容だった。

実は AWS で DDoS 対策はしているが、お客様に価値を提供するものでは
ないので、今までアナウンスしてなかったとのこと。

GitHub で今年 3 月、史上最大の DDos 攻撃があったけど、あれはなぜ防
御できなかったんだろう?

追記(2017-02-16):
クラスメソッドさんの記事
[レポート]Amazon CloudFront から Edge Services へ ~CDN を再定義する AWS の新たな取り組み~ #AWSSummit | Developers.IO

Amazonのソフトウェア開発 - Our Leadership Principles-


堀 剛(Development Manager, Amazon Web Services, Inc.)

※ TODO: 資料やビデオが公開されたらここに貼る

中の人による Amazon のソフトウェア開発の話。直接聴いたのは初めてだっ
たので面白かった。取り入れられるものは取り入れたい。

- 開発・運用・採用活動 全部やる。
- 全員がリーダーとしての自覚を持って行動する
- Press Release に対して FAQ を出して行って(PR/FAQ)、納得行くまでやる
- プライオリティがつけやすいとのこと。お客様が中心
- 他のセッションでもそうだったけど、常にお客様が中心
- オーナーシップ超大事。長期的にお客様が喜んで頂けるかを考える
- Dive Deep(熟考とか)
- 使用例「あれ、もっとそれ Dive Deep しないとだめなんじゃないの?」
- 安易に妥協しない
- 自分の意見と違っていても、決定には全面的にコミットメントする

追記(2016-12-28):
関連サイトを見つけました。
求める人物像|Amazonでは、全員がリーダー

【ナイトイベント】JAWS-UG 勉強会 in AWS Summit Tokyo 2015



こちらは去年。


こちらは今年。ポテチが増えましたね。


運営全般で思ったこと


- 空調はちょうど良かったと思います
- 通訳レシーバーはありがたかったです
- ノベリティは荷物にならない程度の量で良かったです
- ネットは時々繋がらなくなり、PC の Wifi 設定の OFF/ON で直してました
- 事前登録の確認方法が不明確で、機能していませんでした

2015-06 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

最終更新時間: 2017-08-11 21:21

検索
最近の話題
- 2017-08-07
  github-nippou v3.0.0 released
- 2017-08-02
  『サーバーレスシングルページアプリケーション』を読んだ
- 2017-07-10
  emacs-helm の標準添付から外された helm-elscreen を Melpa に追加した
- 2017-07-05
  WEB+DB PRESS Vol.99の「実践Kubernetes」の第4章でつまづいたメモ #wdpress
- 2017-06-29
  Kubernetes Meetup Tokyo #5 に行ってきた #k8sjp
- 2017-06-26
  『プログラマのためのGoogle Cloud Platform入門』を読んだ
- 2017-06-02
  AWS Summit Tokyo 2017 に行ってきた #AWSSummit
最近追記された記事
- 2017-06-02-1 (41日前)
- 2017-04-29-1 (103日前)
- 2017-04-13-1 (117日前)
- 2017-04-13-1 (119日前)
- 2017-03-02-1 (161日前)
- 2017-02-25-1 (166日前)
- 2017-02-21-1 (170日前)
- 2015-06-07-1 (176日前)
- 2016-10-19-1 (185日前)
- 2016-01-01-1 (197日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (19)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (3)
- Book (87)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- C (26)
- capistrano (4)
- chalow (56)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (10)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (3)
- E-mail (8)
- elasticsearch (4)
- Emacs (220)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (1)
- Game (20)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (17)
- Go (5)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (3)
- Heroku (9)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPhone (15)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (19)
- Linux (6)
- Mackerel (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (1)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (12)
- Rake (2)
- RaspberryPi (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- Rspec (1)
- Ruby (50)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Twitter (14)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (25)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (15)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
Google+