2018-11 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2018-11-21 (水)

先週 GA になった、heroku.yml を使った Docker Deploy を試した [Heroku][Docker]

Heroku Logo

先週 Building Docker Images with heroku.yml が GA になってました。

Building Docker Images with heroku.yml Is Generally Available

heroku.yml は使ったことがなく、最近 Redash を Docker on Heroku で
立て、モチベーションが上がっているので、早速試してみました。

今までの方法と比較しながら、気づいたことを中心にまとめていきます。


Container Registry & Runtime (Docker Deploys)


今まで Heroku で Docker を使うときは、このようにデプロイしていました。

$ heroku container:push web    # (1)
$ heroku container:release web # (2)



(1) でローカルで docker build して、Heroku の Docker registry に
push します。

(2) で push した Docker Image をデプロイします。

heroku への git push は不要でした。ローカルで docker build するの
で、ビルド環境による差異はゼロではないと思います。

https://github.com/masutaka/redash-on-heroku/tree/trial を使うと、
この方法で Redash を立てられます。

Building Docker Images with heroku.yml


今回 GA になったのがこちらです。

heroku.yml が必須となっており、git push すると、Heroku 側で docker
build と、Heroku の Docker registry への push をしてくれます。

$ git push heroku master



Activity にも記録されます。

git push with heroku.yml

https://github.com/masutaka/redash-on-heroku/tree/trial-heroku-yml
を使うと、この方法で Redash を立てられます。

次に heroku.yml の各 section を見ていきます。

setup section


setup section はまだベータで、beta 版の Heroku CLI と manifest
plugin が必要です。

$ heroku update beta
$ heroku plugins:install @heroku-cli/plugin-manifest



あとで stable 版に戻すことも出来ます。

$ heroku update stable
$ heroku plugins:remove manifest



setup section は create 時に一度だけ参照されました。
--manifest オプションも必要でした。

$ heroku create your-app-name --manifest



setup section は省略可能で、今までのように heroku addons:create や
heroku config:set でも代用できます。app.json と似ています。

build section


build section はおそらく必須です。

今回は 2 つの Dyno に別々の Dockerfile を指定しました。

build:
  docker:
    web: Dockerfile.web
    worker: Dockerfile.worker



この書き方が最小なのかな。

build:
  docker:
    web: Dockerfile



release section


今までの Procfile の process type <release> に相当します。
今回は使いませんでした。

run section


今までの Procfile の process type <release> 以外に相当します。

run section がなければ Dockerfile の CMD が使われます。今回は CMD
を使ったので、run section は使いませんでした。

app.json と Procfile


app.json はまだ Review apps 用に必要なようですが、今後は
heroku.yml に移行していくのでしょう。

Procfile は run section に取って代わられたようです。

※ いずれも Docker on Heroku の話です。

heroku.yml への移行


今までの heroku container コマンドから heroku.yml の移行は簡単です。
手元で試したところ、heroku.yml を git commit して、git push heroku
master するだけでした。

まとめ


heroku.yml を使った Docker Deploy を試しました。Heroku 上で Docker
build されるのが良いと言うか、普通になりました。

Review Apps にも対応したので、移行を検討していきます。

2018-11 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

最終更新時間: 2019-02-13 15:09

検索


最近の話題
- 2019-02-11
  自作の GitHub Action を GitHub Marketplace に公開してみた
- 2019-02-03
  Issue や PR を作ったら自動的に GitHub Project に追加する GitHub Action を作ってみた
- 2019-01-28
  このブログの CI を GitHub Actions にしてみた
- 2019-01-27
  このブログの CI を Heroku CI にしてみた
- 2019-01-20
  Heroku にデプロイした時、Pushover を使って通知する
- 2019-01-19
  このブログを『さくらのVPS』から『CloudFront+Heroku』に移した
- 2019-01-03
  最新の iPad(第6世代)を買った
最近追記された記事
- 2019-02-11-1 (1日前)
- 2019-01-20-1 (19日前)
- 2016-10-26-1 (67日前)
- 2018-10-15-1 (114日前)
- 2018-04-30-1 (142日前)
- 2017-10-21-1 (410日前)
- 2017-01-10-1 (438日前)
- 2017-04-08-1 (458日前)
- 2017-06-02-1 (592日前)
- 2017-04-29-1 (654日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (22)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (4)
- Book (94)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- capistrano (4)
- chalow (57)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (10)
- clang (26)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (4)
- E-mail (9)
- elasticsearch (4)
- Emacs (222)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (2)
- Game (21)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (23)
- golang (10)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (5)
- Heroku (18)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iPad (1)
- iPhone (17)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (22)
- Linux (7)
- Mackerel (1)
- macOS (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (2)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (13)
- Rake (2)
- RaspberryPi (2)
- Redash (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- RSpec (2)
- Ruby (52)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (2)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Twitter (15)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (26)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (17)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12