2012-06 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2012-06-22 (金)

プログラムは仕様通りに動いて当たり前 [Programing]

去年の [2011-04-22-1] に組み込み系&受託のお仕事から、Web 系&自サー
ビス提供のお仕事に転職し改めて思ったので書き留めておきます。特定の
個人を批判する記事ではないのであしからず..。

何かサービスを作るときに、中身がぐちゃぐちゃでも動くプログラムに価
値があることには全く同意します。私は0を1にするのは得意ではないの
で、むしろ尊敬します。しかしそこで終わってしまってはそのサービスの
将来は暗いでしょう。

メンテナンス性の高いコードに!


サービスが安定稼働し始めたら、メンテナンス性の良いコードに変更して
いく必要がありますし、新しく追加する機能も同じです。

※ もっとも、緊急時は最小限の工数でできる変更を採用すべきですが、
あとで絶対に適切な修正に改めなければいけません。

その新しく追加する機能なんですが、私は実装して開発環境で意図通りに
動いた時がスタートラインだと思っています。

ちゃんと動いた時がスタートライン


そこからバグや重複、むだなコード、むだなコメントを減らし、いかにメ
ンテナンス性の良いコードにするか、集中して作り込みます。もちろんテ
ストも書きます。

私はここがプログラマの腕の見せ所だと思ってますし、細かいこだわりを
入れられたり、より良いやり方で作り込めると、何度も何度もコードを読
み直してニヤニヤしてしまいます。

プログラムは仕様通りに動いて当たり前なので、プログラマとしてはメン
テナス性の良さだとか、パフォーマンスだとかの付加価値を付けることが
重要です。しょうもないバグは論外です。

もうひとつ大事なのが、コミットにストーリー性を持たせることです。

コミットにストーリー性を持たせる


私は最低でもインストール前に5回は変更を見直して、「本当にこの変更
で良いのかな」「このコミットは2つに分けた方が良いな」とか「これと
これは同じコミットだろう」とかやってます。Git だとこれが容易なので、
とっても便利です。最終的には20回くらい見直していると思います。

※ 平時はこのくらいやる習慣を付けることが重要です。ろくに確認しない
ことを習慣化してはいけません。

インストール後は(当たり前ですが)、インストールした環境で正常に動作
するかをチェックします。

まあ、Jenkins で CI(継続的インテグレーション) やっているので、単体
レベルでの動作はあまり気にしなくて良いのは助かります。

まとめ


仕様通りに動くようにプログラムを作るのは、プログラマとして当然です。
コードに付加価値を付けることが、自分への付加価値に繋がると信じてい
ます。

おまけ


組み込み系でも Web 系でも「品質の良いコードを書く」ことについては同
じでした。前職では数百人規模のプロジェクトに所属しており、自分要因
でシステムが止まる恐ろしさは十分すぎるほど分かっているので、その点
は良い経験でした。

Web 系だと新しいツールを使いやすかったり、テスト環境も構築しやすかっ
たり、他社のプログラマーとの交流もしやすいので、プログラマーの幸福
度は高いかも?

2012-06 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

最終更新時間: 2018-09-10 20:50

検索


最近の話題
- 2018-08-19
  家電操作を IRKit から Nature Remo に変えた #natureremo
- 2018-07-31
  Ruby でライブラリがシステムに存在しているかどうかをチェックする
- 2018-06-30
  エニタイムフィットネスに通うことにした
- 2018-05-26
  Rails4 と Rails5 とでの eager_load_paths の違い
  Ruby で FTPS 接続する方法
- 2018-04-30
  AirMac Extreme から Buffalo のルータに変えたらインターネット速度が 45 倍以上になった
- 2018-03-23
  Twitter クライアントを Tweetbot に変えた
- 2018-03-19
  『ジョイ・インク 役職も部署もない全員主役のマネジメント』を読んだ
最近追記された記事
- 2017-10-21-1 (254日前)
- 2017-01-10-1 (282日前)
- 2017-04-08-1 (302日前)
- 2017-06-02-1 (436日前)
- 2017-04-29-1 (498日前)
- 2017-04-13-1 (512日前)
- 2017-04-13-1 (514日前)
- 2017-03-02-1 (556日前)
- 2017-02-25-1 (561日前)
- 2017-02-21-1 (565日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (21)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (3)
- Book (93)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- capistrano (4)
- chalow (56)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (10)
- clang (26)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (3)
- E-mail (8)
- elasticsearch (4)
- Emacs (222)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (2)
- Game (20)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (20)
- golang (10)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (4)
- Heroku (9)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPhone (17)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (22)
- Linux (6)
- Mackerel (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (2)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (13)
- Rake (2)
- RaspberryPi (2)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- RSpec (2)
- Ruby (52)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Twitter (15)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (25)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (16)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
Google+