2021-02 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

2021-02-22 (月)

『達人に学ぶSQL徹底指南書 第2版』を読んだ [Book][SQL]

[2020-12-20-1] にも書いた通り、去年の 4 月から SQL と格闘する毎日です。もっとも全部自分で書くわけではなく、Looker が出力する SQL を理解したり、発生したエラーやデータ不正の原因を SQL 視点で調査したり、検証用の使い捨ての SQL を書いたりといった感じです。

つまりは SELECT 文しか書かないです。しかし、SELECT 文こそが SQL そのものと言っても良いため、現在のデータアーキテクト(データ整備人)という立ち位置での学習教材を探していました。そんな中思い出したのが本書になります。




LookML 開発者としてはこの本に書かれた全てが「優先度高」ではないため、敢えて流し読みを心がけました。

その中で重要だと思ったのはこのあたりでしょうか。
・1 CASE 式のススメ
・2 必ずわかるウィンドウ関数
・4 3値論理と NULL
・7 ウィンドウ関数で行間比較を行なう
・8 外部結合の使い方
・18 GROUP BY と PARTITION BY

Looker が出力する SQL で見かけない気がする EXISTS, HAVING あたりは流し読みしたので、正直まだ理解していません。近いうちに読み返すと思います。

それとは別に、「第1部 9 SQL での集合演算」は興味深かったです。すなわち、和(UNION)、差(EXCEPT)、積(CROSS JOIN)です。商(DIVEDE BY)は「諸事情」により標準化が遅れているそうです。今まで雰囲気で UNION ALL を使うくらいだったので、集合演算は自分のスコープが広がった気がしました。

「15 関係に始まり関係に終わる」に SQL の関係閉包性が UNIX のパイプの概念とよく似ているという記述も興味深かったです。

UNIX ではファイルがさまざまなコマンドの入力・出力になるため、(標準)出力をパイプで次々と渡すことが出来ます。SQL では UNIX のファイルはテーブルに相当します。SELECT 文はテーブルを引数にとってテーブルを返すため、UNIX と同じように次々と出力を渡すことが出来ます。これを関係の閉包性と呼ぶそうです。これを知って、SQL に一気に親近感が湧きました。

後半に進むにつれ、より抽象的な話になっていきます。集合論というワードはちょいちょい出てきて気になってましたが、後半の「SQLでは、集合論的な観点からプログラミングを考えることが上達の鍵」というセンテンスを見てちょっと学んでみようかと思い、評判が良さそうなこの本を購入しました。あまり気負わずに読んでみます。



データアーキテクト(データ整備人)という文脈でオススメの本を見つけて、大変満足したというお話でした。

2021-02 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

検索


最近の話題
- 2021-02-22
  『達人に学ぶSQL徹底指南書 第2版』を読んだ
- 2021-01-22
  pushover orb のメンテナーになった
- 2021-01-16
  tfupdate orb の circleci/orb-tools を v8.27.5 から v10.0.3 にアップデートした
- 2021-01-05
  思考を寝かせて、優先順位を決めるための「やるかもしれないリスト」がとてもうまくワークしている
- 2020-12-20
  『データマネジメントが30分でわかる本』を読んだ
- 2020-12-03
  優先度より優先順位のほうが偉い
- 2020-11-10
  『理論から学ぶデータベース実践入門』を読んだ
最近追記された記事
- 2021-01-05-1 (26日前)
- 2014-11-02-2 (344日前)
- 2020-01-22-1 (350日前)
- 2019-02-11-1 (524日前)
- 2019-02-03-1 (524日前)
- 2019-01-28-1 (524日前)
- 2019-02-03-1 (566日前)
- 2018-11-28-1 (580日前)
- 2019-05-07-1 (660日前)
- 2018-04-30-1 (675日前)
カテゴリ
- Android (2)
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (24)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (4)
- Book (112)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- capistrano (4)
- chalow (57)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (15)
- clang (26)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (5)
- E-mail (9)
- elasticsearch (4)
- Emacs (225)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (2)
- Game (21)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (23)
- golang (11)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (7)
- Heroku (21)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iOS (1)
- iPad (1)
- iPhone (17)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (24)
- Linux (7)
- Mackerel (1)
- macOS (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (2)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (13)
- Rake (2)
- RaspberryPi (2)
- Redash (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- RSpec (2)
- Ruby (54)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (4)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- SQL (4)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Terraform (3)
- Twitter (15)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (26)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (19)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2021 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2020 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12