2010-06 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2010-06-19 (土)

「Emacs23.2が更に1ビット稼いだ秘密」の自分用メモ [Emacs]

Emacs23.2が更に1ビット稼いだ秘密 — ありえるえりあ」の理解に時間
がかかったので、自分用にメモしておく。

Emacs23.1 の enum Lisp_Type は以下のように定義されていた。

000Lisp_Int
001空き
010Lisp_Symbol
011Lisp_Misc
100Lisp_String
101Lisp_Vectorlike
110Lisp_Cons
111Lisp_Float
enum Lisp_Type は オブジェクト変数(でいいのかな?) 32bit のうち、
下位 3bit に対応する。

Lisp_Int(= 下位 3bit 全てがゼロ)の時は、整数オブジェクトと判断する。
この場合、残り 29bit を符号と整数長として使える。

printf("Emacs23.1(%0.0fMB)\n", ((double)(0xffffffff >> (3 + 1)) / 1024 / 1024));
=> Emacs23.1(256MB)


整数長を計算すると 256MB になる。これが Emacs23.1 での最大バッファ
サイズ。

Emacs23.2 から enum Lisp_Type はこのように変更された。

000Lisp_Int0★変更
001Lisp_String★変更
010Lisp_Symbol
011Lisp_Misc
100Lisp_Int1★変更
101Lisp_Vectorlike
110Lisp_Cons
111Lisp_Float
整数オブジェクトを 2 つ (Lisp_Int0 と Lisp_Int1。両者は同じ意味) に
増やし、メンバーの並びを変えた。

これにより、下位 2bit がゼロかどうかで、整数オブジェクトと判断でき
るようになった。残り 30bit を符号と整数長として使える。

printf("Emacs23.2(%0.0fMB)\n", ((double)(0xffffffff >> (2 + 1)) / 1024 / 1024));
=> Emacs23.2(512MB)


同じように整数長を計算すると 512MB になる。これが Emacs23.2 での最
大バッファサイズ。

StatusNet API のパスを Twitter と同じにする方法 [StatusNet][Apache]

[2010-05-16-1] の補完です。

今回の記事は元々、twittering-mode で StatusNet を使うために書きまし
た。しかし、twittering-mode 側の修正で対応することにしたので、私は
今現在設定していません。ニッチな層向けに残しておくことにします。

Identifox, twittering-mode, TweetDeck 以外に使えるクライアントがあ
れば、教えて下さい!

さて、説明に入ります。

statusnet は http://example.com/statusnet/ に構築し、
[2010-04-18-3] の Fancy URLs の設定を行ったものとします。

StatusNet の API は Twitter-compatible です。
ただし、[2010-05-16-1] で書きましたが、API の URL は少し異なります。

何らかの事情で Twitter クライアントを修正できない場合でも、Twitter
とパスを同じにすれば使えるかもしれません。Apache の mod_rewriteで置
換してみましょう。

※ /var/www は Debian における、Apache の DocumentRoot です。

/var/www/.htaccess


以下を設定します。

<IfModule mod_rewrite.c>
  RewriteEngine On
  RewriteBase /
  RewriteRule ^1/(.*)$ statusnet/api/$1
  RewriteRule ^search(.*)$ statusnet/api/search$1
</IfModule>


1 つ目の RewriteRule で http://example.com/1/* へのアクセスを、
http://example.com/statusnet/api/* に切り替えています。
この設定は必須です。

2 つ目の RewriteRule では検索時にアクセスする
http://example.com/search*
http://example.com/statusnet/api/search* に切り替えています。

/var/www/statusnet/.htaccess


[2010-04-18-3] の設定も込みのパッチを貼り付けておきます。

--- /var/www/statusnet/htaccess.sample	2010-05-04 04:27:44.000000000 +0900
+++ /var/www/statusnet/.htaccess	2010-05-08 22:03:29.000000000 +0900
@@ -7,7 +7,7 @@
   #   http://example.com/        => /
   #   http://example.com/mublog/ => /mublog/
   #
-  RewriteBase /mublog/
+  RewriteBase /statusnet/

   ## Uncomment these if having trouble with API authentication
   ## when PHP is running in CGI or FastCGI mode.
@@ -15,6 +15,9 @@
   #RewriteCond %{HTTP:Authorization} ^(.*)
   #RewriteRule ^(.*) - [E=HTTP_AUTHORIZATION:%1]

+  # for twitter client
+  RewriteRule (.*)/status/(.*)$ notice/$2 [R=301,L]
+
   RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
   RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
   RewriteRule (.*) index.php?p=$1 [L,QSA]


各ツイートへの URL を変更する設定です。
http://example.com/statusnet/<アカウント>/status/<ツイート番号> へ
のアクセスを、http://example.com/statusnet/notice/<ツイート番号> に
リダイレクトする設定です。

本当は /var/www/.htaccess に書きたかったのですが、うまくいきません
でした。

2010-06 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

最終更新時間: 2019-07-17 00:14 JST

検索


最近の話題
- 2019-07-16
  ジム通いと食生活改善が 13 ヶ月目に突入した
- 2019-06-10
  esa の記事を Emacs から素早く開ける helm-esa.el を作った
- 2019-06-03
  CaSy のエアコンクリーニングサービスを使った
- 2019-05-28
  『アフターデジタル』を読んだ
- 2019-05-07
  『Pragmatic Terraform on AWS』を読んだ
- 2019-04-30
  『Webフロントエンド ハイパフォーマンス チューニング』を読んだ
- 2019-04-27
  Heroku Buildpack はどのようにインストールされるのか?
最近追記された記事
- 2019-05-07-1 (68日前)
- 2018-04-30-1 (83日前)
- 2018-01-28-1 (95日前)
- 2019-02-11-1 (155日前)
- 2019-01-20-1 (173日前)
- 2016-10-26-1 (221日前)
- 2018-10-15-1 (268日前)
- 2018-04-30-1 (296日前)
- 2017-10-21-1 (564日前)
- 2017-01-10-1 (592日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (23)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (4)
- Book (103)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- capistrano (4)
- chalow (57)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (10)
- clang (26)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (4)
- E-mail (9)
- elasticsearch (4)
- Emacs (223)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (2)
- Game (21)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (23)
- golang (10)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (6)
- Heroku (19)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPad (1)
- iPhone (17)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (23)
- Linux (7)
- Mackerel (1)
- macOS (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (2)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (13)
- Rake (2)
- RaspberryPi (2)
- Redash (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- RSpec (2)
- Ruby (52)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Twitter (15)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (26)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (17)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12