2018-02 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

2018-02-12 (月)

Raspberry Pi Zero W を Prota Pi 化する方法まとめ [RaspberryPi]

会社の留守電を自動的にセットする方法を考えていました。

ちょっと調べたら、MicroBot Push というものを発見。

MicroBot Push 2nd Generation

用途の割に $49.99 は高価ですが、興味もあり購入しました。


iOS アプリ MicroBot を使い、Bluetooth 経由でボタンを押すことが出来
ました。



この方法だと連携した iPhone を常に会社に置く必要がありますが、
Prota S というハブがあればそれを回避できるとのこと。

Prota S

しかし、$89.99 はいくらなんでもこの用途にはお高い...。

ここで登場するのが Raspberry Pi。公式の情報によると、Raspberry Pi
B, B+, 2, 3 を使って、Prota S 相当の Prota Pi を作れるらしい。

私が Raspberry Pi を買ったのははるか昔の 2013 年 11 月。
[2013-12-05-1] という記事も書いていました。Wikipedia の情報も照ら
し合わせると、どうやら Model B のようです。ただし、Prota OS デフォ
ルトで使える Wifi と Bluetooth のドングルが必要。

心が折れそうになりましたが、たまたま職場の同僚が Zero W を貸してく
れたため、これでチャレンジすることに。Zero W は $10 とお安い上に、
Wifi と Bluetooth も搭載されている、嘘みたいな機種です。

Raspberry Pi Zero W

Zero W で Prota OS 動くよーという公式の記事を見つけました。もうや
るしかない。

Prota OS is now available for Raspberry Pi Zero W! – Naran – Medium

1. microSD カードに Prota OS を焼く


こちらの記事を参考にしました。

Raspberry PiにProta Piをインストールしてボタンを押下する度にSlackに通知を送る。|ガジェシス

ハマリポイント
・4GB の microSD カードでは Prota OS は起動しなかった。16GB なら起動出来た。この記事make sure to use a 16GB card と書いてあったことで気づけた。次に書くように Prota はヘッドレス OS なので、そもそも「起動した」という判断が難しい...
・Prota はヘッドレス OS なので、HDMI に繋げても意味がない。キーボードも使えない。全ての操作はアプリ Prota Space から行う。セットアップ時にロゴが出てくるので騙された。何時間も待っていたよ...
・Prota Pi をネットワークに接続する時 AP モードになるそうだが、Zero W の LED は赤青に点滅しない。Prota S の話らしい

ハマっている様子。




SD カードアダプタの書込禁止のツメは UnLock しておきます。久しぶり
に使ったので、ツメがあること自体忘れていた...。

Raspberry Pi 公式サイトに microSD カードへの焼き方が書かれている
で、参考にします。

macOS の場合は diskutil コマンドで microSD のデバイス情報が分かり
ます。以下の例だと /dev/disk2 です。これを間違えると、システム領域
や外付け HDD 等のデータを破壊することになるため、絶対に間違えては
いけません。

$ diskutil list
(snip)
/dev/disk2 (internal, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:     FDisk_partition_scheme                        *15.5 GB    disk2
   1:             Windows_FAT_32 boot                    58.7 MB    disk2s1
   2:                      Linux                         15.4 GB    disk2s2



microSD カードに Prota OS を焼くために、マウントを外します。{N} は
上記の場合、2 です。

$ sudo diskutil unmountDisk /dev/disk{N}



dd コマンドで焼いていきます。bs オプションはこの記事を参考にして、
最適値をセットすると良いかもしれません。私の環境では 64MB が最適値
みたいでした。

protapi_official_0_21_17112817.img は公式サイトからダウンロードし
た prota_pi.zip を解凍したものです。

$ sudo dd bs=64m if=protapi_official_0_21_17112817.img of=/dev/disk{N} conv=sync



dd が終わるとまたマウントされていました。取り外すために、マウント
を外します。

$ sudo diskutil unmountDisk /dev/disk{N}



Raspberry Pi Zero W に microSD カードを装着し、microUSB 経由で通電
すると、Prota Space アプリに Prota Pi を追加できます。

Prota Space

4GB の microSD カードでは、ここにどうしても進めず、大いに悩みまし
た。microSD カードは 16GB を使って下さい。

Wi-Fi に Prota-XXXX が見えて接続しても、追加完了までに 5 分程度か
かります。応答がないと思わずに、辛抱して待つ必要があります。

2. Prota Pi に MicroBot Push を追加


ハマリポイント
・前述の MicroBot アプリに MicroBot Push を登録していたら解除すること。解除しないと Prota Pi からの認証に失敗し、MicroBot Push を追加できない

ハマりました...。



無事成功!!


IFTTT をトリガーとして、Prota Pi 経由で Microbot Push を動かすこと
が出来ました。



この他に、ボタンが押されたら Slack にポストや、その逆も出来ました。
他にも Alexa や Hue、Slack、Webhook などと連携できるみたいです。
ネットに繋げると出来ることが増えますね。


この記事に言及しているこのブログ内の記事

2018-02 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

最終更新時間: 2019-09-18 00:02 JST

検索


最近の話題
- 2019-08-16
  『改訂2版 みんなのGo言語』を読んだ
- 2019-08-13
  『カード決済業務のすべて』を読んだ
  『実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた』を読んだ
- 2019-08-05
  Heroku Logging Add-on Papertrail と LogDNA の比較
- 2019-07-16
  ジム通いと食生活改善が 13 ヶ月目に突入した
- 2019-06-10
  esa の記事を Emacs から素早く開ける helm-esa.el を作った
- 2019-06-03
  CaSy のエアコンクリーニングサービスを使った
- 2019-05-28
  『アフターデジタル』を読んだ
最近追記された記事
- 2019-02-03-1 (37日前)
- 2018-11-28-1 (51日前)
- 2019-05-07-1 (131日前)
- 2018-04-30-1 (146日前)
- 2018-01-28-1 (158日前)
- 2019-02-11-1 (218日前)
- 2019-01-20-1 (236日前)
- 2016-10-26-1 (284日前)
- 2018-10-15-1 (331日前)
- 2018-04-30-1 (359日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (23)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (4)
- Book (106)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- capistrano (4)
- chalow (57)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (10)
- clang (26)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (4)
- E-mail (9)
- elasticsearch (4)
- Emacs (223)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (2)
- Game (21)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (23)
- golang (11)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (6)
- Heroku (19)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPad (1)
- iPhone (17)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (23)
- Linux (7)
- Mackerel (1)
- macOS (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (2)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (13)
- Rake (2)
- RaspberryPi (2)
- Redash (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- RSpec (2)
- Ruby (52)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Twitter (15)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (26)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (17)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12