2017-04 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2017-04-15 (土)

CircleCI 2.0 をローカルで実行できる circleci コマンドとは何者か [CircleCI]

CircleCI

先日の [2017-04-13-1] で気になったので調べてみました。

初めに結論から。

circleci コマンド(シェルスクリプト。macOS 等で実行可能)
└ docker run circleci/picard
 └ /usr/bin/circleci (https://github.com/circleci/build-agent)

・circleci コマンドは build-agent というコマンドを Dockerize した
シェルスクリプト。

・build-agent は golang 製のツールで、/usr/bin/circleci としてコン
テナ内に存在する。おそらく private repository
https://github.com/circleci/build-agent で開発されている。

・Docker Image は https://hub.docker.com/r/circleci/picard/ だが、
Dockerfile は公開されていない。Alpine Linux ベースのようだ。

・この Docker Image には docker コマンドは存在しない。
/usr/bin/circleci が Docker Hub の API を使って、docker pull 相当
のことなどを実行するようだ。


調査過程や詳細など


Running Jobs Locally - CircleCI に書いてある方法で
https://circle-downloads.s3.amazonaws.com/releases/build_agent_wrapper/circleci
が /usr/local/bin にインストールされる。

これは circleci/picard を docker run するだけのラッパーシェルスク
リプト。ただ、circleci/picard の Dockerfile は公開されておらず、何
者なのかは分からない。

--- circleci.orig	2017-04-15 18:57:50.000000000 +0900
+++ circleci	2017-04-15 18:57:54.000000000 +0900
@@ -138,4 +138,4 @@
        -v ~/.circleci/:/root/.circleci \
        --workdir $(pwd) \
        $picard_image \
-       circleci "$@"
+       sh


適当に書き換えて、circleci コマンドを実行すればコンテナの中に入る
ことが出来る。

/Users/masutaka # which apk
/sbin/apk


apk コマンドがあることから、circleci/picard は Alpine Linux ベース
のようだ。

/Users/masutaka # which circleci
/usr/bin/circleci


また、前述の Diff から分かるように、コンテナの中に circleci コマン
ドがあるようだ。あった。

/Users/masutaka # apk add --no-cache file
(snip)
/Users/masutaka # file /usr/bin/circleci
/usr/bin/circleci: ELF 64-bit LSB executable, x86-64, version 1 (SYSV), statically linked, not stripped


file コマンドをインストールしつつ、circleci コマンドを調べてみる。

ELF ということから、golang で書かれているのかなあ?と予想した。
まさか clang ではないと思うし。

/Users/masutaka # ldd /usr/bin/circleci
ldd: /usr/bin/circleci: Not a valid dynamic program


要求する .so (shared object) はないようだ。

/Users/masutaka # apk add --no-cache binutils


objdump や strings コマンドを使うために、binutils をインストールする。

/Users/masutaka # objdump -x /usr/bin/circleci > hoge


macOS 側の ~/hoge にこのバイナリのヘッダ情報が書き込まれる。

リバースエンジニアリングになるので公開は差し控えるが、知らない人で
も golang と書かれたツールだと分かるくらいの情報が手に入る。

リポジトリは https://github.com/circleci/build-agent のようだ。
ただし参照は不可。private repository だと思う。

あと、このコンテナには docker コマンドは存在しない。
https://github.com/docker/docker を import して、Docker Hub の API
を使っているようだ。他にも import しているライブラリは多数あった。

2017-04 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

最終更新時間: 2020-10-25 16:12 JST

検索


最近の話題
- 2020-09-03
  Looker User Meetup in Tokyo #4(BEACON Japan 前夜祭)に参加した #lookermeetup
- 2020-09-02
  CircleCI の orb を fork して PR を送る前の動作確認方法
- 2020-08-21
  テレビ用に HDMI 切替器を買った
- 2020-08-16
  Emacs-27.1 がリリースされたので elscreen.el を tab-bar.el に移行した
- 2020-08-14
  Chromecast を第1世代から第3世代に買い替えた
- 2020-07-24
  何年も続いている私の Emacs パッケージ管理方法
- 2020-07-17
  Android の HTTP Shortcuts アプリで Slack Status 変更と勤怠打刻をいい感じにする
最近追記された記事
- 2014-11-02-2 (218日前)
- 2020-01-22-1 (224日前)
- 2019-02-11-1 (398日前)
- 2019-02-03-1 (398日前)
- 2019-01-28-1 (398日前)
- 2019-02-03-1 (440日前)
- 2018-11-28-1 (454日前)
- 2019-05-07-1 (534日前)
- 2018-04-30-1 (549日前)
- 2018-01-28-1 (561日前)
カテゴリ
- Android (2)
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (24)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (4)
- Book (109)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- capistrano (4)
- chalow (57)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (12)
- clang (26)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (5)
- E-mail (9)
- elasticsearch (4)
- Emacs (225)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (2)
- Game (21)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (23)
- golang (11)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (7)
- Heroku (21)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iOS (1)
- iPad (1)
- iPhone (17)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (24)
- Linux (7)
- Mackerel (1)
- macOS (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (2)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (13)
- Rake (2)
- RaspberryPi (2)
- Redash (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- RSpec (2)
- Ruby (54)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (4)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Terraform (3)
- Twitter (15)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (26)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (19)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2020 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12