2017-08 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2017-08-02 (水)

『サーバーレスシングルページアプリケーション』を読んだ [Book][AWS]

[2017-07-05-1] のあとすぐ読み始めたので、およそ一ヶ月。長い旅であっ
た...。

きっかけは [2017-03-12-1] の JAWS DAYS 2017 での吉田さんのセッショ
ン。今まで Lambda, DynamoDB, Cognito のどれも、つまみ食いしかして
来なかったので「これだ!」と思い予約注文しました。

あわよくば、年始の Vue.js 以降停止していた JS をやり始められたら良
いかなと。


1章からいきなり S3 にデプロイし始めて、胸が熱くなるのを感じました。

2章のルータ関数や3章のテンプレートなど、jQuery でもわりときれい
に書けるんだなと感心しました。

※ 「はじめに」のページ xii にはこの本で React や Angular を選択し
なかった理由が書いてあります。

ただ、その後の4章から雲行きが怪しくなりました。非同期プログラミン
グに慣れていないので、その function がいつ実行されるのか分からない
箇所が多々。

弊社の尖りまくったフロントエンドエンジニアに聞こうにも、
jQuery.Deferred の質問はなんとなくためらわれ...。

読み終わって、残念ながら Lambda, API Gateway, DynamoDB, Cognito を
ふんわり触ったくらいしか印象が残りませんでした。期待値が大きすぎた
感があります。

私に刺さらなかった理由


理由を考えてみました。

・JS が難しい
JS というよりも jQuery を使った非同期プログラミングが、かもしれま
せん。普段書かないコードなので、理解が困難でした。

・独自フレームワーク sspa
実体はシェルスクリプトですが。悪い意味でブラックボックスになってお
り、読後に「これを使って SPA 作るぞ!」という気持ちにはなれません
でした。吉田さんの [2017-03-12-1] のセッションでは SAM 推しだった
ので、当然使われるだろうという目論見も外れました。

・日本語が読みづらい
どことなく読みづらく、jQuery.Deferred 以外の話でも読み進めるのに時
間がかかりました。

ターゲット層は誰だったか?


私のようなインフラ&バックエンドエンジニアではなく、AWS で SPA を
作りたいフロントエンドエンジニアだったのかなあ?と思いました。だと
しても jQuery は毛嫌いされそうなので、いろいろ謎です。

AWS をあまり使ったことがなくて、SPA に興味ある方には良いかもしれま
せん。

これから読む方へ


写経はオススメしません。「はじめに」のページ xix から辿れる Source
Code
をダウンロードして、理解しながらコピペしたほうが良いと思いま
す。Git で差分を確認しながら。

本だと、P97 navbar-padding-lg の CSS が書かれておらず時間を使って
しまったり、途中からテストが省略されるためです。そういえば Jasmine
って今もよく使われているのかな?

そういえば本にも書かれている learnjs/7100/public/app.js の 7100 な
どの数字に意味があったのか気になる...。特に連番でもなかったし。
でも、それぞれディレクトリが分かれているので、コピペし易かったです。
良いと思いました。


2017-08 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

最終更新時間: 2020-04-02 13:19 JST

検索


最近の話題
- 2020-04-02
  NHK Eテレのテキシコーメモ
- 2020-03-26
  terraform を再帰的に実行する Makefile
- 2020-02-25
  スレッドセーフでない Dir.chdir の使用を RuboCop で禁止する
- 2020-01-22
  『AWSの薄い本 IAMのマニアックな話』を読んだ
- 2020-01-12
  『私はどのようにしてLinuxカーネルを学んだか』を読んだ
- 2019-12-20
  circleci/orb-tools を使った Orb のリリースフローが良く出来ていたので紹介する
- 2019-12-17
  Heroku 上での bundler version の決められ方
最近追記された記事
- 2014-11-02-2 (12日前)
- 2020-01-22-1 (18日前)
- 2019-02-11-1 (192日前)
- 2019-02-03-1 (192日前)
- 2019-01-28-1 (192日前)
- 2019-02-03-1 (234日前)
- 2018-11-28-1 (248日前)
- 2019-05-07-1 (328日前)
- 2018-04-30-1 (343日前)
- 2018-01-28-1 (355日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (24)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (4)
- Book (109)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- capistrano (4)
- chalow (57)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (11)
- clang (26)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (4)
- E-mail (9)
- elasticsearch (4)
- Emacs (223)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (2)
- Game (21)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (23)
- golang (11)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (6)
- Heroku (21)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPad (1)
- iPhone (17)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (24)
- Linux (7)
- Mackerel (1)
- macOS (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (2)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (13)
- Rake (2)
- RaspberryPi (2)
- Redash (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- RSpec (2)
- Ruby (54)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Terraform (3)
- Twitter (15)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (26)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (17)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2020 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12