2020-06 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2020-06-09 (火)

『第4回 データアーキテクト(データ整備人)を”前向きに”考える会』に初参加した #前向きデータ整備人 [勉強会]

第4回 データアーキテクト(データ整備人)を”前向きに”考える会 - connpass

最近この辺の仕事をし始めていて会社の人が教えてくれたので、初参加してきました。YouTube ライブだったので、かなりお手軽な参加でした。

今回は LT 祭り。技術の話から温かみのある話まで、網羅的に話を聞けた気がします。
当日の #前向きデータ整備人

以下、個人的なメモです。


どうやって「データを整備すると良いことがある」を周りに伝えるか



主催者のしんゆうさん

使う人の気にすることを減らし、本来の分析に集中させるためにも、データ整備が必要。

データ分析する人は難しい SQL 書きたいわけではないですからね。データ分析をしたいわけでもないし、意思決定を素早くしたいはず。

データ整備に必要な「実装設計書」の作成とコミュニケーション事例


(フォーム URL を公開してよいか分からないので載せない)
小川 卓さん

分析の質は取得しているデータの質に依存する。いくら AI とかが発達してもこれは変わらない。まあそうだよね。

もう一度、表計算ソフトを愛でる



高比良 めぐみさん

秘伝のタレしがちだけど、使いどころによるという話。

個人的には、使い捨てのスプレッドシートや、BigQuery を介した機械的な利用には良さそうな気はしている。

スキル0が曖昧な領域を埋めるために人の流れを整備した話


TODO: 資料が公開されたらここに貼る
山崎 隆弘さん

今の会社は大企業ではないとは言え、関係性を増やすのは少し分かる。私がひきこもりニートなので、そんなには出来ないし、やりすぎないようにもしているけど。

embulk, digdagを用いたデータ基盤構築



土川 稔生さん

BigQuery に集約するためのノウハウの話だった。

今回話には出なかったけど、Redash のクエリの数は辛くないのかな。

私もちょっと前まで Redash を構築したり、少し SQL 書いてたけど、Redash のクエリ数が多くて辛い問題はあった。

最近機会があって Looker を学習しているけど、「ビジネス職の方がかんたんにデータを扱えるとはこういうことか」と感動している。学習や導入が進んだらどこかで話したい。

未来を変える! Withユーザー志向



成瀬エールさん

多くの運用担当者は、"与えられた環境の中だけ" の発想で運用、改善を行います。かつ結構我慢強いものです。


この件に限らず、とても良くわかる。そのためにもこちらから踏み込んで、理解したり知ってもらうことは必要。

業務データ整備における課題と対応について


(資料は連絡が来たら送るとのこと)
和田怜さん

ここまで自由奔放なデータを扱う予定はいまのところなさそうだが、大変そうだな...。

"あえて"データ整備人になるメリットを前向きに考えてみた



香村貴之さん

意思決定の支援
意思決定の最大化
手段にフォーカスするのではなく、目的にフォーカスする。


解釈と説明がうまいと思いました。今回一番刺さりました。

2020-06 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

最終更新時間: 2020-09-21 15:32 JST

検索


最近の話題
- 2020-09-03
  Looker User Meetup in Tokyo #4(BEACON Japan 前夜祭)に参加した #lookermeetup
- 2020-09-02
  CircleCI の orb を fork して PR を送る前の動作確認方法
- 2020-08-21
  テレビ用に HDMI 切替器を買った
- 2020-08-16
  Emacs-27.1 がリリースされたので elscreen.el を tab-bar.el に移行した
- 2020-08-14
  Chromecast を第1世代から第3世代に買い替えた
- 2020-07-24
  何年も続いている私の Emacs パッケージ管理方法
- 2020-07-17
  Android の HTTP Shortcuts アプリで Slack Status 変更と勤怠打刻をいい感じにする
最近追記された記事
- 2014-11-02-2 (184日前)
- 2020-01-22-1 (190日前)
- 2019-02-11-1 (364日前)
- 2019-02-03-1 (364日前)
- 2019-01-28-1 (364日前)
- 2019-02-03-1 (406日前)
- 2018-11-28-1 (420日前)
- 2019-05-07-1 (500日前)
- 2018-04-30-1 (515日前)
- 2018-01-28-1 (527日前)
カテゴリ
- Android (2)
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (24)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (4)
- Book (109)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- capistrano (4)
- chalow (57)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (12)
- clang (26)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (5)
- E-mail (9)
- elasticsearch (4)
- Emacs (225)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (2)
- Game (21)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (23)
- golang (11)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (7)
- Heroku (21)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iOS (1)
- iPad (1)
- iPhone (17)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (24)
- Linux (7)
- Mackerel (1)
- macOS (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (2)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (13)
- Rake (2)
- RaspberryPi (2)
- Redash (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- RSpec (2)
- Ruby (54)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (4)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Terraform (3)
- Twitter (15)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (26)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (19)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2020 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12