2011-03-06 (日)

svn で空のディレクトリが競合して困ったら [svn]

% svn status -q
      C share
      > local delete, incoming edit upon update
% svn resolve --accept=working share
'share' の競合状態を解消しました


参考ツイート


2009-06-15 (月)

Debian squeeze の subversion で http リポジトリにアクセスできなくなった [svn][Debian]

一ヶ月くらい前から、Debian squeeze で svn が使えなくなってしまいま
した。

- svn diff の実行は出来る。
- file リポジトリへのアクセスも出来る。
- http リポジトリへのアクセスは、内部外部問わず出来ない。

という状況で地味に困っていましたが、~/.subversion/servers に以下を
追加することで解決できました。

http-library = serf


今回お世話になったサイトです。
svn(subversion)が突然使えなくなった at 半歩先

犯人は Neon モジュールでした。WebDav へのアクセスモジュールを serf
に変えることで回避できました。

世の中にはスゴイ人もいるものですね。私なんか、strace コマンドのログ
から locale や gcov まわりのエラーなのかと思って調べていました...。

subversion はソースからインストールしたことがあるので、WebDav アク
セスに Neon が使われていたことは知っていましたが、気づくことができ
ませんでした。他に serf があることと、~/.subversion/servers で変更
が出来ることはもちろん知りませんでした。

% svn --version
(snip)
* ra_neon : Neon を利用して WebDAV (DeltaV) プロトコルでリポジトリにアクセスするモジュール。
  - 'http' スキームを操作します
  - 'https' スキームを操作します
(snip)
* ra_serf : serf を利用して WebDAV (DeltaV) プロトコルでリポジトリにアクセスするモジュール。
  - 'http' スキームを操作します
  - 'https' スキームを操作します



追記(2009-07-21):
Neon が直ったようなので、~/.subversion/servers から "http-library
= serf" を削除しました。

2009-03-14 (土)

ファイルの MIME タイプの確認&設定&削除 [svn]

ファイルの MIME タイプを確認

% svn propget svn:mime-type hoge.pdf


ファイルの MIME タイプをバイナリ(application/octet-stream)に設定

% svn propset svn:mime-type application/octet-stream hoge.pdf


ファイルの MIME タイプを application/pdf に設定

% svn propset svn:mime-type application/pdf hoge.pdf


ファイルの MIME タイプを削除

% svn propdel svn:mime-type hoge.pdf


追記(2011-03-06):
似たような操作で svn:ignore 属性を追加したり、削除したり出来ます。
Subversionで無視パターンを指定 - てんぷらメモ


追記(2011-12-30):
svn commit すると反映されます。svn revert すると、propset が破棄さ
れます。svn revert と git checkout は似ていますね。

2009-01-08 (木)

subversion の DB フォーマット変更 [svn]

リポジトリは [2004-05-05] に作ったもので、DB のフォーマットは
BerkeleyDB。BerkeleyDB は壊れやすく、データをメモリに配置するため
複数の CPU から書き込むのも NG らしい。そこで、最近のデフォルト
fsfs 形式に変更した。

# cd /usr/local
# svnadmin dump SVNROOT > SVNROOT.dump
# mv SVNROOT SVNROOT.bak
# svnadmin create SVNROOT
# svnadmin load SVNROOT < SVNROOT.dump
# chown -R www-data:www-data SVNROOT

2008-01-23 (水)

svnserve を止めて、http 経由でアクセスする [svn]

[2008-01-12-1] の改良版。
http 経由でのアクセスのほうがカッコいい気がしたので、設定してみた。

1. mod_dav_svn をインストールした。

# apt-get install libapache2-svn


2. /etc/apache2/mods-available/dav_svn.conf に以下のみを記載した。

<Location /svn>
  DAV svn
  SVNPath /usr/local/SVNROOT
  AuthType Basic
  AuthName "Subversion Repository"
  AuthUserFile /usr/local/SVNROOT/conf/dav_svn.passwd
  <LimitExcept GET PROPFIND OPTIONS REPORT>
    Require valid-user
  </LimitExcept>
</Location>



3. ユーザ認証ファイルを作成した。

# htpasswd2 -c /usr/local/SVNROOT/conf/dav_svn.passwd masutaka


4. SVNROOT のオーナーとグループを、Apache を動かしている www-data さんにした。

# chown -R www-data:www-data /usr/local/SVNROOT


5. Apache を再起動した。

# /etc/init.d/apache2 restart


6. 後始末

6-1. /etc/inetd.conf から、以下の行を削除した。(長いので折り返しています)

svn stream tcp nowait masutaka /usr/sbin/tcpd
    /usr/bin/svnserve -i -r /usr/local/SVNROOT



6-2. inetd を再起動した。

# /etc/init.d/inetd restart


6-3. /usr/local/SVNROOT/conf/svnserve.conf の中身をすべてコメントアウトした。

6-4. /usr/local/SVNROOT/conf/passwd を削除した。

7. http://dyna.example.com/svn/ にアクセス出来ることを確認した。
   "svn co http://dyna.example.com/svn/trunk ." が出来ることを確認した。

Web ブラウザでの表示は結構寂しい..。subversion-tools も入れるように
書いてあるところが多かったが、効能が分からなかったのでインストールしなかった。

(参考情報: http://qref.sourceforge.net/Debian/reference/ch-vcs.ja.html#s-svn)

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2008-01-12 (土)

svnserve 経由でのアクセスに認証を付ける [svn]

[2005-11-07-2] の改良版。
svnserve 経由でアクセスすると、ユーザ名が残らなくて気持ち悪いので
簡易認証をすることにした。

/home/masutaka/SVNROOT/conf/svnserve.conf に以下を記載。

[general]
anon-access = none
auth-access = write
password-db = passwd


/home/masutaka/SVNROOT/conf/passwd にユーザ名とパスワードを記載。

[users]
masutaka = XXXXXXXX

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2005-12-04 (日)

svn の commit ログ [svn]

svn log -v すると、今までの削除や更新の履歴が出力される。

2005-11-07 (月)

svnserve 経由でコミットできないときは? [svn]

svnserveで動かす場合、特に何も設定しないとリポジトリが読み取り専用に
なる。よって、変更をコミットしようとした場合

svn: Commit failed (details follow):
svn: Connection is read-only


というエラーになる。/home/masutaka/SVNROOT/conf/svnserve.conf に以下を
追加して解決した。(外部に公開しているわけではないので、セキュリティは甘々)

[general]
anon-access = write

この記事に言及しているこのブログ内の記事

2005-11-05 (土)

Debian にサーバを立てて、Cygwin からアクセスできるようにした。 [svn]

1. /etc/inetd.conf に以下を記述して、inetd 経由で使えるようにする。
   この例だと、リモートから /home/masutaka/SVNROOT にアクセスできるようになる。

svn stream tcp nowait masutaka /usr/sbin/tcpd /usr/bin/svnserve -i -r /home/masutaka/SVNROOT


2. [2003-07-21-1] を参考にして、lokkit から svn:tcp のアクセスを許可する。
   /etc/services でポート番号 3690 が svn に割り当てられているはず。

3. inetd を再起動する。

# /etc/init.d/inetd restart


4. Cygwin からは以下のコマンドで checkout できる。

# 全部
% svn co svn://dyna/SVNROOT/trunk .


# 第一階層だけ
% svn co -N svn://dyna/SVNROOT/trunk .


# misc だけ
% svn co svn://dyna/SVNROOT/trunk/misc .

2005-11-05 (土)

commit に失敗したら? [svn]

svn commit すると、以下のメッセージが出て commit に失敗する。

svn: コミットに失敗しました (詳しい理由は以下のとおりです):
svn: URL に対し ra_local セッションを開始できません
svn: リポジトリ 'file:///home/masutaka/SVNROOT/trunk' を開けませんでした
svn: Berkeley DB error while opening environment for filesystem /home/masutaka/SVNROOT/db:
?\204?\181?\184?\250?\164?\202?\176?\250?\191?\244?\164?\199?\164?\185
svn: bdb: Program version 4.2 doesn't match environment version


DB のバージョンが違うみたい。以下のコマンドで復旧することができた。

% svnadmin recover ~/SVNROOT

(URL: http://blog.twintail.tv/2005/06/24/42/)

2005-01-16 (日)

commit すると怒られてしまう場合は? [svn]

% svn commit -m ""
Deleting howm
svn: Commit failed (details follow):
svn: Out of date: '/trunk/howm' in transaction '35'

こういう場合は update してから commit する。

2004-05-05 (水)

SVNROOT の作成方法 [svn]

% pwd
/home/masutaka

# 管理領域を作成

% svnadmin create SVNROOT
% svn mkdir -m "setup branches" file:///home/masutaka/SVNROOT/branches
% svn mkdir -m "setup tags" file:///home/masutaka/SVNROOT/tags
% svn mkdir -m "setup trunk" file:///home/masutaka/SVNROOT/trunk

# ~/.emacs を import

% svn import -m "Init" ~/.emacs file:///home/masutaka/SVNROOT/trunk/.emacs

# ~/.emacs を checkout

% mv .emacs .emacs.bak; cd ..
% svn checkout file:///home/masutaka/SVNROOT/trunk masutaka
% cd masutaka

# これ以降は add => commit で良いはず。

% svn add .zshenv; svn commit -m "Init" .zshenv

# すでに存在するディレクトリを commit

% svn add --non-recursive .w3m; svn commit -m "mkdir .w3m" .w3m

# ファイルの削除

% svn delete becky2mew.el; svn commit -m "delete becky2mew.el"

(URL: http://subversion.bluegate.org/doc/index.html)
(URL: http://ukai.jp/Articles/2003/uu-svn/)

最終更新時間: 2017-02-22 00:46

検索
最近の話題
- 2017-02-21
  第18回Elasticsearch勉強会に参加してきた #elasticsearchjp
- 2017-01-27
  同じ Ajax 処理を Vue.js と jQuery で書いてみた
- 2017-01-10
  完全に闇に落ちていた StartSSL に ¥3,603 課金してしまったお話
- 2017-01-03
  Software Design を 13 ヶ月分まとめ読みした
- 2016-12-19
  任意の Ruby オブジェクトを YAML として書く
  Ruby の $ERROR_INFO などの特殊変数は require 'English' が必要だったのか
- 2016-12-14
  不惑の年に風呂の良さを知った
- 2016-12-10
  bundle install で Your Gemfile.lock is corrupt. と怒られる件
最近追記された記事
- 2017-02-21-1 (0日前)
- 2015-06-07-1 (6日前)
- 2016-10-19-1 (15日前)
- 2016-01-01-1 (27日前)
- 2015-01-04-1 (36日前)
- 2015-06-07-1 (56日前)
- 2016-12-10-1 (74日前)
- 2016-11-05-1 (82日前)
- 2015-01-04-1 (90日前)
- 2016-11-01-1 (111日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (2)
- AWS (15)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (3)
- Book (85)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- C (26)
- capistrano (3)
- chalow (56)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (7)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (1)
- E-mail (8)
- elasticsearch (4)
- Emacs (219)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (1)
- Game (19)
- Gem (5)
- Git (8)
- GitHub (15)
- Go (5)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (2)
- Heroku (9)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPhone (14)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (18)
- Linux (5)
- Mackerel (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (1)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (10)
- Rake (2)
- RaspberryPi (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- Rspec (1)
- Ruby (48)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Twitter (14)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (25)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (14)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
Google+