2020-05 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2020-05-24 (日)

iOS のショートカットで Slack Status 変更と勤怠打刻をいい感じにする [iOS][Slack]

2 月からほぼフルリモートで仕事してます。

会社の勤怠管理システムはジョブカンが導入されています。物理出社していた時は、物理 Suica カードを NFC リーダーにタッチして打刻していました。

リモートワークでは物理タッチはできないため、Slack の任意のチャンネルで /jobcan_touch と POST して打刻しています。他の社員への共有も兼ねています。

ただ、毎日の /jobcan_touch が面倒になってきました。私は Slack status もゆるふわでセットしているため、追い打ちで面倒です。

いくつか試して今は iOS のショートカットに落ち着いたので、記事に残しておきます。

続きを読む

2020-04-11 (土)

Docker マルチアーキテクチャイメージのメモ [Docker]

知らなかったのでメモしておく。

説明や利用方法はこちらの記事にまとまっている。
Dockerのマルチアーキテクチャイメージについて調べてみた|Developers.IO

・単一のDockerイメージで複数種類のOSやCPUアーキテクチャをサポートさせることができる。
・このイメージを起動させると、Dockerが実行されているホストのアーキテクチャに応じて適切なイメージが自動で選択される。
・Docker Hub上の公式イメージの多くはマルチアーキテクチャをサポートしている。


作成方法は公式ドキュメントに書かれている。
Leverage multi-CPU architecture support|Docker Documentation

Experimental な buildx サブコマンドを使う。Docker Engine 19.03.8 から使える。

続きを読む

2020-04-02 (木)

NHK Eテレのテキシコーメモ

テキシコー [総合 小学校3・4・5・6年生、中・高]|NHK for School

朝チラ見して良さげだったので、第5回まで全部見た。各回10分。以下メモ。

<第1回>
Scene2 電車のおもちゃのつかみが良かった。こんなふうに動くんだ。

<第2回>
Scene3 新幹線の座席のカバーを変えるやつ。プログラミング的思考とは何かが一番分かりやすいかも。

<第4回>
Scene3 犬のフンを片付けるやつ。チラ見した時、おーと普通に感心した。
Scene5 うんうん、こういうのもそうだよね。

2020-03-26 (木)

terraform を再帰的に実行する Makefile [Terraform]

[2019-05-07-1] に紹介した『Pragmatic Terraform on AWS』に沿って設計すると、terraform のディレクトリは複数出来ると思います。

依存を分けることと、まとめて実行することはやや矛盾します。とは言え terraform や terraform provider がアップデートした時の terraform init/plan/apply はまとめてやりたいものです。

少し前に作って使っていますが、なかなか良い感じです。

続きを読む

2020-02-25 (火)

スレッドセーフでない Dir.chdir の使用を RuboCop で禁止する [Ruby]

週刊Railsウォッチ(20200225前編)RubyのShellwordsライブラリは知っておくべき、VCRはやはり有能、copを自作、Hix on Rails記事ほか|TechRacho(テックラッチョ)〜エンジニアの「?」を「!」に〜|BPS株式会社

RuboCopでコードレビュー支援: Net::HTTPを使わせないcop(Hacklinesより)


そういえば以前業務で似たことをやったので、メモがてら置いておきます。

続きを読む

2020-01-22 (水)

『AWSの薄い本 IAMのマニアックな話』を読んだ [Book][AWS]

【ダウンロード版】AWSの薄い本 IAMのマニアックな話 - 佐々木拓郎のオンライン本屋 - BOOTH

少し前に Twitter で流れてきて買ったのかな。最近 AWS 等の権限まわりに課題を感じることが増えてきたので読んだ。デザインパターンやセキュリティ、運用方法など、参考になることが多くて、読んで良かった。

開発者用の IAM User の権限はやっぱり難しいみたいで、ああなるほどと思ってみたり。

仕事では開発用の共通 IAM User development を作って、.envrc 経由で使っているんだけど、さすがにドンピシャの解はなかった。

本当は開発者ごとの開発用 IAM User(例: masutaka-devel)を作って、共通 IAM User は使わないほうが良いのだろうなあ。開発者ごとの通常 IAM User(例: masutaka)は作っているんだけど。

CloudFormation によるコード管理にも触れていて、IAM Group や Role までは管理するけど、IAM User は管理しないとのこと。なぜなら IAM User は一度作ったらお終いだから。なるほど。

CloudFormation はまだ直接使ったことがないので、本書にあるようにハードルが低い IAM から始めるのは良いと思った。

IAM Policy を使った MFA の強制もやらないとな。そういえば他のチームはやっていたな。

P.S. .pdf 以外にも .epub か .mobi 形式も欲しかった。気になった箇所にマーカーやメモを付けたかった。目次からの移動も出来ないので不便。

追記(2020-03-15):
Kindle 本発売されたようです。
Kindle本の販売という実績解除しました - プログラマでありたい

2020-01-12 (日)

『私はどのようにしてLinuxカーネルを学んだか』を読んだ [Book]



職場の同僚が積読していて、153 ページしかないと聞いたので、Kindle 版を買って読んでみた。

10 年前にデバイスドライバとか書いたことがあったので(Linux ではなく VxWorks ですが)、懐かしながら読んだ。アドレス変換やったなーとか。

Linux カーネルを読むのはそこまで特別な知識は要らなくて、マクロ展開が分からない時はプリプロセッサ出力を確認したりして、超地道に読み進める必要があるそう。

P153 ページしかないので、近々で Linux カーネルを読む予定がなくても、興味がある人は読むと面白いかも。

続きを読む

2020-05 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

最終更新時間: 2020-05-29 12:32 JST

検索


最近の話題
- 2020-05-24
  iOS のショートカットで Slack Status 変更と勤怠打刻をいい感じにする
- 2020-04-11
  Docker マルチアーキテクチャイメージのメモ
- 2020-04-02
  NHK Eテレのテキシコーメモ
- 2020-03-26
  terraform を再帰的に実行する Makefile
- 2020-02-25
  スレッドセーフでない Dir.chdir の使用を RuboCop で禁止する
- 2020-01-22
  『AWSの薄い本 IAMのマニアックな話』を読んだ
- 2020-01-12
  『私はどのようにしてLinuxカーネルを学んだか』を読んだ
最近追記された記事
- 2014-11-02-2 (69日前)
- 2020-01-22-1 (75日前)
- 2019-02-11-1 (249日前)
- 2019-02-03-1 (249日前)
- 2019-01-28-1 (249日前)
- 2019-02-03-1 (291日前)
- 2018-11-28-1 (305日前)
- 2019-05-07-1 (385日前)
- 2018-04-30-1 (400日前)
- 2018-01-28-1 (412日前)
カテゴリ
- Anthy (3)
- Apache (11)
- Apple (1)
- ATOK (4)
- au (3)
- AWS (24)
- Bazaar (1)
- Berkshelf (2)
- BigQuery (1)
- BitBar (4)
- Book (109)
- Boxen (2)
- Bugsnag (1)
- capistrano (4)
- chalow (57)
- ChatWork (1)
- Chef (17)
- Chrome (3)
- Chromecast (1)
- CircleCI (11)
- clang (26)
- Comics (2)
- Cooking (10)
- cvs (15)
- cygwin (12)
- D3.js (1)
- Debian (55)
- Docker (5)
- E-mail (9)
- elasticsearch (4)
- Emacs (223)
- Emacs講座 (10)
- English (4)
- feedforce (7)
- fetchmail (3)
- Firefox (20)
- Fluentd (4)
- ftp (2)
- Game (21)
- GCP (1)
- Gem (5)
- Git (9)
- GitHub (23)
- golang (11)
- Google (1)
- gpg (4)
- GrowthForecast (7)
- Health (6)
- Heroku (21)
- Homebrew (10)
- HTML (6)
- iBook (1)
- iOS (1)
- iPad (1)
- iPhone (17)
- IRC (1)
- Jenkins (8)
- JS (1)
- Karabiner (1)
- KeySnail (3)
- Kibana (1)
- Kindle (1)
- Kubernetes (2)
- Langrich (7)
- LDAP (6)
- Life (24)
- Linux (7)
- Mackerel (1)
- macOS (1)
- Mew (18)
- MongoDB (1)
- Mozilla (19)
- Music (1)
- MySQL (1)
- NAS (4)
- nginx (6)
- NHK (1)
- Node (1)
- ntp (4)
- OOP (2)
- OpenID (2)
- openssl (1)
- Opera (2)
- OSX (41)
- Perl (14)
- PHP (19)
- PostgreSQL (1)
- procmail (4)
- Programing (3)
- Puppet (1)
- Python (2)
- Rails (13)
- Rake (2)
- RaspberryPi (2)
- Redash (1)
- RedHat (29)
- Redmine (3)
- RSpec (2)
- Ruby (54)
- samba (3)
- screen (7)
- sed (5)
- serverspec (6)
- sh (8)
- Slack (3)
- Solaris9 (22)
- Spring (2)
- ssh (4)
- StatusNet (21)
- svn (12)
- Swift (1)
- Tablet (1)
- tdiary (3)
- Terraform (3)
- Twitter (15)
- Twmode (6)
- Ubuntu (5)
- UNIX (102)
- vagrant (8)
- Video (21)
- vim (1)
- Wercker (9)
- Windows (29)
- Wine (3)
- XML (11)
- XP (1)
- zsh (26)
- インストールメモ (33)
- クイックシェイプ (12)
- ネタ (15)
- 勉強会 (17)
- 携帯 (6)
- 正規表現 (4)
過去ログ
2020 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2001 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12