2019-01 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2019-01-28 (月)

このブログの CI を GitHub Actions にしてみた [GitHub]

このブログの CI には割高なので、CircleCI あたりに乗り換える予定です。


[2019-01-27-1] で書いたばかりですが、舌の根も乾かぬうちに GitHub Actions に移行してみました。

料金はさておき、たまたまクラスメソッドさんの記事を見て移行出来そうだったことと、GitHub Actions は一度素振りしてみたかったからです。


GitHub Actions とは


CircleCI の Workflows と非常に良く似た機能で、Pipeline を組んで CI を実行することが出来ます。

現在はまだベータです。https://github.com/features/actions からリクエストすれば使えます。複数 Action 同時実行とか凝ったことはできないようです。時間がかかりすぎる Action も避けたほうが良いかも。

Action は自分で作ることも出来ますし、以下のような公開 Action を使うことも出来るようです。

- https://github.com/actions
- https://github.com/hashicorp/terraform-github-actions

日本語記事: GitHub Actions: みなさんが開発し、GitHubで実行 - The GitHub Blog - Japan

Heroku CI よりもハマりどころはありますが、作り方はとてもシンプルです。

1. .github/main.workflow を作り、workflow と action を定義する
2. 各 action に紐付いた Dockerfile を作る、または参照する

今回の実装


ファイル構成と実装はこんな感じです。



main.workflow は Terraform ユーザーには馴染みのある HCL で書きます。

今回は on = "push" なので、git push をトリガーにして、hadolint と shellcheck という自作の Action が動きます。

それぞれ .github/hadolint と .github/shellcheck 以下の Dockerfile を使う Action で、引数をそれぞれ指定しています。

resolves = ["hadolint", "shellcheck"] という書き方だと並列に動きそうですが、現在は 1 Action ずつしか動かないようです。

GitHub 上での見え方


今回は on = "push" なので、以下のように Pullrequest の Checks タブから参照できます。

Pullrequest Checks

リポジトリの Actions タブからは、可視化された main.workflow を見られます。右側の "View main.workflow" から Visual editor に遷移することも出来ます。

Repository Actions

所感1


on には "push" 以外にも結構な数の Event name を指定できるようです。"issues" と "pull_request" は実際に確認しました。

on = "issues" で Issue を作った時のコンテナ内の環境変数の例です。

GITHUB_ACTION=Hello World
GITHUB_ACTOR=masutaka
GITHUB_EVENT_NAME=issues
GITHUB_EVENT_PATH=/github/workflow/event.json
GITHUB_REF=refs/heads/master
GITHUB_REPOSITORY=masutaka/masutaka.net
GITHUB_SHA=d628d46a126e2e4900af10a067c4be80cf574cbb
GITHUB_WORKFLOW=New workflow
GITHUB_WORKSPACE=/github/workspace
HOME=/github/home
HOSTNAME=9be975ed25f0
MY_NAME=Mona
PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/sbin:/bin
PWD=/github/workspace



/github/workflow/event.json の中身は整形すると 160 行ほどで、先頭に "action": "opened" と書いてありました。

{
  "action": "opened",
  "issue": {
    "assignee": null,
    "assignees": [],
    "author_association": "OWNER",
(snip)



これで on = "issues" の種類を判別できるようです。前述のリンクによると、"edited" や "deleted" など、全部で 14 種類あります。

Issue や Pullrequest を作ったら、GitHub Project に自動追加なんてことができそうですね。

所感2


各 Action は Dockerfile と entrypoint.sh をセットで作るのが良いと思いました。

実は今回の shellcheck はこれでも動きます。

action "shellcheck" {
  uses = "docker://koalaman/shellcheck:v0.6.0"
  args = ["script/*", ".github/**/entrypoint.sh"]
}



でも、自分でログをコントロールすることが出来ないので、CI の結果としては不親切になることがあります。entrypoint.sh を与えて、多少なりともログを出したほうが良いと思います。デバッグもしやすいですし。今回は sh の -x で簡素に出しました。

ちなみに hadolintshellcheck もベースの Docker Image に scratch を使っているため、echo コマンドさえありません。

hadolint に至っては docker run で -i を与えて、標準入力から渡す必要があるため、GitHub Actions では公式の Docker Image を使うことは出来ませんでした。

$ docker run --rm -i hadolint/hadolint:v1.15.0 hadolint - < Dockerfile


所感3


Dockerfile に以下の LABEL を付けると、Actions に icon や color が付いたりします。前述の図では紫マイクのアイコンがそれです。

- com.github.actions.name
- com.github.actions.description
- com.github.actions.icon
- com.github.actions.color

参考: GitHub Actions > Creating a Docker container > LABEL

でも不安定なのか、いくら設定しても変わらなかったり、気がつくと変わっていたり、よく分かりませんでした。GA になれば安定するのかな。

所感4


GitHub Actions が失敗しても特に通知はないので、実装が必要かも。

Slack でよければ以下が使えそうですが、私は Pushover を愛用しているので...。

- https://github.com/pullreminders/slack-action
- https://github.com/apex/actions/tree/master/slack

CircleCI に移行しようかしら...(白目)

2019-01 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

最終更新時間: 2019-02-17 15:15

検索


最近の話題
- 2019-02-18
  『経清記』を読んだ
- 2019-02-17
  『入門 監視』を読んだ
- 2019-02-11
  自作の GitHub Action を GitHub Marketplace に公開してみた
- 2019-02-03
  Issue や PR を作ったら自動的に GitHub Project に追加する GitHub Action を作ってみた
- 2019-01-28
  このブログの CI を GitHub Actions にしてみた
- 2019-01-27
  このブログの CI を Heroku CI にしてみた
- 2019-01-20
  Heroku にデプロイした時、Pushover を使って通知する
最近追記された記事
- 2019-02-11-1 (5日前)
- 2019-01-20-1 (23日前)
- 2016-10-26-1 (71日前)
- 2018-10-15-1 (118日前)
- 2018-04-30-1 (146日前)
- 2017-10-21-1 (414日前)
- 2017-01-10-1 (442日前)
- 2017-04-08-1 (462日前)
- 2017-06-02-1 (596日前)
- 2017-04-29-1 (658日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (22)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (4)
- Book (96)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- capistrano (4)
- chalow (57)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (10)
- clang (26)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (4)
- E-mail (9)
- elasticsearch (4)
- Emacs (222)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (2)
- Game (21)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (23)
- golang (10)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (5)
- Heroku (18)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPad (1)
- iPhone (17)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (22)
- Linux (7)
- Mackerel (1)
- macOS (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (2)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (13)
- Rake (2)
- RaspberryPi (2)
- Redash (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- RSpec (2)
- Ruby (52)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Twitter (15)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (26)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (17)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12